ウズベキスタン戦選手評価 【 佐々木翔。室屋成。槙野智章。三浦弦太。シュミット・ダニエル。原口元気。遠藤航。 】
試合 :アジアカップ グループステージ 第3戦
開催日:2019年1月17日
結果 :日本代表勝利
スコア:「2-1」
得点者:ショムロドフ 武藤嘉紀 塩谷司




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          武藤嘉紀
MF  乾貴士     北川航也    伊東純也
MF       塩谷司   青山敏弘
DF  佐々木翔 槙野智章  三浦弦太 室屋成
GK       シュミット・ダニエル

FW          北川航也
MF  原口元気    青山敏弘    伊東純也
MF       塩谷司   遠藤航
DF  佐々木翔 槙野智章  三浦弦太 室屋成
GK       シュミット・ダニエル


佐々木翔

守備については、縦への仕掛けには弱く、クロスには強い、という感じで、長友とは反対の特徴を持つ左SBだと言っても良いと思うが、左SBとして起用した時には、槙野と塩谷も同じタイプなので、例えば、長友ではなく高さやクロスに強い選手を左SBに起用したい、という事になった時に、今ならば、佐々木ではなく塩谷の方が、という感じはあると思うし、やはり、ここの選び方というのはどうだったのかなと。最初の頃に比べれば、佐々木も代表での試合に慣れてきて、フィット感は上がっているので、そのぶんだけ安心感は出て来ているので、この試合のパフォーマンスというのは及第点だったと感じたが、攻撃面の物足りなさも考えると、余程の場合に限り、という事にはなると思う。


室屋成

アシストしたシーンについては、個での積極的な仕掛けであったり、クロスの精度であったり、室屋の良さが集約されたような感じだったので、グループステージの突破がかかるようなプレッシャーの強い試合、という事ではなかったが、アジアカップという舞台でも、そういうプレーができた、1つ結果も出せた、というのは大きな意味を持つと思う。更には、個人の判断なのか、チームとしての判断なのか、というのは不明だが、ポジショニングが酒井よりも良かったと思えるシーンも多く、それがこの試合のバランス良さの一因になっていたと思う。もちろん、ビルドアップだとか、クロスへの対応、という部分では、まだまだ力不足なところはあるので、そこも、絶対に伸ばしてもらいたいが。


槙野智章

良くも悪くも安定しているので、そして、W杯も経験しているし、他のCBとして冨安や三浦という若手を選んでいる事を考えれば、昌子は移籍などもあり選べなかったので、槙野を選んだ、という事については、やはり妥当だったと思うのだが、初戦、そして、今回の試合と、良いと言えるようなパフォーマンスではなかったから、かなり起用するのが難しくなったような気がする。決勝まで勝ち進むとして、4試合あるので、どこかでは使わるかもしれないが、今のままのパフォーマンス状態だったとしたら、アジアカップ後は厳しい立場に置かれてしまう可能性が高いと思う。やはり、昌子は当然として、植田の存在もあるし、板倉、中山、という選手たちも海外移籍したので、安泰ではないと。


三浦弦太

ヘディングの強さ、空中戦の強さ、というのはあると思う。それから、1対1の守備力、という部分も、国内ではトップレベルにあると思う。しかし、フル代表で主力となるためには、もっと足元の技術力も上げないと、という事であったり、連携の部分に関しては、槙野の方に問題があった、そもそも、あまり組んだ事がないCBコンビだったので、という事もあったが、特に、あまり組んだ事がない、という要素については、フル代表では多く起こり得る事であるから、冨安などは、すぐにフィットできたし、やはりそこも求められる個の能力で、もっとクレバーさが必要であると思う。数年後には間違いなく中堅の選手になるので、もう少し成長スピードを上げなければ、下に追い抜かれるかと。


シュミット・ダニエル

立場的には、第3GKであるとは思うのだが、しかし、現実としては、東口や権田と大きな差があるわけではなく、また、今の状態としても、東口は怪我を抱えているし、権田もすごく良い状態だとは言えないので、当然、リスクは伴うが、次の試合、権田や東口ではなくシュミット・ダニエルで、という選択をしたとしても、結果はどうであれ、おかしな判断であるとは言えないと思う。ただ、次の試合の相手はサウジアラビアなので、高さよりも、という事はあるが。とにかく、1トップ以上に、正GKを誰にするのか、というのは、森保ジャパンの大きな悩み所となっていて、守備に関しては、そこが明確に決まらないと、という事もある。次の試合、権田にする可能性は高いが、どうなるのか。


原口元気
遠藤航

あまり乾の状態が良くないので、原口の重要性が増したと思う。しかし、原口は運動量の多い選手でもあるので、決勝まで勝ち進むとして、4試合をフル出場で最後まで、というのは難しと思うから、乾以外にも誰かを左SHとして、という事を準備しておく必要はあると思う。候補としては、南野と武藤、それから、左SBには他の選手を起用し、長友を1つ前でプレーさせるとか、という事になると思う。そして、遠藤については、塩谷がボランチとして起用できる目処が立ったので、そこは好材料なのだが、やはり、ここについては、できるだけ遠藤で、という事は強く思っている。総力戦で、とは言っても、次のW杯を見据えながら、成長も加味して、という事は、とても重要な事であるから。


* 冨安健洋については出場時間が短かったので評価無し。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/01/20 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<最良のプランは、粘り強く戦う、という事。そして、その力を成長させるために戦う、という事。 | ホーム | ウズベキスタン戦選手評価 【 武藤嘉紀。北川航也。乾貴士。伊東純也。塩谷司。青山敏弘。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4301-a9a711a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |