イニエスタ不在でゴールは遠かったが問題はやはり守備面。 【 浦和レッズ vs ヴィッセル神戸 】
試合 :J1リーグ 第8節
開催日:2019年4月20日
結果 :浦和レッズ勝利
スコア:「1-0」
得点者:興梠慎三(PK)




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 浦和レッズ 】

FW 興梠慎三
MF 柏木陽介 青木拓矢 エヴェルトン 武藤雄樹
DF 山中亮輔 槙野智章 マウリシオ 森脇良太 橋岡大樹
GK 西川周作

FW 興梠慎三
MF マルティノス 青木拓矢 長澤和輝 武藤雄樹
DF 山中亮輔 槙野智章 マウリシオ 森脇良太 宇賀神友弥
GK 西川周作


カウンターで戦える展開になれば、それはオリヴェイラ監督のサッカーの得意とするところになると思うが、それとプラスして、守備では前線からプレスをかける、攻撃では対角線の大きなサイドチェンジを、という事ができるとオリヴェイラ監督のサッカーが完成に近づくと思うのだが、「5-4-1」だと前線が1枚なのでハイプレスはあまりかけられない、「3-4-2-1」だとハイプレスはかけられるが守備ブロックの枚数は1枚減る、という事になりがちなので、「5-4-1」を使うのであれば、基本形は「5-4-1」であるが、完全に退かされてしまった場合を除き、「4-4-2」になって戦う、という戦い方をするのが良いと思うのだが、その鍵を握るのはSHとSBで、左右どちらのSHがよりシャドウまたはFWのようにプレーするのか、そして、左右どちらのSBがよりSHのようにプレーするのか、という事が重要になってくるのではないだろうか。


【 ヴィッセル神戸 】

FW ウェリントン
MF 古橋亨梧 ポドルスキ 小川慶治朗
MF サンペール 山口蛍
DF 三原雅俊 大崎玲央 ダンクレー 西大伍
GK キム・スンギュ

FW 田中順也 ウェリントン
MF 古橋亨梧 サンペール 山口蛍 増山朝陽
DF 初瀬亮 大崎玲央 ダンクレー 西大伍
GK キム・スンギュ


ビジャとイニエスタ、特にイニエスタが不在だったので、攻撃力(得点力)が低かったのは仕方なかったと思う。従って、無得点1失点ではあったが、やはり問題は守備の方で、「4-4-2」や「4-2-3-1」や「4-1-2-3」であると、どうしてもSHや「4-1-2-3」の「2」の位置に配置したポドルスキとイニエスタが守備面の弱さにつながってしまうので、それを考えた場合、「3-4-2-1」にするのが、最もベターな形になるような気がする。つまり、2シャドウのところにポドルスキとイニエスタ、という布陣。結局、ポゼッションサッカーをする場合には、4バックのシステムでも、マイボールの時は2バックや3バックの形になるし、個のミスや悪いプレーからの失点というのは、システムが云々で解決できる問題ではないので。結局、システム的な部分で解決できるのは、バランスを整える、という事だけであると言っても過言ではないので。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/04/21 11:39】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 柴崎岳 】 久々のスタメン出場で3点目の起点にはなったが・・・。 【 ヘタフェ vs セビージャ 】 | ホーム | 【 乾貴士 】 チームも乾も良いリズムを失っている。 【 アラベス vs バリャドリッド 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4383-3de46ccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |