【 乾貴士 】 代表後の試合では苦しんでいる。 【 アラベス vs レガネス 】
試合 :リーガ・エスパニョーラ 第31節
開催日:2019年4月7日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:カジェリ(PK) ジョナタン・シウバ




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 アラベス 】

FW ボルハ・バストン カジェリ
MF ジョニー マヌ・ガルシア ピナ 乾貴士
DF ドゥアルテ エリー ラグアルディア マルティン
GK パチェコ

FW カジェリ
MF シモ・ナヴァーロ マヌ・ガルシア ワカソ トゥウマジ
MF ピナ
DF ドゥアルテ エリー ラグアルディア マルティン
GK パチェコ


レガネスは「5-3-2」、アラベスは「4-4-2」、という事で、この構図の試合は何回かあったわけだが、「4-2-1-3」にして嵌め込むのか、システム的なミスマッチを無視して殴り合いをするのか、その逆、システム的なミスマッチを気にして守備的に戦うのか、という事では、システム的なミスマッチを気にして守備的に戦う、をアラベスは選択したのではないだろうか。ちなみに、ベティスであればシステム的なミスマッチを無視して殴り合いをする、エイバルであれば「4-2-1-3」にして嵌め込む、という戦い方を選択するような気がするのだが、そういう色があるのは面白いと思う。

という事で、システム的なミスマッチを気にして守備的に戦う、をアラベスは選択したので、当然、乾とジョニーのSHも低い位置で守備をする事になるのだが、しかしやはり、攻撃に上手く転じるためには、なるべく下がりたくない、という事が乾とジョニーにはあり、乾は後半34分、ジョニーは後半44分までプレーしたが、結局、それはなかなかできず、そうなると、2トップの起点となる力が弱いアラベスは攻撃の機能性を大きく失い、という試合だった。交代となった時の乾の表情などを見ても、満足できるようなプレーは全くできずに不完全燃焼で、という感じで、代表後の試合では苦しんでいる。

それでも試合としては、運良く前半18分にPKを獲得して先制点を奪えた、そして、そのまま1点のリードで試合の終盤まで進んだので、アラベスは逃げ切ろうとしたのだが、後半48分、おそらくあれはクロスだったと思うのだが、それがアラベスのゴールに吸い込まれ、結果はスコア「1-1」の引き分けで終了となった。ただ、内容的には、互角もしくはレガネスの方が少し上回っていたので、引き分けも仕方なかったような気はするし、とりあえず、これで連敗は止めたので、後味は悪かったが、乾もチームもネガティブになり過ぎずに切り替えて、次節のエスパニョールとの試合を戦ってもらいたい。

ただ、代表後の乾を見ていると、やや動きが重くなったような感じがする、ややインテンシティが低くなったような感じがするので、そういう意味でも、どうしても必要な時以外は、乾は代表に招集しない方が良いのかなとも思うし、原口と乾は交互に招集して使う、という事でも良いのではないだろうか。かなりハノーファーは苦しい状態で、その可能性は高いと思うのだが、降格となった時に原口はどうするのか、という事になってくると思うから、原口についても代表の招集には難しさが生まれてきているのだが、守備面を考えると乾もしくは原口のどちらかは必要だと思うので、やはり、交互が良いかと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/04/08 11:39】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<本当にメッシとスアレスは半端ない。 【 バルセロナ vs A・マドリード 】 | ホーム | ヴィッセル神戸とイニエスタについて。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4369-af598db2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |