ブラジル戦(女子) 【 悪い流れを変えられる力を。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2019年3月3日
結果 :日本代表勝利
スコア:「3-1」
得点者:籾木結花 デビーニャ 小林里歌子 長谷川唯




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW       横山久美  池尻茉由
MF  阪口萌乃            籾木結花
MF       宇津木瑠美 中島依美
DF  有吉佐織 大賀理紗子 南萌華  宮川麻都
GK         山根恵里奈

FW          小林里歌子
MF  遠藤純     長谷川唯    籾木結花
MF       杉田妃和  中島依美
DF  鮫島彩  大賀理紗子 南萌華  清水梨紗
GK         山根恵里奈


前回も書いたように、攻撃については、あまり心配していない。今遠征の2試合では不調だが横山は力を持っているし、今遠征ではコンディションや他の選手をより試したいという理由からメンバー外になっている岩渕もいるし、その2人に長谷川と中島と田中、そして、籾木も加えた6人のアタッカーは、アメリカやドイツが相手でも得点を奪える力を持っていると思う。更には、この試合では小林も得点を取り、アタッカーの充実ぶりは佐々木ジャパンの頃と見劣りしないどころか、それ以上と言えるかもしれない。

ただ、やはり問題は、この試合でも1失点したように、アジア外の強豪国との試合では、なかなか失点を減らせない事。パワーとスピードで上回られてしまう相手に対し、シンプルな攻撃からやられてしまう事も少なくないし、どうしても1回押し込まれてしまうと、なかなか押し返せず、そのままパワーとスピードで押し切られてしまう、という事も少なくない。アメリカ戦と比べ少しの改善は見られたが、やはり、ブラジルも強豪国ではあるが、相手はアメリカやドイツではなかったので、まだ不安は拭い切れない。

それから、アメリカ戦は、アメリカが勢いにノッているところで線審が負傷し、それで少し間が空いた事で救われた要素もあったし、今回のブラジル戦は、失点後、同点に追い付かれた後、後半14分に4枚同時交代を行い、更には、後半22分にも5枚目の交代を行い、という事からの2点目や3点目だったので、そういう事が無かったとしても、できなかったとしても、試合の悪い流れを変えられたのか、という事にも少し不安が残った。もちろん、新しい特に若い選手たちを試しながらだから、という事はあるが。

そういう意味では、今遠征の最後の試合であるイングランド戦は、悪い流れになった時でも、それをスタメンの選手たちだけで押し返す、または、3人ぐらいの交代で押し返す、という選手たちの力や監督の采配を見せてもらいたいと思う。そして、そのためにはやはり、まずは守備力と、そこからのカウンターの力、という事と、もちろんとして、よりポゼッションの力も、という事が必要になってくると思のだが、そのポイントとなるのは、GK、SB、ボランチ、そこに誰を使うのかと、そのパフォーマンスかと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/03/05 11:39】 | なでしこジャパン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<完成度の差。殴り合いの強さの差。 【 R・マドリード vs バルセロナ 】 | ホーム | 【 乾貴士 】 得点を取ってチームを勝たせられた試合。 【 ビジャレアル vs アラベス 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4335-f11b9d46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |