ウズベキスタン戦 【 この試合の失点もスローインからだったが、もうその失点の仕方は絶対に繰り返さないようにしたい。 】
試合 :アジアカップ グループステージ 第3戦
開催日:2019年1月17日
結果 :日本代表勝利
スコア:「2-1」
得点者:ショムロドフ 武藤嘉紀 塩谷司




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          武藤嘉紀
MF  乾貴士     北川航也    伊東純也
MF       塩谷司   青山敏弘
DF  佐々木翔 槙野智章  三浦弦太 室屋成
GK       シュミット・ダニエル

FW          北川航也
MF  原口元気    青山敏弘    伊東純也
MF       塩谷司   遠藤航
DF  佐々木翔 槙野智章  三浦弦太 室屋成
GK       シュミット・ダニエル


グループステージの突破は決まっていたので、第2戦目のメンバーからは、今回のアジアカップでは、北川以外が初スタメンあるいは初出場の選手たちだったが、逆転勝利を収め、3連勝、1位でグループステージの突破を決めた。勝利は当然その1つであるが、1つ好材料となったのは、武藤が得点を取れた事だと思う。大迫には負傷があり、南野にはパフォーマンスに波がありそうなので、そして、北川は苦しんでいるので、この試合の得点で武藤がパフォーマンスを上げてくれれば、または、チームへのフィット感を上げてくれれば、トーナメントステージに入ってからの試合でプラスになってくれると思う。

それから、もう1つには、塩谷のボランチ起用の目処が立った、という事で、第2戦目で良いパフォーマンスを見せた遠藤だが、体調が万全ではないようだし、遠藤以外には守備的な役割や高さのあるボランチが不在である、という事への懸念も、これで軽減されたと思う。また、これで、この試合でもそうしたように、守備強化のために、ダブルボランチに遠藤と塩谷を並べる、というオプションもやれるようになったので、それも好材料になったと言えると思う。やはり、トーナメントステージに入ってからの試合では、高さ対策であったり、最後は守って逃げ切る、という事ができる必要性もあると思うので。

他にも、伊東は第2戦目でも良いパフォーマンスを見せたが、青山、伊東、佐々木、室屋、シュミット・ダニエル、という5人については、もしも、柴崎、堂安、長友、酒井、権田、という選手たちにパフォーマンスの低下や負傷などがあった場合には、ある程度は安心して代わりに起用できる目処も立ったと言えると思う。しかし、その一方で、北川、乾、槙野、三浦、という4人については、やや厳しい、好調時のパフォーマンスではない、安定感に欠けている、という印象があったので、そこは残念な感じだった。特に乾と槙野については、ベテランでもあるので、良くないプレーが多かったのは残念だった。

さて、次の試合からは、負けたら終わり、という試合が続くし、ここからが本当の勝負だと言える。まずは、決勝まで行けなかったら、W杯への出場が絶たれる、というぐらいのモチベーションで戦う事が重要だと思う。それはやはり、集中力、という事。そして、戦い方としては、まずは守備について、この試合の失点もスローインからだったが、もうその失点の仕方は絶対に繰り返さないようにする、という事と、やはり、チームとしても個としても、もっとカウンターを受けない戦い方を徹底する、という事と、攻撃については、セットプレーからの得点、という事を、もっと突き詰めておく必要があると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/01/18 11:39】 | 森保ジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ウズベキスタン戦選手評価 【 武藤嘉紀。北川航也。乾貴士。伊東純也。塩谷司。青山敏弘。 】 | ホーム | ザックジャパン+ハリルジャパン=西野ジャパンから継続性と今の日本の選手たちの守備力を考えると。>>
コメント
更新おつかれさまです。

殊勲のゴールを挙げた2人は追加召集なので本来は出ていなかったと思うと不思議な感じですね。この活躍で森保監督の序列も変わったかもしれないので今後ともがんばってほしいです。2人とも好きな選手なので。

両CBはちょっとインテンシティと状況判断力が代表レベルにないかなと。年末はいろいろと忙しかった昌子ですが彼もまた代表に必要な選手だと痛感しました。北川はもう一年Jで結果残してまた来て欲しいという感じです。

主力を休ませての一位通過は本当に大きいですね。いい山に入ったと思うのでチーム力を高めつつ一戦一戦勝ち上がっていってほしいものです。
【2019/01/19 09:37】 URL | Marble #-[ 編集] | page top↑
控え組が良かったとはいってもスタメンのベースは変わらないので、大迫の状態によっては武藤を、柴崎の状態によっては青山を、遠藤の状態によっては塩谷を、交代策としては上記の他に伊東を、というところが基本線なのかなと思いました。
後は、残り試合はウズベキスタン戦と違い必ず勝ち進むしかない中で、疲労をどう処理するか、という部分の采配が注目です。
【2019/01/18 12:14】 URL | ヤン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4299-8fbdaea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |