FC2ブログ
コロンビア戦選手評価 【 鈴木武蔵。南野拓実。中島翔哉。堂安律。柴崎岳。山口蛍。佐々木翔。室屋成。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2019年3月22日
結果 :コロンビア代表勝利
スコア:「0-1」
得点者:ファルカオ(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          鈴木武蔵
MF  中島翔哉    南野拓実    堂安律
MF       山口蛍   柴崎岳
DF  佐々木翔 昌子源   冨安健洋 室屋成
GK          東口順昭

FW          南野拓実
MF  中島翔哉    香川真司    乾貴士
MF       小林祐希  柴崎岳
DF  佐々木翔 昌子源   冨安健洋 室屋成
GK          東口順昭

FW          鎌田大地
MF  中島翔哉    香川真司    乾貴士
MF       小林祐希  柴崎岳
DF  安西幸輝 昌子源   冨安健洋 室屋成
GK          東口順昭


鈴木武蔵

1つのプレーで大きく評価が変わる、という意味では、あのヘディングシュートを決められていれば、または、せめてきちんとミートして枠内に飛ばせていれば、という事は言えたと思う。そして、そこも含め、DFラインの裏を突くにしてもポストプレーをするにしても、ポジショナルプレーを意識したポジショニング、体の使い方、ボールコントロールの技術力、それらを総合的に高めないと、更に先へは進んで行けないと思う。恵まれた身体能力に依存し過ぎる事無く、前述したような部分の能力を高めてもらいたい。


南野拓実

得点を取る、という事に、更に力を注げる、という意味では、トップ下よりもトップの方が良い、と思えるかもしれないが、最前線の位置に立つ、というのは、常に相手の屈強なCBと対峙する事になる、相手のゴールに背負向けた状態でのプレーも多くなる、自分よりも前方向にパスを付けられる味方選手が存在しない、など、2列目とは違った景色、違った思考でのプレーが求められてくるので、やはり、想像しているよりも難しさがあると思う。更には、守備についても、やり方を切り替えられないと難しくなるかと。


中島翔哉

攻撃に関する能力の高さには疑いが無い。しかし、この試合の後半のように、中島のところが守備の穴になると見抜かれて狙われた場合には、それが原因で流れが悪くなってしまうリスクはあるし、また、そうなると、攻撃でも良さを発揮できなくなってしまう可能性もある。結局、乾や原口よりも攻撃面では期待できる選手がいたとしても、なぜ多くのチームでは乾や原口の方が選択される事が多いのかは、やはり、守備で穴にならないからであり、現状の中島であれば、トップ下または交代の切り札である事が適任かと。


堂安律

今は1つの壁にぶち当たっていると思う。しかし、20歳にして、そういうレベルの高い壁にぶち当たれる、というのは、凄い事でもあり恵まれている事でもあり、ドリブルでの突破力、左足でのシュート力、特に技術面で、もっとトレーニングで高める必要があると思う。現状でも守備面での貢献度はきちんとあるので、将来性も考えれば、この先も主力で使われ続ける事を望むが、そこに多くのSHの選手たちも取り組んでいるように、守備もきちんとしながら、いかに攻撃でも良さを発揮するのか、という事だと思う。


柴崎岳

アジアカップ後もクラブでは出場できていないが、この試合では、アジアカップの時ぐらいのパフォーマンスは維持できていたので、そこはとても安心できた。攻守にレベルアップしたいという意識の高さも感じられた。ただ、やはり、クラブで出場できていない状態が長く続くと、代表試合だけでは試合数が圧倒的に少ないし、フィジカル・コンディションやモチベーションの維持も難しくなると思うので、今季終了後の移籍は必須になると思うが、ヘタフェがCLやELへの出場権を獲得した場合には、やや迷うところ。


山口蛍

ヴィッセル神戸でもそうであるように、今の山口は調子が良いと思う。少し代表から離れていたり、ヴィッセル神戸へ移籍した事によって、再び、または、新たにモチベーショが得られたのかもしれない。ただ、以前の記事でも書いたように、やや人材不足の感はあるが、遠藤航を筆頭に、5人から6人ぐらいの有力な候補者は存在しているので、更に成長しないと、一気に選外になってしまう可能性もあると思う。何回も繰り返し書いているが、日本がW杯で更に上へ行くためには、長谷部を越えるボランチが必要なので。


佐々木翔

思っていたよりも悪くない、どちらかと言えば、良いパフォーマンスだったと思うが、ボランチの基準が長谷部であるように、やはり、SBの基準も長友になるので、そこを考えると、攻守において、まだ能力としては物足りない。守備では、完全に入れ替わられてしまう事が1試合に1回はあるのが問題で、それは無くさないと安心できない。また、攻撃では、クロスの精度だったり、ドリブルの力だったり、ビルドアップの力だったりと、SBにも求められる役割や能力は多く、そこも大きく伸ばす必要性があると思う。


室屋成

出場機会が少なかったアジアカップでも良いパフォーマンスを見せていたが、この試合でも良いパフォーマンスだったと思う。ただ、やはり、前述もしたように、SBの基準は長友であり、特に、室屋はタイプ的に長友と似ているので、まだ能力として物足りないのは否めないかと。そして、そこを伸ばすためには、Jリーグよりもレベルの高い海外リーグへの移籍、それが必要だと思うし、そうする事が一番の近道になると思う。常に、今回のコロンビア代表に近い、高いレベルの所でプレーしていれば、必ず伸びるはず。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2019/03/24 11:45】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<コロンビア戦選手評価 【 昌子源。冨安健洋。東口順昭。香川真司。乾貴士。小林祐希。鎌田大地。安西幸輝。 】 | ホーム | コロンビア戦 【 結果は敗戦ではあったが、チームとしても個としても、きちんとした課題が出た、という意味では、収穫の多い強化試合になったのではないかと思う。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4354-44f22878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |