柴崎岳(日本人選手)がリーガ・エスパニョーラ(トップレベルのリーグ)で活躍できない理由。
日本人選手がリーガ・エスパニョーラであまり活躍できない理由は1対1が弱いから。基本的には、どこの国や地域のサッカーだったとしても、1対1で弱い選手は活躍できない、というのは変わらないと思うが、特にリーガ・エスパニョーラでの攻撃というのは、まずは個で剥がす、突破する、かわす、キープする、という事があって、それをスイッチに攻撃がスタートする、もしくは、それを前提とした攻撃が行われる、という事が多く、まずパスが最初の選択肢である事が多い日本人選手は、あまりリーガ・エスパニョーラでは活躍できない。例外は乾だが、乾もまた、まずは個で剥がす、突破する、かわす、キープする、という事ができていない時には、十中八九で、活躍できないで終わる。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
もちろんそれは、前述もしたように、リーガ・エスパニョーラに限った事ではなく、香川が活躍できなくなってきたのは、そういう事ができなくなってきたからで、本田が欧州のトップリーグではあまり活躍できなかったのも、そこの力があまり通用しなかったからで、そして、岡崎がレスターでは黒子的な役割から脱出できなかったのも、そういう部分の能力がプレミアリーグのレベルでは足りなかったから。日本代表、または、日本のサッカーでは、そういう事を前提としていない、あくまでも個でやる部分は最終手段であり、まずはパスからスタートする、パスがスイッチとなる、という事を前提としている、つまりは、そういう共通認識があるので活躍できる、特に今ならば柴崎がそうだと思うのだが、やはり、そうではないリーガ・エスパニョーラでは活躍が難しい、という事。

また、そうである事は、守備面でも日本人選手を難しくしていて、スペースを埋めるだけの守備、もしくは、軽く寄せるだけの守備では全く守備にならないし、まずは相手は抜こうとしてくる、かわそうとしてくる、少しぐらい難しい状況でも強引に仕掛けてきたりするので、1対1に弱い日本人選手はそれで簡単にやられてしまったり、またそうなると、例えば柴崎なら、柴崎のところが守備の穴として完全に狙われてしまう。そして、守備というのは、良い守備もあった、という事は大きな評価として値せず、当然、1つでも悪い守備があり、それが失点や相手の大きなチャンスにつながってしまった場合には、その選手の守備は良かったとは評価されない。逆に、攻撃は、10回の内の9回失敗しても、1回でも成功して得点や大きなチャンスにつながればオーケー、という事を考えれば理解できるはず。但し、10回もその機会が訪れるのか、という事は攻撃にはある。

いくら集団で攻撃も守備も行っても、必ず1対1となる局面は訪れるので、そこのレベルアップ無くして日本人選手や日本のサッカーの前進は有り得ない。当然、日本人選手のトップレベルのリーグでの活躍も有り得ない。日本代表がW杯でトーナメント・ステージ1回戦の壁を破るためにも、柴崎がリーガ・エスパニョーラで活躍するたにも、1対1で強くなる、という事からは逃げられない。もちろん、リオ年代ぐらいからは、そのあたりの意識は高まっていて、南野や中島を筆頭に、東京五輪世代でも堂安、その更に下の世代では久保建英とか、あるいは守備的なポジションの選手でも、1対1のレベルアップは成されていっていると思う。但し、そういう選手たちも、まだトップレベルのリーグで通用するのかはわからない。平成は右肩上がりにレベルアップしてきた日本のサッカーだが、やはり、令和時代は、より高い壁へのチャレンジであり、それだけ難しくなる。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/04/30 11:39】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今季のCLで旋風を巻き起こしているアヤックスがアウェイで先勝。 【 トッテナム vs アヤックス 】 | ホーム | 【 柴崎岳 】 ヘタフェも柴崎も足踏み。 【 R・ソシエダ vs ヘタフェ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4391-ab6e9922
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |