なぜJリーグでプレーしているよりも海外でプレーしていた方が個の力が高くなるのか。
Jリーグに来た外国籍選手が、Jリーグは展開が速い、日本のサッカーはスピードが速い、という事を言うのは珍しくないと思うのだが、そう感じる1つの要因というのは、多くの海外の場合は、まずは個でボールをしっかりとキープしてから、あるいは、まずは個で相手を剥がしてから、という事を前提に動くのに対し、日本の場合には、そういう事を前提としないで動く、つまりは、誰かにボールが入ったら、そこからワンタッチやツータッチ以内で他の選手へボールを渡す、あるいは、局面の打開は個ではなく複数によるコンビーネーションで行う、という事を前提としているので、当然、ワンタッチやツータッチ以内でのプレーが多ければスピードは上がるし、個ではなく複数を前提とするならばサポートの動きを速くしなければならないので、それによってもスピードは上がると。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
例えば日本の場合には、個で時間を作ろうとしたり局面を打開しようとして失敗すると批判されてしまう事が多く、同じ失敗でも、ワンタッチやツータッチ以内でパスをして繋がらず失敗する、コンビネーションで崩そうとして失敗する、という方が批判されない事が多い。ちなみに、当然だが、成功した場合には、どちらであっても批判はされない。そして、日本のこういう文化というのは、当然、メリットもあるのだが、やはり、デメリットもある。まずメリットは、個の力に依存しない、スピードやアジリティや組織性の低い相手には特に攻撃面では強さを発揮する、という部分。例えば日本代表の試合で、近年では欧州や南米の強豪国が相手でも、親善試合では日本が多くの得点を奪う事も多くなっているが、その理由は相手がプレーの強度(インテンシティ)を落としているから。

従って親善試合では、相手が欧州や南米の強豪国だったとしても、スピードやアジリティや組織性で日本の方が上回る事が多くなり、特に攻撃面では日本の良さが発揮される事が多い。しかし、重要度の高い大会での試合になると、あるいは、W杯まで残り1年ぐらいになってくると相手も親善試合でもプレーの強度を高くして戦ってきたり、組織性というのも高くなってくるので、そうなると日本は苦しくなる。やはり、そうなってきた時には、個の力の差、というのが結果を左右する要素として大きくなるのだが、そうなってきた時に、メリットがデメリットに変わってしまう。つまり、個の力に依存しない、という事は、個の力が育たない、という事でもあるからで、なぜJリーグでプレーしているよりも海外でプレーしていた方が個の力が高くなるのかは、そこにも1つ理由がある。

つまりは、単純にレベルが高いからとか、言葉が通じなかったりする厳しい環境でやるから、という事だけではなく、そもそもとして、日本と多くの海外では前提としているものが違う、サッカー文化が違う、組織性を蔑ろにしているわけではないが、まずは個の力で、というのが多くの海外でのサッカー文化であり、例えば日本では、個でやろうとして失敗すると、観客や他の選手たちはしれっとするか批判的になる場合が多いが、海外では、それが余程のエゴイスティックなプレーでなければ、むしろ、拍手する場合も多い。だから個の力が育つ。そして、ここの部分でとても大事なのは、個の力重視、とは言っても、それは日本にはびこっている自己責任論ではなく、全体のために個の力を育てる、という考え方である事。日本のように自己責任論をはびこらせると個の力は育たない。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/02/22 11:39】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<堂安や柴崎も安泰ではない久保と守田の存在。 【 川崎フロンターレ vs FC東京 】 | ホーム | 【 乾貴士 】 特に今の乾にとっては、得点力を期待されるよりも、まずは守備で良さ見せる事で、という方がやりやすいのではないだろうか。 【 ベティス vs アラベス 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4326-6c3d18a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |