ベトナム戦 【 攻守に問題点有り。次からは更に相手のレベルが上がる。 】
試合 :アジアカップ トーナメントステージ 準々決勝
開催日:2019年1月24日
結果 :日本代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:堂安律(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          北川航也
MF  原口元気    南野拓実    堂安律
MF       遠藤航   柴崎岳
DF  長友佑都 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹
GK          権田修一

FW          大迫勇也
MF  乾貴士     柴崎岳    堂安律
MF       遠藤航   塩谷司
DF  長友佑都 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹
GK          権田修一


相手のシステムが同じだった、という事も含めて、トルクメニスタン戦と似たような問題点があったと思うのだが、相手が「5-4」という守備ブロックでコンパクト性を保っている時に、バイタルエリアであるとか、いかにハーフスペースであっても、その相手の守備ブロックの中で楔のパスを受けようとする、というのは難しくて、あるいは、受けられたとしても、そこで前を向いて次の展開へ、というのは、かなり難しいので、そういう場合には、サイドの深い位置、もしくは、ハーフスペースでも相手のDFラインの裏、まずは、そこへ長中距離の対角線のパスを入れ、それで相手のDFラインの位置を押し下げ、相手のDFとMFの間にスペースを作ってから、または、相手選手の体の向きを後ろや横向きにさせてから、PAの正面のやや内側だったり外側だったりのエリアを使うと。

次からの2試合、そういうシチュエーションが訪れるかどうかはわからないが、もしあった場合には、やはり、前述したような事をやらないと、無得点に終わる、あるいは、そこからカウンターを受けて失点となる、という可能性が上がってしまうと思う。トルクメニスタン戦の反省もあり、よりサイドから攻めよう、という事は、ある程度はやっていたと思うのだが、重要な事は、大外あるいはハーフスペースの深い位置で、そして、そこからマイナス気味のパスで、という攻撃ができているか否か、という部分であり、もちろん、前半は我慢して戦い、相手が消耗してスペースが生まれてくるであろう後半から、というのは正しさがあると言えるのだが、前述のような事ができていれば、前半でも流れの中から得点を奪う事はできたと思う。従って、やはり、自ら試合を難しくしているかと。

それから、やはり強く気になるのはビルドアップの部分で、もっと右サイドに相手の全体を引き付けたいし、GKを使ったビルドアップをする、というシチュエーションになった時に、全体的にポジショニングが悪かったり、あるいは、ボールを受けようと動く選手が少なかったり、GKが最前線の位置まで蹴った場合の、そこからの攻撃の形が、おそらく用意されていなかったり、という事を強く感じた。攻撃については、前述した部分と、もっと右サイドに相手の全体を引き付けたい、という事が機能性の大きなポイントであるし、守備については、ビルドアップの時、特にGKを使ったビルドアップの時にボールを奪われると、ロングカウンターより怖いショートカウンターを受けてしまうので、とても怖さを感じる。そもそもとして、森保監督のサッカーは、そこを狙われると弱いので。

更には、守備についてはもう1つ、今回の試合は、日本がポゼッションして攻める時間が長くなる、相手は完全にカウンター狙い、という試合だったので、ある程度は、カウンターを受けてしまうのは仕方なかったと言えるのだが、ある程度、相手の攻撃が時間がかかった状況で、大きくサイドを変えられた時に、例えば、左サイドから右サイドへと大きく展開された時に、やや左サイドの戻りが遅かったり中央への寄せ(絞り)が甘かったり、という傾向があったので、そこは改善する必要があると思う。今回の試合では、そうであったとしても、吉田がシュートブロックであったり、遠藤が頑張る事で、ギリギリのところで防ぐ事はできていたが、相手がイランや韓国だったら、失点になってしまう可能性はかなり高くなると思う。無失点試合は続いたが、守備で慢心は起こさないで欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/01/25 11:39】 | 森保ジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<ベトナム戦選手評価 【 北川航也。南野拓実。原口元気。堂安律。遠藤航。柴崎岳。 】 | ホーム | サウジアラビア戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。吉田麻也。冨安健洋。権田修一。伊東純也。塩谷司。 】>>
コメント
スタメンを事実上変えていなくて見どころがたいしてなかったからせっかくのベトナム戦を無駄にした感じですね。
イラン戦をピークにしてくると思ったのですが。
【2019/01/25 12:15】 URL | ヤン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4306-ef6c6192
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |