FC2ブログ
森保ジャパンの攻撃時の理想形は?
|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 原 |   | 南 | 堂 |
|   |   |   |   |   |
|   | 遠 |   | 柴 |   |
|   |   |   |   |   |
| 長 | 吉 |   | 冨 | 酒 |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

攻撃の形というのは、上図のように、左SHの原口が左ハーフスペースに入り、そして、大迫もしくは南野が右のハーフスペースに入る、という形から、




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
| 長 | 原 |   | 南 | 堂 |
|   |   |   |   |   |
|   | 遠 |   | 柴 |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 吉 |   | 冨 | 酒 |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

長友が高い位置に上がり、森保監督がサンフレッチェ広島時代に常用していた「3-4-2-1」(「5-4-1」)で言えば、1トップと2シャドーと両WBで、前に5枚いる形を作りたいのだと思う。当然、逆サイドであれば、

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
| 原 | 南 |   | 堂 |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 遠 |   | 柴 |   |
|   |   |   |   |   |
| 長 | 吉 |   | 冨 | 酒 |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

こういう形から、

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
| 原 | 南 |   | 堂 | 酒 |
|   |   |   |   |   |
|   | 遠 |   | 柴 |   |
|   |   |   |   |   |
| 長 | 吉 |   | 冨 |   |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

こうなる、という事。つまり、基本は「4-2-3-1」を使っているが、やはり、森保監督がサンフレッチェ広島時代に常用していた「3-4--1」(「5-4-1」)のように、前の中央は、1トップ+2シャドー、という形にしたいのだと思う。

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
| 長 | 原 | 南 | 堂 | 酒 |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 柴 |   |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 吉 | 遠 | 冨 |   |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

ただ、基本は「4-2-3-1」を使っているが、やはり、森保監督がサンフレッチェ広島時代に常用していた「3-4-2-1」(「5-4-1」)のように、という事で言えば、もう1つ、後ろを3バックの形にして両SBを上げる、という、上図のような形にしたい、という事もあると思うのだが、上図のようにしてしまうと、やはり、いくつかの問題が発生する。ちなみに、上図では遠藤が3バックの中央に下がっているが、それが柴崎 だったり、あるいは、中央に下がるのではなく左や右に遠藤または柴崎が下がって、という形もあるので、今回の場合は、便宜上そうしてある、という事。

で、いくつかの問題、というのは、1つには、やはり、前が6枚になって多過ぎる、特に中央では交通渋滞を起こしてまうので、という事と、もう1つには、後ろが4枚になるので、カウンターを受けた時の守備が弱くなってしまう、という事。ボールを奪われた時に、前の6枚のところで奪い返せれば良いが、または、そこでボールを奪えなくても、少なくともそこで相手のカウンター攻撃の威力を大きく落とせれば良いのだが、それができなかった時には、かなり危なくなると言える。

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
| 長 | 原 |   | 南 | 堂 |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 柴 |   |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 吉 | 遠 | 冨 | 酒 |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
| 原 | 南 |   | 堂 | 酒 |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 柴 |   |   |
|   |   |   |   |   |
| 長 | 吉 | 遠 | 冨 |   |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

そうなってくると、南野が下がる、というのはあれなので、上図のように、という事になると考えるのが第一歩になると思うのだが、実際、サンフレッチェ広島時代は、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督のやり方を踏襲あるいは引き継ぐ形で、最終ラインはボランチの1枚が3バックのところに下がって4バックのようになり、つまり、「3-4-2-1」から「4-1-4-1」になり、という事だったが、おそらく、今の森保監督は、最終ラインのところは3枚にしたい、それでビルドアップしたい、という事を考えていると思うので、それだと上図の形は違う、という事になるし、そもそも、上図の形だとバランスが悪い。

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
| 長 | 原 |   | 南 | 堂 |
|   |   |   |   |   |
|   | 柴 |   | 酒 |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 吉 | 遠 | 冨 |   |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
| 原 | 南 |   | 堂 | 酒 |
|   |   |   |   |   |
|   | 長 |   | 柴 |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 吉 | 遠 | 冨 |   |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

ではどうすれば、というのは、上図のように、SBがボランチの位置に入る、という事が解決方法で、これならバランスも良いし、ボールを奪われた後に高い位置でボールを奪い返す、という事にも適するようになる。但し、この形になるのだったら、

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
| 長 | 原 |   | 南 | 堂 |
|   |   |   |   |   |
|   | 遠 |   | 柴 |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 吉 | 冨 | 酒 |   |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
| 原 | 南 |   | 堂 | 酒 |
|   |   |   |   |   |
|   | 遠 |   | 柴 |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 長 | 吉 | 冨 |   |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

これでも良くて、同じように攻撃の時には「4-2-3-1」から「3-2-4-1」になる形でも、こちらの方が簡単だと言える。しかし、これだと、柴崎がいるサイドを突かれた場合が怖い、という感じがあるので、

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
| 原 | 南 |   | 柴 | 堂 |
|   |   |   |   |   |
|   | 遠 |   | 酒 |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 長 | 吉 | 冨 |   |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

攻撃の時には、こういう形にすれば、それは解決できる。ただ、長友と酒井の特性を考えた場合には、その位置は逆の方が良いと思うので、

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
| 原 | 柴 |   | 南 | 堂 |
|   |   |   |   |   |
|   | 長 |   | 遠 |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 吉 | 冨 | 酒 |   |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

ダブルボランチは、遠藤を右、柴崎を左にして、この形の方が良いと思う。つまり、

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
| 原 |   | 南 |   | 堂 |
|   |   |   |   |   |
|   | 柴 |   | 遠 |   |
|   |   |   |   |   |
| 長 | 吉 |   | 冨 | 酒 |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

この形から、攻撃の時には、

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
| 原 | 柴 |   | 南 | 堂 |
|   |   |   |   |   |
|   | 長 |   | 遠 |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 吉 | 冨 | 酒 |   |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

この形になる、という方法。あれ、でもそうしたら、結局、

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
| 長 | 原 |   | 南 | 堂 |
|   |   |   |   |   |
|   | 柴 |   | 遠 |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 吉 | 冨 | 酒 |   |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

この形で良いのでは、と思うかもしれないが、これだと、原口は中央寄りでプレーするのにあまり適していないし、柴崎と吉田で守る左サイドの守備が危なくなる。従って、もしこの配置でやるのであれば、

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
| 長 | 中 |   | 南 | 堂 |
|   |   |   |   |   |
|   | 三 |   | 遠 |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 吉 | 冨 | 酒 |   |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

SHは原口ではなく中島や乾など、ボランチは遠藤と三竿や守田など、という事になり、最終的には、そうなるのではと予想するのだが、やはり、原口と柴崎も、という必要性は高くあると思うので、そうなると、

|   |   | 大 |   |   |
|   |   |   |   |   |
| 原 | 柴 |   | 南 | 堂 |
|   |   |   |   |   |
|   | 長 |   | 遠 |   |
|   |   |   |   |   |
|   | 吉 | 冨 | 酒 |   |
|   |   |   |   |   |
|   |   | 権 |   |   |

この形を攻撃時のベースにしておいた方が良い、という事になると思う。中島や乾は、サイドのワイドポジションでも問題無いし、これだったら、「4-2-3-1」の左SBに塩谷や中山を使って、という事でも良くなる。但し、サイドでの守備、という事を考えた場合には、そこにはCBやボランチタイプの塩谷や中山よりも、SBタイプの長友や山中を使った方が良い、という事は言える。当然、高さを増やしたい場合は別だが。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2019/02/08 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 乾貴士 】 スタメン出場し勝利に貢献。 【 アラベス vs レバンテ 】 | ホーム | 決勝戦のカタール戦について、システム的なミスマッチがあり、それが故にカタール側が優位に立った、というのは間違っている。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4320-61940e23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |