ボリビア戦選手評価 【 畠中槙之輔。三浦弦太。シュミット・ダニエル。中島翔哉。南野拓実。堂安律。柴崎岳。佐々木翔。鈴木武蔵。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2019年3月26日
結果 :日本代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:中島翔哉




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          鎌田大地
MF  乾貴士     香川真司    宇佐美貴史
MF       小林祐希  橋本拳人
DF  安西幸輝 畠中槙之輔 三浦弦太 西大伍
GK       シュミット・ダニエル

FW          鈴木武蔵
MF  中島翔哉    南野拓実    堂安律
MF       柴崎岳   橋本拳人
DF  佐々木翔 畠中槙之輔 三浦弦太 西大伍
GK       シュミット・ダニエル


畠中槙之輔
三浦弦太

どちらの選手も良いパフォーマンスだったと思う。特に、J1でもまだ出場数が少なく、代表でも初招集で初出場だった畠中は、それを考えると良いパフォーマンスだったのではないだろうか。畠中はアグレッシブさと冷静さを併せ持った良い選手だと感じた。そういう意味では、森保監督のJリーグ組の選考の精度は高いと感じていて、そこは日本人監督ならではなのかなと思う。ただ、三浦に関しては、コロンビア戦でも見てみたかった。それは、吉田、昌子、そして、冨安、という3人ともう1人、4人目をどうするのか、という事については、ボリビア戦だけでは、データ的には不足感があったので。


シュミット・ダニエル

東口でも権田でもそうだが、やはり、シュミット・ダニエルでも、決め手に欠ける感があるのは否めない。権田はアジアカップで不安定なところもあったが、やはり、アジアカップと親善試合では違うし、東口とシュミット・ダニエルは、今回の親善試合では大きなマイナスは無かったが、大きなプラスも無かったので、中村も含め、現状の日本のGKは横一線感が強く、尚且つ、そのレベルは世界のトップレベルからは1つ2つ落ちるので、とても難しいところ。しかし、そういう意味では、南米選手権で活躍できたとしたら、その評価は一気に上がると思うので、誰がそのチャンスを掴むのか注目したい。


中島翔哉
南野拓実

得点を取れる事の価値。やはり、その大きさ、という事だと思う。相変わらず日本は、シュートを強引に打つ、特に個の力だけでそうしようとする、という事に対して、結果を伴わないと大きく批判する傾向があり、そこがとても残念に思う。やはり、失敗してもそういう事にトライし続けなければ、そういう事はできるようにならないわけで、その能力は高められないわけで、そこに対しての日本人の意識は大きく変わっていただきたい。もちろん、そうする事が何でもオーケーとか、それがあれば他の能力は関係無いとか、そういう極端に走ってはいけないが、サッカーの本質は得点を取り合う事なので。


堂安律

左利きという事もあり、右サイドでは、なかなか縦にはスピードでは突破できない、という事に対して、そこを技術力や縦に動くタイミングやボールの受け方の工夫で、どうやって解決するのか、という事が、1つの鍵になってくると思う。それから、PA内やサイドから中へ切り込んでのシュート、という事に関しても、シュートモーションを速めるとか、シュートに至るまでのプレーの良さを上げるとか、そこが鍵になってくると思う。最近は久保建英の成長も著しく、東京五輪でも東京五輪後でも、その久保がライバルになってくると思うから、まだ20歳だから、という事での安心はしていられない。


柴崎岳

ヘタフェでは、メンバーが固まってしまっていて、そのメンバーで良い成績でもあるし、出番が与えられた時も、あまり良いプレーができなかった、良いインパクトを残せなかった、という事により、アジアカップ後もベンチ外が続いてしまっているが、代表では良いパフォーマンスを維持しているし、それから、すごく意識の高さも感じるので、それがクラブでも発揮されてくれば、とは思う。縦パスの意識とか縦に出て行く意識とかは、以前よりも更に高くなり、そのアグレッシブさは良いと思う。ただ、それが守備の穴にはならないよう、カウンターの逆起点にはならないよう、そこは意識して欲しい。


佐々木翔

ベテランらしい安定感が発揮された2試合だったかと。森保ジャパンでは継続的に選ばれているので、だいぶ慣れてきたのかなと。しかし、ベテランで守備に持ち味がある、CBも左SBもできる選手としては、佐々木の他に槙野と塩谷もいるので、若い選手たちとだけではなく、そことの競争もあるから、今回の2試合のパフォーマンスを最低限として、更に良くなる必要はあると思う。そういう意味では、簡単に裏を取られてしまう事があるなど、まだ守備でも改善点はあるし、アーリークロスやサイドチェンジのパスやビルドアップなど、そういう部分での攻撃への貢献度というのは上げてもらいたい。


鈴木武蔵

左サイドからのアーリークロス気味のボールをファーサイドで、という1つの形は見えたが、その形でも決定力は欠いたし、という事では、ヘディングの技術力も含め、総合的な技術力はまだ低いと思うし、ハーフスペースを使ってボールを受けるとか、短い距離の中で相手のDFラインの裏を取る動き、そして、そこからのシュートとか、多くの課題が見つかったと思う。日本のスピード系のCFというのは、とにかく技術力不足の選手が多くて、まずはそこだと思う。Jリーグでは、それでも身体能力でやっていけてしまうところがあるが、代表、特にフル代表では、それでは厳しくなってしまうと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/03/29 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<コロンビア戦とボリビア戦にあった2つの有意義な事。 | ホーム | ボリビア戦選手評価 【 鎌田大地。香川真司。乾貴士。宇佐美貴史。小林祐希。橋本拳人。安西幸輝。西大伍。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4359-9e85a58f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |