【 乾貴士 】 加入してから6戦3勝3分0敗の負け無し。代表戦後も今の調子を維持してもらいたい。 【 ウエスカ vs アラベス 】
試合 :リーガ・エスパニョーラ 第28節
開催日:2019年3月16日
結果 :アラベス勝利
スコア:「1-3」
得点者:カジェリ(PK) アビラ(PK) グイデッティ カジェリ




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 アラベス 】

FW カジェリ ボルハ・バストン
MF ジョニー ピナ ブラシャナツ 乾貴士
DF マルティン マリパン ラグアルディア シモ・ナヴァーロ
GK パチェコ

FW カジェリ グイデッティ
MF ワカソ ピナ マヌ・ガルシア 乾貴士
DF マルティン マリパン ラグアルディア シモ・ナヴァーロ
GK パチェコ


ウエスカは「3-5-2」(「5-3-2」)で、アラベスの守備網にかからないよう、ロングボールを2トップに蹴り込んでのキック&ラッシュか、もしくは、ピッチの横幅を広く使い、大きいサイドチェンジを使って組み立てながら攻撃。そして守備は、タイトに激しく、という事で、戦い方としては機能していたし、前半11分にPKで失点したが、前半14分には同じくPKですぐに同点に追い付き、雰囲気としてはウエスカの方が優勢だった。ただ、決定力を欠くと、という試合展開となり、後半35分、ジョニーのロングスローをニアでマリパンがすらし、そのボールをファーで途中出場のグイデッティが押し込んでアラベスが2点目。また更には、後半41分、途中出場のワカソからのラストパスを受けたカジェリが決めてアラベスが3点目。結果的にはアラベスの快勝となった。

アラベスは、なかなかカジェリとボルハ・バストンの2トップにボールが収まらず、乾とジョニーもウエスカのタイトで激しい守備対応に苦しんでいたし、ウエスカが前述したような戦い方をしてきたので、なかなかプレスもハマらず、そういう意味では、アウェイでもあったし、引き分けでも御の字、という感じだったのだが、運の良さもありながら、セットプレーとカウンターできっちり2得点を奪う、そういう戦い方ができているところに、今の強さが示されていると思う。危うさもありながら、2CBと2ボランチは守備に強く、2CBは攻撃でも特にセットプレーで威力を持っているし、2SHも、特に攻撃で高いパフォーマンスも見せるジョニーと、攻守に高いパフォーマンスを見せる乾が存在し、この試合では交代選手も活躍と、とても上手く歯車が噛み合ってきていると感じる。

これで乾が加入してから6戦3勝3分0敗となり、つまりは、負け無しが続いていて、逆にここまで負け無しが続くと、いつ負けが訪れるのか、そして、その負けが訪れた時に、そこからズルズルと、という事になってしまう事が、やや心配になってくるのだが、ただ、本当にCLやELに出場できるだけの力があるのかどうかは、やはり、そこで試されてくるのだと思う。従って、乾についても、もう、わざわざ書くまでもなく、守備面のパフォーマンスは高いし、そして、攻撃もジョニーと乾が牽引しているのも間違い無く、その状態を最後まで、更には、どこまで負け無しを続けられるのか、または、負けが訪れても、その後にズルズルとチーム状態を落とさせないか、という事が重要になってくると思うから、もう1つ2つ山が来ると思って、代表戦後も今の調子を維持してもらいたい。

ちなみに、前節のエイバル戦は何となく、乾に得点を取らせよう、という雰囲気を感じたのだが、この試合は何となく、FWに得点を取らせよう、みたいな雰囲気があって、そういう感じも、現在のアラベスは上手くいっている、という事を感じさせる。また、アラベスはエイバルと似たような戦い方(コンセプト)のチームで、以前にも書いたように、乾がすぐにフィットできたのは、それが1つの大きな理由だと思うが、エイバルの時よりも、場合によってはベティスの時よりも、やや乾の運動量というのは少な目にできていて、つまり、それだけ余裕や余力を持ってプレーできている、という事であるから、そこはアラベスでの乾のプレー(パフォーマンス)のプラス材料の1つとなっている気がする。もちろん、強豪チームと戦う時には、やはり、そうできなくなってくる、とは思うが。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/03/17 11:38】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<具体的にどこが重要なのか。コロンビア戦とボリビア戦。 | ホーム | AFC、U-23選手権の最終予選へ向けてのメンバーについて。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4347-346d7244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |