ドイツ戦(女子) 【 成長なくしてW杯での良い結果は有りない。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2019年4月9日
結果 :引き分け
スコア:「2-2」
得点者:長谷川唯 ポップ 横山久美 フート




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW         菅澤優衣香
MF  遠藤純     長谷川唯    中島依美
MF       杉田妃和  三浦成美
DF  鮫島彩  南萌華   熊谷紗希 清水梨紗
GK          平尾知佳

FW       横山久美  小林里歌子
MF  長谷川唯            中島依美
MF       杉田妃和  三浦成美
DF  鮫島彩  南萌華   熊谷紗希 清水梨紗
GK          平尾知佳

FW       横山久美  植木理子
MF  長谷川唯            小林里歌子
MF       杉田妃和  猶本光
DF  鮫島彩  南萌華   熊谷紗希 宮川麻都
GK          平尾知佳


失点するまでは良い守備をしていたと思うのだが、マークの受け渡しの連携ミスから失点し、その後はそれで動揺してバタバタしてしまった事もそうだし、相手がギアを上げてきた時に耐えられなかった、という事では、肉体的にも精神的にも弱さが出てしまっていたかなと。2失点目はGK平尾のミスだったとも言えるが、しかし、平尾は何回もビッグセーブを見せ、それが無かったら、日本は4失点ぐらいしていてもおかしくなかった。なかなか、あと一歩でも半歩でも詰める、寄せる、という部分が良くならず、組織的には、あるいは、守り方としては良くても、そこが良くならないと失点は減らないかと。

そして攻撃は、前の選手たちの動きが少ない、足元から足元へのパスが多い、ワンタッチのプレーが少ない、シュートへの積極性が低い、という事で、2得点はしたが、どちらも相手GKのミスからであり、そういう意味で内容的には、スコア「0-4」で負け、ぐらいの差があったと思う。芝の影響もあったような感じだったが、それにも適応しなければならないし、ミスが多かった、というのも、前述したような悪さがあったからだと思うので、そこをきちんと本番までには改善してもらいたい。フランス戦よりボールを持てた、というのは、そこまでポジティブな要素だとは思わない。受動的な要素なので。

選手たちに思い出してもらいたいのは、2018年3月1日のアルガルベカップのグループステージ第1戦のスコア「2-6」で負けたオランダ戦で、もっと肉体的にも精神的にも強くならなければ、それから、前述したような守備や攻撃の悪さを改善できなければ、そういう試合をW杯でもやってしまい、大きな恥をかく可能性もあると思う。とにかく常に言っている事だが、結果よりも成長が重要であるし、また、成長なくしてW杯での良い結果は有りない、という事を、個々の選手たちがもっと意識するべきであると思う。何となく、今の実力のままでもやれるのではないか、という甘さが感じられるので。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/04/10 11:39】 | なでしこジャパン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<バルセロナは守備の時は「4-4-2」で攻撃の時は「4-3-3」になるようなシステムが機能している。 【 マンチェスター・U vs バルセロナ 】 | ホーム | 本当にメッシとスアレスは半端ない。 【 バルセロナ vs A・マドリード 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4372-964d8761
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |