FC2ブログ
カタール戦選手評価 【 大迫勇也。南野拓実。原口元気。堂安律。塩谷司。柴崎岳。 】
試合 :アジアカップ トーナメントステージ 決勝
開催日:2019年2月1日
結果 :カタール代表勝利
スコア:「1-3」
得点者:アリ ハティム 南野拓実 アフィフ(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          大迫勇也
MF  原口元気    南野拓実    堂安律
MF       塩谷司   柴崎岳
DF  長友佑都 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹
GK          権田修一

FW          大迫勇也
MF  南野拓実    武藤嘉紀    伊東純也
MF       塩谷司   柴崎岳
DF  長友佑都 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹
GK          権田修一

FW       大迫勇也  武藤嘉紀
MF  乾貴士     堂安律     伊東純也
MF          柴崎岳
DF  長友佑都 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹
GK          権田修一


大迫勇也

この試合は、悪くもなく良くもなく、というパフォーマンスだったと思う。相手のCBには強さも速さもあって、大迫対相手のCB、という事では、やや大迫の方が劣勢に終始したような印象だった。それは、ハーフスペースや少し下がってボールを受けて、という事は、これまでのように良かったのだが、PA内、ゴール前、最後の局面、そこでは相手を上回れなかった、という事。当然、そこの局面では、相手のCBが常に3枚いたので難しかった、という事はあったが。そういう意味では、岡崎にしても他のCFにしても同じなのは、もう少しミドルシュートの力が必要、という事なのではないかと思う。


南野拓実

技術力と冷静さが光った得点も決めたし、悪くないパフォーマンスだったと思う。南野のようなタイプの選手の場合には、中央では厳しいと思ったら、この試合のようにサイドへ出す、という事は効果的な常套手段で、中島が不在、乾も不調、という状況だったので、もう少し早く、この試合の前のいくつかの試合で、それを試しても良かったと思うが、とりあえず、その形もバリエーションの1つになる事は確かめられたので良かったと思う。南野の個人の課題としては、パフォーマンスの波を少なくする、という事で、そのためには、もう少しスタミナが必要だと感じた。W杯は、もっと強度が高くもなるし。


原口元気

守りの時間が多くなる試合で、献身的に守備をしながらカウンターで、という事で最も良さが発揮される選手になったので、この試合のように、相手の方が守備的だったり、リードされる展開になると、という事での交代だったと思うから、そこは間違ってなかったと思う。実際、その交代後に得点も奪えたので。原口のプレーで1つ気になるのは、左サイドから切り返して右足でクロスを、という時のボールの質、蹴り方で、内側に曲がって落ちる回転が不足していると思う。左サイドから中へ切り込んでの右足のシュートも、ほぼ原口はストレート系だと思うのだが、曲げて落ちるキックも練習して欲しい。


堂安律

苦戦していたのは森保監督もわかっていたと思うが、やはり、今回のアジアカップでは、伊東は交代の切り札として、そして、原口は左サイドで固定的に、という事もあったと思うし、何よりも、堂安に経験を積ませたい、という事があったと思うので、我慢して使い続けた、というのは、それで良かったと思う。本田と比べても、2011年の時の本田は25歳で、今の堂安は20歳なので、それを考えれば、今大会の堂安はよく戦い続けたと言えると思う。重要なのは、今大会を経験して、まだまだレベルアップしなければならないと強く実感できたと思うので、とにかく1つでも成長する、という事かと。


塩谷司

やはり、弱点が明確にあると、そこを狙われてしまうというか、それがどこかでは致命傷として出てしまう、という事はあると思う。本当に、何回か書いたように、塩谷の後ろのスペースを活用されてしまうと、または、塩谷が簡単に相手に裏返されてしまうと、という事は心配していて、そこにチームとしての危機感が無かったのは残念に思う。準決勝から決勝への間に心理的な油断があったとしたら、ボランチの1枚が遠藤ではなく塩谷になる、という事への入念な準備をしなかった、という事かもしれない。やはり、一人違えば、という事はあるし、遠藤は特に守備面ではかなり効いていた、と言えるので。


柴崎岳

難しいプレーを選択しがち、という事もあるような気がするし、それから、悪い癖として、相手のフィジカル・コンタクトが強いと感じると、無理目なワンタッチパスとかヒールパスとか、そういう逃げのプレーをして相手に簡単にボールを渡してしまう、カウンターの逆起点になってしまう、という事もあって、特に海外では、そういうプレーをすごく嫌う監督や選手が多いと感じるし、そういうところも改善してもらいたい。ハッキリ言って、ロシアW杯も今回のアジアカップも柴崎は主力だったが、三竿も守田もいるし、東京五輪世代には中山もいるので、今のままだと、次のW杯では厳しくなると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2019/02/04 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カタール戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。吉田麻也。冨安健洋。権田修一。武藤嘉紀。 】 | ホーム | 選手評価の前に、システム的なミスマッチがあった、という事について。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4316-0b2c9419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |