ベトナム戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。吉田麻也。冨安健洋。権田修一。大迫勇也。乾貴士。塩谷司。 】
試合 :アジアカップ トーナメントステージ 準々決勝
開催日:2019年1月24日
結果 :日本代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:堂安律(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          北川航也
MF  原口元気    南野拓実    堂安律
MF       遠藤航   柴崎岳
DF  長友佑都 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹
GK          権田修一

FW          大迫勇也
MF  乾貴士     柴崎岳    堂安律
MF       遠藤航   塩谷司
DF  長友佑都 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹
GK          権田修一


長友佑都
酒井宏樹

この2人はもう、フィジカル・コンディションに問題無ければ、やはり、ベトナムが相手ならば、と思っていたし、安定したパフォーマンスだったと思う。ただ個人的には、酒井はともかく、長友は温存しても良かったと思う。それから、酒井については、前回も書いたように、フィードやサイドチェンジの質や精度を、やはり、もっと上げてもらいたい。質というのは、狙う場所もその1つで、どこを狙って欲しかったのかは、戦評の記事も書いた通り。そして、精度というのは、文字通りそのままなのだが、精度を上げるための1つのポイントとなるのは、しっかりと態勢を整えてから蹴る、という事だと思う。


吉田麻也
冨安健洋

良いプレーもあったし、危ういプレーもあったし、という感じだったが、アベレージとしては良いパフォーマンスだったと思う。但し、守備は1つのミスが命取りになる、という事を考えると、特に次の対戦相手であるイランは、アジアで最も攻撃力のあるチームだと思われるし、そういう意味では、やや不安は感じられたような気がする。GKとの連携の悪さの部分を狙われたり、1対1に持ち込まれたり、そういう事は、やはり高い確率であると思うので。ある程度は、CBは、この2人を軸として、という事で進めて行くと思うので、イランに対して、どこまで良いパフォーマンスを出せるのか、試金石かと。


権田修一

やはり、ビルドアップの時は、そこが苦しくなっていると思ったら、前の方の選手も含めて、全体がしっかりと動かないといけないと思うし、そうすれば、その動きはGKの視界に入るので、例えば、この試合のあのシーンだったとしたら、それで権田は吉田ではない選手へパスをする事ができて、危うい事にはならないで済んだかもしれない。何となくだが、GKへのバックパスをした後は、全体が、もう安心だ、という感じになってしまう印象があり、特に、相手が味方のDFやボランチにアプローチをかける態勢を整えている時には、その前の選手たちも遊ばずに動かないと、という事を徹底してもらいたい。


大迫勇也

結局、ブラジルW杯でも1トップは大迫だったし、という事は、約4年から5年ぐらいは、1トップとして高い機能性を発揮している選手は大迫しかいない、という状態に日本代表はなっていて、北川もそうだし、他の選手たち、東京五輪世代の選手たちも含めて、使える状況の試合では、積極的に、そして、我慢しながら、使い続ける、という事も必要になっていると思う。更には、やはり、もう1つには、北川もそうだと言えるし、武藤とか浅野とか、そういうタイプの選手を1トップに置いても機能させる、という事にもトライし続ける必要があると思うから、そこに対しての周囲の理解も必要であると思う。


乾貴士

正直、ロシアW杯の時のような高いパフォーマンスは期待できないと思っていたが、もう少し良いパフォーマンスを見せてくれるだろう、という期待感は持っていたので、やはり、やや残念な感じがする。ただ、ウズベキスタン戦よりは良くなっている、という感じではあったので、残りの2試合、チームを救うような高いパフォーマンスを見せてもらいたい。原口は、体力的に苦しくなっていくと思うので、乾の出番というのは、おそらく、残りの2試合でもあると思うから。ただ、乾の状態によっては、左SHとして武藤や南野を想定しておく、あるいは、長友を想定しておく、という事も必要になるかと思う。


塩谷司

ダブルボランチを遠藤と塩谷にして、柴崎を1つ前へ上げる、という形について、心配なのは前のところで、その形になった時には、ややファーストディフェンスの威力が落ちてしまうと感じられるし、まだ攻撃でも良い形は作れていないので、その選手たちの疲労度にもよるが、素直に、柴崎との交代で塩谷を入れる、という事の方が良いのかもしれない。ダブルボランチを遠藤と塩谷にする、という事になれば、全体的に守備は低い位置で、という事になると思うから、前の方には運動量やスピードのある選手たちを揃えておいた方が、守備でも攻撃でも機能するように思う。重要なオプションの形であるので。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/01/27 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<最大のポイントは、球際(デュエル)の巧さ、そして、粘り強い対応、という事が、どれぐらいのレベルで発揮できるのか。 | ホーム | ベトナム戦選手評価 【 北川航也。南野拓実。原口元気。堂安律。遠藤航。柴崎岳。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4308-e53e478a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |