FC2ブログ
トルクメニスタン戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。槙野智章。吉田麻也。権田修一。北川航也。 】
試合 :アジアカップ グループステージ 第1戦
開催日:2019年1月9日
結果 :日本代表勝利
スコア:「3-2」
得点者:アマノフ 大迫勇也 大迫勇也 堂安律 アタエフ(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          大迫勇也
MF  原口元気    南野拓実    堂安律
MF       柴崎岳   冨安健洋
DF  長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹
GK          権田修一

FW          大迫勇也
MF  原口元気    北川航也    堂安律
MF       柴崎岳   冨安健洋
DF  長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹
GK          権田修一


長友佑都

この試合で最もパフォーマンスが良かった選手だと思う。攻守に多くの良いプレーが見られた。この大会へ入るにおいて、モチベーション、フィジカル・コンディション、とても良い感じで調整できていたのかもしれない。そういう部分は、さすがベテラン、という感じもするし、年齢的なものもあり、悪いパフォーマンスだと一気に代表からは遠ざけられてしまうかもしれない、という強い危機感が、良い感じで作用しているのかもしれない。とにかく、要因は何であれ、大会中はずっと安定したパフォーマンスに期待したい。


酒井宏樹

5バックであれば両WBが、4バックであれば両SBが、やはり、攻撃の時には、そのポジションの選手を高い位置へ上げたいのだと思うが、ポゼッションの力も然り、ボランチやCBやGKの日本の選手たちの個の力を考えた場合、相手の力が相当に格下でなければ、それをスタンダードなやり方にするのは難しいと思う。また、攻撃に関しても、そうすれば必ず良くなる、攻撃力が上がる、という事でもないし、むしろ、交通渋滞を引き起こしてマイナスになる可能性も高くあるので、そのあたりは再考が必要であると思う。


槙野智章

良くも悪くも安定しているので、普通ぐらいのパフォーマンス状態だったら、これぐらいの感じだと思うのだが、3バックをやる事が多いからなのか、ハッキリした理由は不明だが、サイド寄りにポジションを取り過ぎてしまう傾向が槙野にはあって、この試合の2失点目というのは、2017年のCWCでも浦和レッズで似たようなパターンが有り、そこはとても気になる部分。それから、守る、という事において、もしそこでボールを奪われたら、という予測は必要になってくると思うから、そこにも問題があるように思う。


吉田麻也

長友と同じように、アジアカップの怖さや難しさを知り、特に初戦の厳しさは認識して準備してきたと思うのだが、その割には、モチベーションはわからないが、フィジカル・コンディションは、かなり調整不足だったような感じがした。もう少しできるだろう、という予測だったのかもしれないが、予想以上に動けていなかった、体を思ったようには動かせなかった、という感じだったと思う。そういう意味では、おそらく、2試合目は自然と上がるとは思うが、もう少し意識的にフィジカル・コンディションを上げて欲しい。


権田修一

あのぐらいの距離からのミドルシュートに対し、日本のGKが弱いのか、または、思っている以上に、アジアの国の選手たちにはシュートの力があるのか、おそらく、その両方だと思うのだが、寄せが甘かったから、という事はあったにせよ、止めてもらいたかったし、それができないレベルだと、やはり日本のサッカーは苦しいと言わざるを得ない。予想外だった、という事ではないと思うので。そして、結果的には2失点だったので、実力差は無いと思うから、次の試合ではGKを他の選手にする、という事でも良いと思う。


北川航也

まずは、思ったようなプレーはできないだろう、という事は想定内だったので、大会中に、もう1試合、あるいは、もう2試合ぐらいこなしてから、何かを掴んでパフォーマンスを上げられるのか、という事が重要になってくると思う。チームとしても個としても、成長しながら、という事が大きなテーマでもあるし、それができないと、現時点の森保ジャパンに優勝できる力は無いと思うから。ただ、与えてもらえる出場時間は多くないと思うので、早く変化を起こさないと、何もできないまま、大会が終わってしまうと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2019/01/12 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<しっかり戦い方を整理してオマーン戦からは内容も良くしたい。 | ホーム | トルクメニスタン戦選手評価 【 大迫勇也。南野拓実。原口元気。堂安律。柴崎岳。冨安健洋。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4293-95e8dcbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |