ザックジャパン+ハリルジャパン=西野ジャパンから継続性と今の日本の選手たちの守備力を考えると。
森保ジャパンについて、現時点で、とても気になっているのは、ビルドアップの方法、または、その時の形で、ボランチの1枚がDFラインに下がる、という事については、ハイプレスをかわす、という事においては有効であり、当然、2枚でやるよりも3枚でやる方がボール回しには安定感が出るから、それについては良いのだが、しかし、両SBを早いタイミングで高い位置へと上げる、という事については、やはり守備面、特にカウンターに対する守備、という部分が弱くなってしまうので、そこに強い懸念を感じる。

両SBが高い位置へと上がる、という事は、DFラインが2枚であれ3枚であれ、両サイドの低い位置に大きなスペースを作っている、という事であるし、そして、そこをカウンターで突かれた時には、当然、CBの1枚はそのサイドへと引き出される事になるし、更には、ボランチの1枚がDFラインに下がっている、という事は、中盤中央の低い位置を守る選手は1枚になってしまう、という事なので、やはりカウンターに対する守備は弱くなってしまうし、今の日本の選手たちの守備力を考えると、それは厳しいかと。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
| 原 |   | 南 |   | 堂 |
|   |   |   |   |   |
|   | 遠 |   | 柴 |   |
|   |   |   |   |   |
| 長 | 吉 |   | 冨 | 酒 |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

従って、カウンターに対する守備、という事を考えた場合、そしてそれは、W杯を見据えるにおいても、やはり、そうするべきだと思うのだが、きちんと、最終ラインに3枚、中盤中央の底に2枚、という形を保った状態で、ビルドアップをスタートさせるべきだと思う。そして、そのためには、左右どちらかのサイドの低い位置へと寄って、ビルドアップをスタートさせるのが良いと思うのだが、なぜ右サイドなのかは後述するとして、上記のような「4-2-3-1」で、まずは右下でポゼッションしたいとすると、

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 原 | 南 | 堂 | 酒 |
|   |   |   |   |   |
| 長 |   |   遠   柴   |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 吉 | 冨 |   |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

やはり、こういう形であると、最終ラインのところでのボール回しが2CBだけになるので、特にハイプレスをかけられると厳しくなると。従って、

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 原 | 南 | 堂 | 酒 |
|   |   |   |   |   |
| 長 |   |   遠   |   |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 吉 | 冨 | 柴 |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

こういう形になるか、

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 原 | 南 | 堂 | 酒 |
|   |   |   |   |   |
| 長 |   |   遠   |   |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 吉 | 柴 | 冨 |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

こういう形になって、という事が1つなのだが、ただ、

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 原 |   | 南 | 堂 |
|   |   |   |   |   |
| 長 |   |   遠   柴   |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 吉 | 冨 | 酒 |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

こういう形でも良いというか、こちらの方が、右サイドにかけている人数が4枚から5枚に増えるし、近い距離の三角形の数も多くなるので、右下でポゼッションして相手を引き寄せる、それから、そこでボールを奪われても奪い返しやすい、という事では、やはり、こちらの方が良いと言える。

|   |   |   |   |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 原 | 南 | 大 | 堂 |
|   |   |   |   |   |
| 長 |   |   遠   柴   |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 吉 | 冨 | 酒 |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

ちなみに、こんな感じになっても良い。そして、右下に相手を引き寄せたら、原口や長友がいる左上へと、ロングボールや素早いパスワークで展開し、一気にゴール前での展開に持って行くと。しかし、そこで詰まってしまう場合もあるので、そうなったら、

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 原 | 南 | 堂 |   |
|   |   |   |   |   |
| 長 |   遠   柴   |   |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 吉 | 冨 | 酒 |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
| 原 | 南 |   | 堂 | 酒 |
|   |   |   |   |   |
| 長 | 遠 | 柴 |   |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 吉 | 冨 |   |   |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

左サイド、原口と長友のとこで少し時間を作り、その間にセンターラインの選手は左サイド方向へとスライドし、今度は左下から右上へと、ロングボールや素早いパスワークで展開して、今度は右SBの酒井が高い位置へと攻撃参加すると。そしてまた詰まったら、右下から左上へ、という繰り返しをする。これが、今の日本の最も良い戦い方なのではないだろうか。やはり、カウンター攻撃を受けないようにする、あるいは、カウンター攻撃を受けた時の備えをしておきながら攻撃する、という事は重要だと思うので。

そして、なぜビルドアップのスタートは右からの方が良いのか、という事については、日本には左サイドに左利きの選手がいないので、どうしても、右足からの右上方向へのパスだと縦に流れてしまいがちになるし、右方向へ蹴るにはボールを持ちかえたり体を開く動作が必要となり、そのぶんだけ展開のタイミングが遅くなってしまうし、左足で蹴ると精度が落ちてしまうし、という事により、最初の展開が悪くなってしまうからで、やはり、今の日本の場合は、右下からスタートするビルドアップの方が良いと思う。

また、前回の記事でも書いたように、なぜ、左SBの長友が低い位置、右SBの酒井が高い位置、ではなく、その逆、左SBの長友が高い位置、右SBの酒井が低い位置、である方が良いのか、という事についても、図で説明してきたように、右寄りからビルドアップをスタートさせるためには、という事であり、それで理解してもらえたと思う。そして、この戦い方というのは、実は、ザックジャパン+ハリルジャパン=西野ジャパンから継続性でもあり、やはり、今の日本の選手たちの守備力を考えると、これがベターだと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/01/17 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ウズベキスタン戦 【 この試合の失点もスローインからだったが、もうその失点の仕方は絶対に繰り返さないようにしたい。 】 | ホーム | オマーン戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。吉田麻也。冨安健洋。権田修一。武藤嘉紀。伊東純也。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4298-aa45def5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |