もう少しだけイラン戦について。そしてカタール戦で改善してもらいたい部分について。
イラン戦について、もう少し書こうと思う。まず前半のイランは、1トップの選手に放り込む攻撃を多用していたが、その理由というのは、そもそもとして、前半というのはリスクを避けるために、そういう戦い方、攻撃、というのを選択するのがセオリーである、という事。実際、前半は少しだけ日本の方がポゼッション率で上回っていたようなのだが、日本もリスク避けて前へ放り込むような戦い方、攻撃というのを多用していて、特に実力僅差で一発勝負の試合ならば、まず前半は、お互いにそうする事が多いと言える。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
更には、放り込み攻撃、というのは、日本対策としては有効な攻撃方法であり、また、イラン戦の前までの試合を分析した場合には、ややCBとGKのところに不安定要素あり、と考えるのは妥当だと思うし、尚且つ、イランは中国戦で、そういう攻撃から得点を重ねたので、そういう攻撃に自信も持っていたのだと思う。従って、イランの特に前半の放り込み攻撃というのは、日本が守備の良さでそうさせたというよりも、イランが意図的にやったものであると思う。そしてそれは、前述もしたように、間違いでも無かった。

しかしながら、イラン戦では日本のCBとGKは安定していて、冨安も吉田も相手の1トップへの対応は連携でも1対1でも良かったし、裏へ抜けられそうになったとしても素早い対応、良いカバーリングもできていたし、GK権田の飛び出しやクロスへの対応も良かったので、結果的には、イランの放り込み攻撃は功を奏さなかった。そして、そういう事もあったし、そもそもとして、後半からのイランは、もう少しリスクを冒しながら、もう少し前に人数もかけながら、というプランだったと思うので、そこも云々は無い。

むしろ、地上戦が多くなった方が、日本としては戦いやすくなる、守りやすくなる、という事はあるが、今回のイラン戦の場合は、前半の放り込み攻撃の時も日本は安定して守れていたので、どちらにしても、この試合の日本は良く守れていたと言える。ただ、攻撃に関しては、ここまでの全5試合が無失点だったように、イランの守備も安定感があった、という事もあるし、大迫が復帰して、確かに日本の攻撃は機能性を高めたが、特に堂安と原口のSHの所は起点の部分で苦戦しているので、日本の攻撃も苦戦はしていた。

従って、本当に、この試合は互角の内容だったのだが、それ故に、1つのミスが命取りになる、という事になって、実際には、日本にも命取りになりかけたミスが1つあったのだが、それが運良くであるのか実力であるのかはさておき、その1つのミスから得点を奪えたのは日本だった、という事が、この試合の勝敗を決めたと言える。但し、その後に追加点を2つ奪えた、というのは、このチームが前の5試合から成長できていた、という事の証明になったとは言える。特に原口の得点は完璧または理想的な追加点であった。

という事で、最後にカタール戦についてだが、基本的には、イラン戦のような戦い方ができれば、負ける確率は低いと思う。当然、ミスから失点につながれば、日本戦のイランのようになりかねないが。ただ、そこに関しては、注意して欲しい、という事しか言えないので、それよりも、堂安と原口のSHの所は起点の部分で苦戦している、という部分をカタール戦では改善してもらいたいと思っていて、個ではポジショニングや仕掛ける時の工夫、チームではビルドアップ、特に右下からのビルドアップの力を高めて欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/02/01 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<カタール戦 【 ポテンシャルはある。しかし、足りない部分も多い。それが、今回のアジアカップで確かめられた事かと。 】 | ホーム | イラン戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。吉田麻也。冨安健洋。権田修一。塩谷司。室屋成。 】>>
コメント
冨安と吉田は闘莉王と中澤のときぐらいの頼もしさを感じました。南アW杯のときのような守備意識の高さが出てきたように感じてとてもうれしいです。
【2019/02/01 12:33】 URL | とあ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4313-12f32f92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |