守備対応のコツ。
前回、「守備というのは、人とスペースに対応する、という事がコツであり、ボールに対応しようとすると上手く守れない」、と書いたが、もう1つ更に守備対応のコツを書くと、守備対応は一か八かをやってはいけない、という事。激しく、タイトに、という事と、次を考えずに飛び込んでしまう、というのは同じではない。所謂それが、空回りしている、という状態でもある。守備というのは、後ろ、裏を取られてはいけない、裏返されてはいけない、という事が大原則で、個としても組織としても、まずはそこが重要。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
しかし、そこだけを重視していると、相手との距離を取り過ぎてしまう、という問題が発生する。所謂、退き過ぎてしまっている状態や、相手に寄せられない状態になる、という事。最もリスクが高いのは、後ろ、裏を取られてしまう、裏返されてしまう、という事であるが、その次にリスクが高いのは、やはり、退き過ぎてしまっている、相手に寄せられない、という状態になる事。ちなみに、あと一歩でも半歩でも寄せる、詰める、というのは、根性論でも精神論でもなく、そうできるようになるための方法が存在する。

それが前回の「例えば、コースの読みが良い、というのは、人とスペースの位置を把握し、更には、ボールホルダーの動作や視線や傾向や相手チームの狙いなどから、どこの人もしくはスペースへパスを出そうとするのかを予想する能力が高い」という事と共通する部分で、例えば、クロスへの対応、もしくは、そこからセカンドボールへの対応、という時に、事前に人(相手)とスペースの位置を把握しておけば、出足のリアクションスピードが上がるので、あと一歩でも半歩でも寄せる、詰める、という事が実現される。

ただ、それでも、相手との距離を取り過ぎてしまっている状態では、いくらリアクションスピードが速くても寄せられない、という事にはなるし、更には、トップスピードの状態になった相手を止める事は困難なので、1対1の守備対応においても、なるべく近い距離で対応する、という事が重要で、相手がパスを出そうとしたら足を出せる位置、相手が抜こうとしてきてもトップスピードに入る前に対応できる位置、その距離感を早く掴む。そして、その距離感は相手によって違うので、という事が守備対応のコツの1つ。

また更には、相手を誘導する守備対応というのは、「人とスペースの位置を把握し、更には、ボールホルダーの動作や視線や傾向や相手チームの狙いなどから、どこの人もしくはスペースへパスを出そうとするのかを予想する」、という事と、「相手がパスを出そうとしたら足を出せる位置、相手が抜こうとしてきてもトップスピードに入る前に対応できる位置、その距離感を早く掴む」、という事と、その2つを同時に行う事で、その2つをミックスさせる事で実現できる技であり、それができたら、かなり優秀な守備者。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/05/23 11:39】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<エクアドル戦(Uー20) 【 大会中に試合を重ねて成長するチームが勝ち進む。 】 | ホーム | クロップのサッカーもグアルディオラのサッカーも、強さ、結果、という事を最終到達点とするならば、最終到達点の形は同質になる。>>
コメント
いつも、すぐに具体に落とし込める話でおもしろいです。
ちなみに、「かなり優秀な守備者」の具体例を挙げるとしたら、誰になるでしょうか?
あるいは、その選手が今シーズン1試合通じて高いパフォーマンスを発揮できたのはどの試合になるでしょうか?
【2019/05/23 12:10】 URL | metamog #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4411-320c3f0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |