オマーン戦選手評価 【 北川航也。南野拓実。原口元気。堂安律。遠藤航。柴崎岳。 】
試合 :アジアカップ グループステージ 第2戦
開催日:2019年1月13日
結果 :日本代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:原口元気(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          北川航也
MF  原口元気    南野拓実    堂安律
MF       遠藤航   柴崎岳
DF  長友佑都 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹
GK          権田修一

FW          武藤嘉紀
MF  原口元気    南野拓実    伊東純也
MF       遠藤航   柴崎岳
DF  長友佑都 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹
GK          権田修一


北川航也

競り合いの強さとか、スピード感とか、所謂、インテンシティの部分で、相手がトルクメニスタンやオマーンぐらいのアジアであっても、フル代表レベルの親善試合ではない国際試合に慣れていない選手というのは、最初はどうしても、そこの部分で取り残されてしまう傾向があり、まずはそこの部分を高める必要があると思う。2試合の経験を経て、たった2試合であっても、次の試合ぐらいからは変化を見せられる選手もいるので、そして、それができるのかどうかが、1つの大きなポテンシャルのバロメーターにもなるから、次の出場機会がラストチャンスだと思って、まずはインテンシティを高めて欲しい。


南野拓実

相手のDFラインの裏とか、相手のDFとDFの間、もしくは、相手のDFとMFの間、そこにスペースがあればある程、より活きてくる選手である、という事が、森保ジャパンになってからの代表試合で見えてきた、南野という選手の特長であると思う。しかし、という事は逆に言えば、そうではない相手との試合では、思ったようには良いパフォーマンスを発揮できない、あるいは、そうではない相手との試合では、動き方、プレーの仕方に、まだ大きく課題を残している、という事だとも言える。決定力については、1つ決まれば、であると思うので、まずは1点、という事に、とにかく集中する事だと思う。


原口元気

そこまで良いプレーができていない時でも、高い献身性と運動量とインテンシティ、それがあるので、きちんとチームに貢献できるし、1つの試合の中でも、時を待って、だんだんと良いパフォーマンスになっていく、良いプレーができるようになる、という事もできるので、やはり、高い献身性と運動量とインテンシティを持つ選手というのは、そこが強味だと思う。ただ、闘志が高いのは良いところでもあるが、少しイライラしがちなところは気になる部分であり、アジアが相手だから、もう少し良い試合をしたい、できるはずだ、という部分を少し抑えて、相手がアジアでも、という意識に切り替えて欲しい。


堂安律

目立って良いプレーを見せれば、相手のマークが厳しくなる、という事は当然なので、個としてだけではなくチームとしても、そうなってからどうするのか、という事が、1つの問題として出たと思うのだが、その1つの対策としては、ポジションチェンジする、という事であると思う。2列目の3人が、というだけではなく、特にCFが北川や武藤の場合には、前の4人がもっと流動的になっても良いし、あまり流動的になりすぎると守備面でマイナスになる可能性もあるが、その傾向が顕著に出た場合には、2列目の3人ならば固定的にポジションを入れ替えてしまうのでも良い。そこは監督の采配でもあるが。


遠藤航

攻守にとても良いパフォーマンスだった。三竿と守田が怪我で不在となってしまったので、遠藤と柴崎、遠藤と青山、という組み合わせが基本になると思うから、遠藤のパフォーマンスがチームに与える影響は大きくなっていると思う。従って、この試合ぐらいのパフォーマンスを絶対に維持してもらいたいのだが、3戦目は休ませられるとして、トーナメントステージに入ってからは、当然、決勝まで行くつもりでいるから、4試合連続でずっと遠藤が高いパフォーマンスを維持できるのか、という事が、1つの大きなポイントになってくると思う。やはり、柴崎と青山の組み合わせだと、守備が危うくなるので。


柴崎岳

フィジカル・コンディションは良くなってきていると思うのだが、思っていた以上に牛歩、特に、感覚を戻すのに時間がかかっている印象がある。乾と同じように、ロシアW杯の時の柴崎というのは、100%どころか、120%ぐらいのパフォーマンスを出せていたので、率直に言わせてもらえれば、それは実力ではないと思うのだが、やはり、恒常的なパフォーマンスをそのレベルまで上げなければ、次のW杯での主力というのは見えてこないと思う。高さや守備力を犠牲にして、それでも柴崎を使う方が良い、という事をもっと示してもらいたい。やはり、ヘタフェではそれができていない、という事なので。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/01/15 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<オマーン戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。吉田麻也。冨安健洋。権田修一。武藤嘉紀。伊東純也。 】 | ホーム | オマーン戦 【 まだまだ優勝へ向けての視界は良好ではない。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4296-f6eeaae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |