【 長谷部誠 】 中盤起用、アンカーの位置で苦しんだ長谷部。 【 フランクフルト vs チェルシー 】
試合 :EL 準決勝 1st.leg
開催日:2019年5月2日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:ヨビッチ ペドロ




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 フランクフルト 】

FW ヨビッチ ガチノビッチ
MF コスティチ ロデ フェルナンデス ダ・コスタ
MF 長谷部誠
DF ファレット ヒンテレッガー アブラハム
GK トラップ

FW ヨビッチ パシエンシア
MF コスティチ ロデ ウィレムス ダ・コスタ
MF 長谷部誠
DF ファレット ヒンテレッガー アブラハム
GK トラップ


試合の入りは良くて、コスティチからのクロスにヨビッチ、という形で幸先良く先制点を奪えたのだが、少しずつ地力の差というのか、フランクフルトの中盤中央の3枚であるロデとフェルナンデスと長谷部、チェルシーの中盤中央の3枚であるロフタス・チークとカンテとジョルジーニョ、そこの攻守でフランクフルトには力負けがあり、それで厳しくなっていくと、前半45分、ペドロに決められてしまい失点。後半になってもその状態は続き、残りの10分間以外は、ほぼチェルシーが攻める展開で、むしろ、スコア「1-1」の引き分けという結果は、内容から考えると悪くない結果だったと言えると思う。

長谷部は、3CBの中央ではなく中盤の底でプレーするアンカーだったが、やはり、中盤では厳しい感じだった。CBでプレーする時よりも、狭い空間で激しいプレスを受けるし、DFラインまで下がった時はともかく、中盤の位置でビルドアップに参加する時は後ろ向きでボールを受ける事が増えるので、それが故に苦しくなってしまう。ただ、守備については、長谷部も頑張って追い回していたが、動き過ぎていたような気がしていて、追い回してもダメな時には、むしろ、追い回さずに、しっかりとゾーンを埋める事に注力した方が良いと思う。特に長谷部はアンカーなので、動き過ぎると穴を作ってしまう。


【 チェルシー 】

FW ウィリアン ジルー ペドロ
MF ロフタス・チーク カンテ
MF ジョルジーニョ
DF エメルソン D・ルイス クリステンセン アスピリクエタ
GK アリサバラガ

FW アザール ジルー ペドロ
MF コヴァチッチ カンテ
MF ジョルジーニョ
DF エメルソン D・ルイス クリステンセン アスピリクエタ
GK アリサバラガ


攻撃は、なかなかジルーがボールを収められず、ウィリアンも単発的に良いドリブル突破を見せるぐらいだったので、やや苦しい感じもあったのだが、ペドロのシュート能力は流石だったし、中盤中央が攻守にフランクフルトを上回れていたので、それで試合の立ち上がり以外は主導権を握り続け、という感じだったのだが、ペドロは後半は消えてしまったし、途中投入のアザールもあまり良くなく、それが1得点だけに終わった大きな原因だったと思う。攻撃面で最も良いパフォーマンスを見せていたのはロフタス・チークで、そこまで疲労していたようには見えなかったし、交代させない方が良かったかと思う。

守備は、試合の立ち上がりがふわっとしてしまい、そこで失点してしまったのは勿体なかったと思うが、そこから後は良くなったと思う。ただ、D・ルイスとクリステンセンのCB2人は、やや不安定な感じもあったし、ウイングの守備にも不安が感じられた。スコア「1-1」の引き分けでも、チェルシーはアウェイゴールを1つ奪ったので有利な状況だが、次の試合、フランクフルトにアウェイゴールを1つでも奪われれば状況はイーブンになるから、もう少し守備を良くしたいところ。しかし、そこは守り方というよりも個のパフォーマンスの問題となっていたので、そういう意味では難しさがあるのかなと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/05/03 11:39】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 大迫勇也 】 流れや形に拘り過ぎている。 【 ブレーメン vs ドルトムント 】 | ホーム | スアレスも半端ないが結局はメッシ。 【 バルセロナ vs リヴァプール 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4394-2e2a8f6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |