サウジアラビア戦 【 戦い方のプランはどうあれ、この試合で最も良かった事は、粘り強く戦えた、という事なのではないだろうか。 】
試合 :アジアカップ トーナメントステージ 1回戦
開催日:2019年1月21日
結果 :日本代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:冨安健洋




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          武藤嘉紀
MF  原口元気    南野拓実    堂安律
MF       遠藤航   柴崎岳
DF  長友佑都 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹
GK          権田修一

FW          北川航也
MF  原口元気    柴崎岳     伊東純也
MF       遠藤航   塩谷司
DF  長友佑都 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹
GK          権田修一


前回の記事で言えば、後述の戦い方、サウジアラビアは、日本が相手でも守備的な戦い方は選択せず、攻撃的に、そして、ポゼッションして、という戦い方をしてくる可能性も低くはないので、その場合には、日本は守備の設定位置を低くして、サウジアラビアを前に誘い出してカウンター、または、サウジアラビアはセットプレーの守備に弱さがあると思うので、得点はセットプレーから、という事を強く意識するプラン、そのプランで、プラン通り勝利した、という事になると思う。想定していたように、中東の笛、という事の怖さはあったが、これもまた想定通り、やはり、サウジアラビアはセットプレーの守備が弱かったので、それで先制点を奪い、そういう意味では、良い試合ができたと思う。

但し、戦い方のプランはどうあれ、この試合で最も良かった事は、粘り強く戦えた、という事なのではないだろうか。暑さで体力的に厳しかったと思うのだが、最後まで集中力を保って戦えていたし、サウジアラビア寄りの判定も多かったと思うのだが、それにも耐えながら冷静さを保って戦えていたし、更には、今までの日本だったら、こういう展開になった時には、無理に自分たちがボールを持つ時間、ポゼッション率を増やそうとして、カウンターでやられたり、という事を繰り返してきたが、そういう事はせず、能動的に守り抜いて勝つ戦い方ができた、という事も、1つの成長として感じる取る事ができた。やはり、W杯を想定するにおいては、こういう勝ち方も必要になってくると思うから。

もちろん、全てにおいて良かった、という事ではない。やはり、ボールを奪ってからのカウンターというのは、まだまだクオリティが低く、それが追加点を奪えなかった原因であると思うし、楽な展開にできる試合を、それ故に厳しい試合にしてしまった、という事も言えて、当然、そこにも高いクオリティを持たないと、W杯では守り抜けない、勝てない、という事になってしまうと思う。ロングカウンターを高速カウンターで、というのは、最強の武器でもあり、その攻撃のクオリティの高低は、そのチームの強さに直結していると言っても過言ではない。まずは、カウンターによる攻撃とカウンターをさせない守備、そして次に、ポゼッションによる攻撃や守備、というプライオリティになるので。

更には、グループステージでも、ややそういう傾向はあったが、森保監督の交代采配について、もう少し早くても良いと感じる。例えば、南野を交代させるのは、もう10分程度は早くても良かったと思うし、時間で決めるよりも、そして、完全なガス欠になるまで待つよりも、という方が良いと個人的には思う。南野との交代で伊東を入れ、堂安を中央にする、そして、堂安との交代で塩谷を入れ、柴崎を1つ前に上げる、という、行った交代策については良かったと思うが。やはり、優勝へ至るには、監督の采配、という事の重み、重要性、それも、どんどんと増してきて、監督の采配で勝てた、という試合が、絶対に1つぐらいは必要になってくると思うし、また、そこにも強く期待しているので。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/01/22 11:39】 | 森保ジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<サウジアラビア戦選手評価 【 武藤嘉紀。南野拓実。原口元気。堂安律。遠藤航。柴崎岳。 】 | ホーム | 最良のプランは、粘り強く戦う、という事。そして、その力を成長させるために戦う、という事。>>
コメント
単発的に危ないシーンはあったものの、流れをキープできたのは粘り強さだと思う。
戦術的に劣っても粘り強くあればそうそう大崩れしたりあっさりした失点は少なくなるので、これは大事にしてもらいたい。
ザック以降なくなっていったものが復活してきたのかなと少し希望を持っています。
【2019/01/22 12:13】 URL | ヤン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4303-242d888b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |