サウジアラビア戦選手評価 【 武藤嘉紀。南野拓実。原口元気。堂安律。遠藤航。柴崎岳。 】
試合 :アジアカップ トーナメントステージ 1回戦
開催日:2019年1月21日
結果 :日本代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:冨安健洋




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          武藤嘉紀
MF  原口元気    南野拓実    堂安律
MF       遠藤航   柴崎岳
DF  長友佑都 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹
GK          権田修一

FW          北川航也
MF  原口元気    柴崎岳     伊東純也
MF       遠藤航   塩谷司
DF  長友佑都 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹
GK          権田修一


武藤嘉紀

カウンターから1回だけ大きなチャンスがあったので、それを決められていれば最高だったが、守備面でよく走り、勝利への貢献度は高かったと思う。ただ、やはり、そういうシーンで決められるのか決められないのか、というのは、評価として大きく変わってくるし、試合によっては、そういうシーンで決められなかった事により、同点、更には、逆転、という流れを作ってしまうかもしれないので、決められなかったのはなぜか、という事に関して、しっかりと自己分析する事が、次のステップアップにつながると思う。


南野拓実

クラブでもアンダーカテゴリーの代表でも、悔しい思いをしている事が多いと思うのだが、おそらく、その1つの原因は、例えば今回のような試合で、最後まで頑張りきれなかった、もうひと頑張りできなかった、という部分にあるのではないかと思う。確かに、運動量は多く求められる試合ではあったが、武藤とはそれほど運動量的に変わらない状態で、南野は、第3戦は出場しなかったし、後半20分ぐらいには疲労の色が濃くなっていたので、やはり、そこの粘り強さ、タフさ、というものが、少し足りていないかと。


原口元気

こういう試合の方が、真価が発揮される気がする。守備に献身的で、運動量があり、スプリントする力、ロングランニングする力があり、ドリブルは得意だが、狭い局面よりもオープンなスペースでプレーした方が良いし、という事を考えると、やはり、堅守からのカウンターに向いている選手だと思う。判定がサウジアラビア寄りでも、冷静にやれていたし、全体的に、とても良いパフォーマンスだったと思う。但し、1つあるいは2つ、悪い守備対応はあったので、そこは反省してもらい、次戦は無いようにして欲しい。


堂安律

こういう、守備が長くなるような試合でも使える、という事が、堂安の1つの良い所だと言えると思う。そういう感じの試合になったらなったで、我慢強く守備をしながら、というプレーもできるので。ただ、中島が不在になった事もあり、堂安が日本の攻撃の大きな鍵になっている、という事が見抜かれ、フリーになれる機会が極端に減っている気がするので、そこをどうするのか、という事について、堂安としても森保監督としても、何か策を講じる必要があると感じる。やはり、立ち位置をズラす、という事だと思う。


遠藤航

攻撃面ではともかく、守備面では、とても効いていると思う。ハリルジャパンの頃から、ボールを奪う、という事に対し、かなり力を入れて取り組んできたと思うのだが、その成果がハッキリと出ているように感じる。前に出ての守備もできるし、後ろに残っての守備もできるし、サイドのカバーリングもできるし、という、守備の万能型である事も、長谷部の後継者として頼もしい。後は、これは多くの日本人選手たちに共通している課題でもあるが、奪った後のパス、奪った後の展開力、そこのクオリティであると思う。


柴崎岳

今回の戦い方は、柴崎が理想としているような戦い方ではなかったと思うが、それでも、90分間を通して、それを乱す事無く、良い守備もあったし、上々のパフォーマンスだったと言えるのではないだろうか。しかし、ヘタフェでもそうであるように、ボランチではなく1つ前で、という事も必要とされてくるし、危険な位置やタイミングでのボールロスト、というのは、毎試合あって気になるところであるし、やはり、そこは良くしないと、もう1つレベルの高い選手になるのは難しいと思う。更に成長してもらいたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/01/23 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<サウジアラビア戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。吉田麻也。冨安健洋。権田修一。伊東純也。塩谷司。 】 | ホーム | サウジアラビア戦 【 戦い方のプランはどうあれ、この試合で最も良かった事は、粘り強く戦えた、という事なのではないだろうか。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4304-c37f4306
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |