「FWを信じて守れ」「流動性」「あと一歩でも半歩でも」。
GK 池田咲紀子 山下杏也加 平尾知佳
DF 三宅史織 熊谷紗希 市瀬菜々 南萌華
DF 鮫島彩 清水梨紗 宮川麻都 宇津木瑠美
MF 阪口夢穂 三浦成美 杉田妃和
MF 籾木結花 長谷川唯 中島依美
FW 菅沢優衣香 岩渕真奈 横山久美 小林里歌子 植木理子 遠藤純




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
「FWを信じて守れ」「流動性」「あと一歩でも半歩でも」。
これがW杯を戦う高倉ジャパンの3つのキーワードになると思う。

「FWを信じて守れ」は戦い方のキーワード。
アジアカップ優勝、アジア大会優勝と、アジアでは強かった。
しかし、アジア外との試合では強さを見せられなかった。

その原因はハッキリしていて、守れなかったから。
そして、守れない一番の原因は、サイドを突破されてしまうから。
特に1対1のスピードでは完全に負けてしまう。

しかし、大きな問題は、サイドを突破されてしまう事ではない。
サイドには大外のサイドと内側のサイドがあり、その内側のサイド、
つまりは、ハーフスペースと呼ばれるエリアのサイド、
そこを狙われて突破されてしまうのが一番の問題だと言える。

従って、そこを突かれないためには、DFラインが横にコンパクトになり、
SBが常にハーフスペースを守っている必要があり、
という事は、大外のサイドはSHが担当しなければならない。

そして、そういう守り方を徹底する場合には、
どうしてもSHの攻撃参加は遅れがちになってしまうので、
攻撃は2トップへの依存度が高くなる。

しかし、だからと言ってそうしなければ守りきれないし、
それから、岩渕や横山を筆頭に、日本のFWは充分に力を持っているので、
それを信じて戦う事が良策になると思う。

「流動性」は攻撃のキーワード。
当然、日本の流れである時間帯や日本がポゼッションして攻める時もある。
それだけではなく、カウンターの時でも同じ。

そして、その時に重要のは「流動性」であり、
特にSH(2列目)とFWは、攻撃時にはポジションに縛られない方が良い。
誰がFWで誰がSH(2列目)である、という概念は、
攻撃の時にはあまり必要が無い。

やはり日本は機動力とコンビネーションを強味しなければならないから、
それを失わない攻撃を常に具現化するためには、
特にSH(2列目)とFWは流動的である事を常に意識した方が良いと思う。

「あと一歩でも半歩でも」は守備のキーワード。
高倉ジャパンがアジア外との試合で失点が多かった2つ目の原因は、
守備時の寄せの少しの甘さ、遅さ、というものがあったから。

どれだけ方法としての正しい守り方をしたとしても、
結局は、寄せの甘さ、遅さ、というものがあったら守りきれない。

ハーフスペースを守る方法は、ある程度は改善されながらも、
なかなかアジア外との試合で失点が減らなかったのは、
寄せの甘さ、遅さ、そこがほとんど改善されてこなかったから。

そして、身体能力で劣る場合、そこを良くするためには、
集中力と判断スピードを上げるしかない。
そこが上がれば運動量はあるので寄せの甘さや遅さは改善されるはず。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/05/11 16:15】 | なでしこジャパン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<様々な要素が様々なベクトルへ向かわないように集約させる。 【 サガン鳥栖 vs ガンバ大阪 】 | ホーム | 【 長谷部誠 】 胸を張れるベスト4。 【 チェルシー vs フランクフルト 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4400-f01c7da7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |