【 柴崎岳 】 ヘタフェも柴崎も足踏み。 【 R・ソシエダ vs ヘタフェ 】
試合 :リーガ・エスパニョーラ 第35節
開催日:2019年4月28日
結果 :R・ソシエダ勝利
スコア:「2-1」
得点者:ウィリアン・ホセ(PK) オイアルザバル サミュエル・サイズ




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ヘタフェ 】

FW ウーゴ・ドゥーロ ハイメ・マタ
MF マティアス・オリベラ マクシモビッチ フラミニ 柴崎岳
DF カブレラ ミケル ジェネ D・スアレス
GK ソリア


ターンオーバーで再びスタメンのチャンスが巡ってきた柴崎。
その柴崎もきちんと守備のタスクをこなしながら、
「4-4-2」の守備ブロックでしっかりと守っていたヘタフェだったが、
前半21分、PKを取られてしまい失点。


FW ウーゴ・ドゥーロ モリーナ
MF ハイメ・マタ マクシモビッチ フラミニ 柴崎岳
DF マティアス・オリベラ カブレラ ジェネ D・スアレス
GK ソリア


という事で、ここで勝点を1つでも積み上げておきたいヘタフェは、
前半の終了を待たず、前半44分にCBのミケルとの交代でFWのモリーナを投入。


FW アンヘル モリーナ
MF 柴崎岳 マクシモビッチ フラミニ ハイメ・マタ
DF マティアス・オリベラ カブレラ ジェネ D・スアレス
GK ソリア


更には、後半のスタートからウーゴ・ドゥーロとの交代でアンヘルを入れ、
SHも柴崎とハイメ・マタの左右を入れ替えて、という事だったのだが、
後半8分、柴崎とマティアス・オリベラになっていた左サイドから攻められて再び失点。


FW アンヘル モリーナ
MF サミュエル・サイズ マクシモビッチ 柴崎岳 ハイメ・マタ
DF マティアス・オリベラ カブレラ ジェネ D・スアレス
GK ソリア


これで2点のビハインドとなってしまったヘタフェは、
後半17分、ボランチのフラミニとの交代でサミュエル・サイズを入れ、
柴崎をボランチにして更に攻撃敵に。

そして、攻めてはいたのだが、なかなか得点は取れない状況が続き、
ハイメ・マタが倒されたシーンもPKを取ってもらえず、
後半44分、サミュエル・サイズの得点で1点は返す事ができたが、
試合はスコア「2-1」で終了、ヘタフェの敗戦に終わった。

この試合は、かなり審判の判定がR・ソシエダ寄りで、
そうではなかったら引き分けぐらいにはできたと思うので、
ヘタフェとしては、かなり悔しい試合だったと思う。


柴崎については、スタメン、そして、フル出場となり、
後半17分からはボランチでもプレーしたが、
何回か良いロングフィードは見せたものの、
または、セットプレーでも良いキックはあったものの、
得点につながるようなプレーはできなかった。

また、やはり守備面では弱さを見せてしまい、
特にボランチとしては、かなり厳しかったと言えると思う。
ただ、まずは自分の良さを発揮するべき、
という事もそうだし、この試合では守備に目を瞑っても攻撃で、
特にボランチになってからはそうだったと思うので、
やはり、守備面よりも攻撃面であまり貢献できなかった事が、
一番の問題点だったと言えると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/04/29 11:39】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<柴崎岳(日本人選手)がリーガ・エスパニョーラ(トップレベルのリーグ)で活躍できない理由。 | ホーム | 【 乾貴士 】 乾は後半37分からの途中出場で決定的なチャンスを作る。アラベスが悪循環に陥っている原因とそこからの脱出方法について。 【 A・ビルバオ vs アラベス 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4390-c85cc3bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |