具体的にどこが重要なのか。コロンビア戦とボリビア戦。
GK 東口順昭 シュミット・ダニエル 中村航輔
DF 昌子源 冨安健洋 三浦弦太 畠中慎之輔
DF 佐々木翔 室屋成 安西幸輝 西大伍
MF 守田英正 柴崎岳 山口蛍 小林祐希
MF 中島翔哉 南野拓実 堂安律 宇佐美貴史 香川真司 乾貴士
FW 鈴木武蔵 鎌田大地




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
まず攻撃は、相手のDFラインの裏への抜け、そのパターンから得点を増やす、という事が、今の森保ジャパンの1つの課題だと言えると思う。大迫という選手が存在する事で、ポストプレーから、という攻撃のパターンには一定の手応えを得ている。ただ、その役割を高いレベルでこなせている選手は大迫しかおらず、それがFW(CF)の戦力不足の一因にもなっている。やはり、W杯では、という事だったり、スピードタイプのFWの方が多い日本のサッカーの特性を考えた場合でも、相手のDFラインの裏への抜ける、そのパターンから得点を増やす、という事が、攻撃力アップの近道になると思う。

そういう意味では、今回は鈴木武蔵と鎌田大地が選ばれたが、FW(CF)が前を向いてボールを受ける、特に相手のDFラインの裏で、という事を強く意識した攻撃をしてもらいたい。そのためには、ポジショニング、プルアウェイ、フェイクの動きを入れてからの動き出し、というようなFWの良い動きがまずあり、そのFWの動きを主導的にしながら、それにパスの出し手がきちんタイミングなりパスのスピードを合わせていく、という事が必要であり、香川や山口などが選ばれているならば尚更、そこの部分の質にも期待したい。大迫依存からの脱却というのは、具体的には、そこであると思うので。

2列目は、今回は原口が選出されておらず、乾が右で、中島と宇佐美が左、という事になるのであれば、やはり、問題となりそうなのは左サイドの守備で、左SBが長友ではないならば、そこは更に危惧されてくる。おそらく、攻撃では良さを発揮する中島、それから、宇佐美も近年は守備意識が随分と高くなり、2人共に、そういう部分は見られるものと思うが、乾や原口が見せているような巧さやタフさのある守備ができるのかどうか、という部分が1つの判断材料になってくるかと。やはり、W杯でスタメンで使う、という事になってくると、まずは守備の良い選手、という事になってくると思うから。

ボランチは、遠藤航を欠いたので、おそらくその役割は、守田と山口、という事になってくると思うのだが、やはり、アジアカップでもそうだったように、その役割を担うボランチの選手の存在やパフォーマンスというのが、とても重要で、柴崎や小林祐希のような選手が攻撃で良さを発揮するための鍵は、そこにあると明確に言えると思う。そして、日本がW杯で更に躍進するための鍵も、その役割を担う選手たちが、長谷部以上の選手になれるのか、という事にあるとも言える。アジアカップの決勝、カタール戦の敗戦も、そこに原因の1つがあったと言えて、個の力と連携、求められる良さは多くある。

SBは、長友と酒井宏樹の主力2枚を欠く、という事であるが、長友は年齢的に、酒井宏樹は過密日程の連戦でのスタミナ、あるいは、怪我も少なくはない選手なので、必ず1人程度は、その2人と比べても遜色無いぐらいのパフォーマンスを発揮してくれるSBが存在しないと厳しくなるから、佐々木翔、室屋成、安西幸輝、西大伍、誰がそういう選手になってくれるのか、とても重要な要素だと言える。特に、年齢的な事を考えれば、室屋と安西には強く期待したいところで、室屋はもう長友や酒井宏樹からポジションを奪うぐらいの良さを発揮して欲しいし、安西はまず良さを発揮する事に期待したい。

CBは、吉田、昌子、冨安、という3人が軸になり、おそらくは、そのまま次のW杯へ、という展望は見えていると思うが、今回選ばれた三浦と畠中以外にも、植田、板倉、立田、という選手たちを筆頭に、現在あるいは将来的に有望視される選手たちが今の日本には揃っているので、ここで一気に日本のCBのレベルを上げるチャンスの時期であるとも言えて、そういう事を加味した起用というのを森保監督にはお願いしたい。それぞれの選手たちが、具体的な課題を持ち帰れられるような、あるいは、次へのステップアップにつながるような良さを発揮できるような、そういう細かいオーダーが重要かと。

最後に、GKについても、とにかく多くの1つ1つのプレーについて、質の高さを要求してもらいたい。中長距離からのシュートへの対応、DFラインとGKの間に出されたボールへの対応と連携、そして、クロスへの飛び出しやフィードの技術など、日本のGKのレベルは世界のトップからは2つぐらい落ちる。更には、権田、東口、シュミット・ダニエル、中村、そして、他の選手にしても、今は五十歩百歩の状態で、しかし、主に起用する選手は決めていかなければならいと思うから、その見極めも重要になってくる。おそらく、3年後ぐらいを見据えて、最も伸びそうな選手を、という事が重要かと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/03/18 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<チェンジを成功させたバルセロナは本当に手堅く強いチームになった。日本代表もそうなってもらいたい。 【 ベティス vs バルセロナ 】 | ホーム | 【 乾貴士 】 加入してから6戦3勝3分0敗の負け無し。代表戦後も今の調子を維持してもらいたい。 【 ウエスカ vs アラベス 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4348-0f996516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |