AFC、U-23選手権の最終予選へ向けてのメンバーについて。
GK 小島亨介 オビ・パウエルオビンナ 波多野豪
DF 板倉滉 町田浩樹 立田悠悟 大南拓磨 原輝綺 橋岡大樹
MF 杉岡大暉 遠藤渓太 長沼洋一 藤谷壮
MF 中山雄太 松本泰志 齊藤未月
MF 岩崎悠人 伊藤達哉 三好康児 久保建英
FW 前田大然 上田綺世 田川亨介




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
3CBのセンターとして、立田以外は誰を想定しているのか、それから、ボランチが1枚少なく、FWが1枚多いように思えるが、それはそのままなのか、それとも、例えば遠藤をボランチとして、伊藤をWB、前田をシャドー、という想定になっているとか、そこはまだわからないのだが、とりあえず、堂安と冨安以外は、U-22年代以下の年齢の選手たちはU-22年代の代表で、という事にしたのだと思う。そしてやはり、そこについても個人的には、前にも書いたように、それで良かったのではないか、と思っている。

南米選手権には東京五輪代表チームで、という事になる可能性も低くはないと思うが、その是非はともかく、そうであるとしたら尚更、なるべく、こちらのチームはこちらのチームで連携力や一体感を高めておく必要があると思っているので、今の状況では、こちらのチームの主力をフル代表の方へ、という事はやらない方が良いかと。そういう意味では、1回、堂安と冨安を東京五輪代表チームの方へ戻す、という事をやっても良かったような気はするが、南米選手権で招集できるかどうかはわからないので、という事はある。

そしてこちらも、フル代表に負けず劣らず、注目の選手は多いと言える。マンチェスター・シティへ移籍し、オランダリーグのフローニンゲンに期限付き移籍している板倉。清水エスパルスや湘南ベルマーレで既に主力となっている立田と杉岡。長沼はJ2の愛媛FCの選手だが、東京五輪代表チームでは良いパフォーマンスを見せている。また、オランダリーグのズヴォレへ移籍した中山、ハンブルガーの伊藤、今季マリノスへ移籍して活躍している三好、成長著しい久保、鹿島アントラーズへの入団が内定している上田など。

もちろん、他の選手たちにしても、もう少しの成長や活躍があれば、Jリーグで主力となれたり、フル代表へ、という事が期待できる選手たちが揃っていると言える。つまり、そういう意味では、1年後や2年後にフル代表で、という事の可能性が最もある選手たちの集まりであるから、そういう事も想定しながらフル代表も東京五輪代表(U-22代表)も見ておくと、色々と見えてくるものがあると思う。東京五輪代表(U-22代表)の方には守備的なポジションに左利きの選手が結構いるとか、1つの注目になると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/03/16 11:38】 | 東京五輪日本代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 乾貴士 】 加入してから6戦3勝3分0敗の負け無し。代表戦後も今の調子を維持してもらいたい。 【 ウエスカ vs アラベス 】 | ホーム | コロンビア戦とボリビア戦へ向けてのメンバーについて。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4346-2b0531c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |