フランス戦(女子) 【 とにかく一歩でも半歩でも、という事をやるだけ。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2019年4月5日
結果 :フランス代表勝利
スコア:「1-3」
得点者:ゴーバン 小林里歌子 ルソメ ディアニ




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW       小林里歌子 横山久美
MF  長谷川唯            中島依美
MF       杉田妃和  三浦成美
DF  鮫島彩  南萌華   熊谷紗希 清水梨紗
GK         山下杏也加

FW       植木理子  菅澤優衣香
MF 小林里歌子            宮澤ひなた
MF       杉田妃和  三浦成美
DF  鮫島彩  南萌華   熊谷紗希 宮川麻都
GK         山下杏也加


パワーやスピードがある相手に対し、最初から低い位置で構えず、ある程度は守備位置の高さを保ちながら、カウンターを受けたり、DFラインの裏を取られてシュートまで、というのは3失点目のシーン以外には無かったと思うので、方法としての守り方の悪さは無かったと思う。従って、パワーやスピードがある相手に対してどう守るのか、という部分については、方法については良くなっていると思うのだが、やはり、もう1つの課題である、ボールホルダーやシュートを打つ相手選手に対し、あと一歩でも半歩でも詰める、寄せる、という部分に関しては、まだまだできていないので、という事だと思う。

とにかく、パワーやスピードがある相手に対しては、カウンターをさせてはいけない、それから、DFラインの裏を取られて、そのままシュートまで、あるいは、数的不利の状態をゴール前で作られたり、CBが自陣ゴール方向へ走りながらの対応になるような攻撃はさせてはならない、という事と、これは相手がどうであろうと、という事ではあるが、当然、ボールホルダーやシュートを打つ相手選手に対しては、しっかりと詰める、寄せる、という事ができていないと失点は減らせない。特に強豪国に対しては、それで失点を1失点以下にする、そして、2得点や3得点して勝つ、という事を目指すしかない。

というのは、今のなでしこジャパンというのは、攻撃的なサッカーやポゼッションサッカーをやらずに、やや守備的だったり堅守カウンターのサッカーをやっても、どこが相手でも2得点や3得点できるだけのポテンシャルが攻撃にはあるからで、1失点ぐらいで粘って戦う事ができれば、勝率や引き分けられる率は、かなり高くなると思うから。そういう意味では、この試合はいつもと比べて攻撃が精彩を欠いていたと思うわけで、特に個での輝きというのが、いつもより鈍かったと思う。これまでように、長谷川を中央に置いた「4-2-3-1」にしていた時間帯もあったのだが、それも功を奏さなかった。

攻撃は、まずは個で輝きを見せ、そして、連携で形を作り、最後もまた個の決定力で、というのが高倉ジャパンの攻撃であり、それは高倉ジャパンではなくても、どこのチームであろうと、それが無いチームの攻撃は高い威力を持たないわけで、守備はボールホルダーやシュートを打つ相手選手に対してしっかりと詰める、寄せる、そして、攻撃は個で違いを見せるところ、そこを修正、あるいは、より成長させてもらいたい。高倉ジャパンは、戦い方については、もう既に完成に近くなっていて、後は個でより力を発揮する選手をセレクトする、その選手たちをより成長させる、という事だけになっているので。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/04/06 11:39】 | なでしこジャパン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ヴィッセル神戸とイニエスタについて。 | ホーム | 【 乾貴士 】 強豪との2試合で完全に力不足が露呈。 【 セビージャ vs アラベス 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4367-b595927d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |