オマーン戦 【 まだまだ優勝へ向けての視界は良好ではない。 】
試合 :アジアカップ グループステージ 第2戦
開催日:2019年1月13日
結果 :日本代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:原口元気(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          北川航也
MF  原口元気    南野拓実    堂安律
MF       遠藤航   柴崎岳
DF  長友佑都 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹
GK          権田修一

FW          武藤嘉紀
MF  原口元気    南野拓実    伊東純也
MF       遠藤航   柴崎岳
DF  長友佑都 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹
GK          権田修一


攻撃については、PK判定は微妙だったが、前半、または、前半の終盤に入るまでは良かったと思う。前回の記事で書いたような、縦への意識、相手のDFラインの裏を狙う意識を強く持ちながら、右下から左上へと展開するような攻撃で、何回も大きなチャンスを作っていた。そういう意味では、戦い方に悪さは無かったと思うのだが、やはり、北川あるいは武藤では、大迫のようには・・・、という事と、途中からは堂安が封じられてしまい、安定したパフォーマンスだった原口と獅子奮迅の活躍だった南野ではあったが、前の4枚の内の2枚が消えてしまった状態だったとも言えるので、そうなってからは、かなり難しくなったと思う。堂安との交代で伊東が入ってからは、少し良くなったが。

守備については、カウンターを受けないために、しっかりと攻撃をシュートで終わらせる、という事と、一瞬だけエアポケットになる、という事が何回かあったので、そのあたりの意識の改善と、という2つだったと思う。しかし、その2つだけではあったが、その2つの事が原因で2失点、という事になっていた可能性は低くなく、この試合は審判の判定が大きく味方してくれたので、という要素があったのは否めず、まだまだ優勝へ向けての視界は良好ではないと強く感じられた。親善試合やオープン戦で素晴らしかったチームが、大会やリーグ戦に入ると苦戦する、というのは、往々にして起こる事であるが、親善試合の良かったイメージをあまり持ち過ぎず、アジアだからの意識は捨てたい。

相手がアジアであっても、カウンターを受ければ、やられる可能性は絶対に低くない。また、セットプレーからに注意しなくてはならないのも変わらない。そして、セットプレー、という事に関して言えば、相手がアジアだったとしても、流れの中から得点を取るのは簡単ではない、という試合になる可能性も低くはないわけで、そういう意味では、やはり、もう少しセットプレーからの得点の可能性を高めてもらいたい。2連勝でグループステージの突破は決めたので、次戦は控え組を中心としたメンバーになると思うが、その間に主力組は、フィジカル・コンディションの調整は当然として、セットプレーの練習に時間を使ってもらいたいと思う。おそらく、そこが大きなポイントになると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/01/14 11:39】 | 森保ジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<オマーン戦選手評価 【 北川航也。南野拓実。原口元気。堂安律。遠藤航。柴崎岳。 】 | ホーム | しっかり戦い方を整理してオマーン戦からは内容も良くしたい。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4295-3d2c0dd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |