FC2ブログ
コロンビア戦とボリビア戦へ向けてのメンバーについて。
GK 東口順昭 シュミット・ダニエル 中村航輔
DF 昌子源 冨安健洋 三浦弦太 畠中慎之輔
DF 佐々木翔 室屋成 安西幸輝 西大伍
MF 守田英正 柴崎岳 山口蛍 小林祐希
MF 中島翔哉 南野拓実 堂安律 宇佐美貴史 香川真司 乾貴士
FW 鈴木武蔵 鎌田大地




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
どの程度、南米選手権を意識したセレクトになっているのか、というのは、今回のメンバー発表の時の森保監督のコメントを聞いた限りでは、それほど高くないような気がしたのだが、むしろ、南米の選手、南米のチーム、そこから、個の力としての上手さ、駆け引きの上手さ、試合展開を読む上手さ、それを日本の選手たちに、または、日本のサッカーに学んでもらいたい、という事と、戦力の底上げ、そこに主な目的意識を持って、今回の2試合に挑む、あるいは、今回のメンバーを選んだ、というような感じだった。

そういう意味では、怪我や所属クラブでの状況も考慮しつつ、そして、アジアカップのメンバーを基本としながらも、現時点で、アジアカップには招集しなかった(できなかった)が、中村航輔、昌子源、西大伍、山口蛍、守田英正、小林祐希、中島翔哉、宇佐美貴史、香川真司、鎌田大地、などの戦力と考えている選手たち、それから、畠中慎之輔、安西幸輝、鈴木武蔵、などの現在Jリーグで良いパフォーマンスを見せているU-22以上の年齢の若手選手たち、というセレクトは、その主な目的に合致しているかと。

前の記事でも書いたように、今の状況では、どの選手も、招集に拘束力を行使できない南米選手権に選出できるかどうかはわからないので、とりあえず、そこについては6月まで保留し、つまり、今はあまり考えず、前述したような事に主な目的を置いて、という判断をしたのだと思う。そして、個人的には、それで良かったと思う。今の段階で、そこについてクラブ側と詰めた交渉をしても、3ケ月弱後には状況が変化し、オーケーだったものが翻されてしまう可能性もあると思うので。当然、選手本人の考えとしても。

従って、今回の2試合は今回の2試合だけで、という事では、アジアカップやその前の親善試合には招集しなかった(できなかった)選手たち、そして、フル代表への選出が初となる選手たち、更には、アジアカップでは出場が少なかった選手たち、そういう選手たちのチームへのフィット感や個としてのパフォーマンス、それから、乾の右SHでの起用であるとか、鎌田の1トップまたはCFでの起用であるとか、そのあたりが注目点になると思う。とにかく、多くの手応えが得られる2試合になってもらいたいと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2019/03/15 11:38】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<AFC、U-23選手権の最終予選へ向けてのメンバーについて。 | ホーム | 様々な考慮点がある状況で、このタイミングで森保監督は誰をフル代表に招集するのか注目したい。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4345-3c3b4b99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |