エクアドル戦(Uー20) 【 大会中に試合を重ねて成長するチームが勝ち進む。 】
試合 :Uー20W杯 グループステージ 第1戦
開催日:2019年5月24日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:オウンゴール 山田康太




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW 斉藤光毅 田川亨介
MF 山田康太 伊藤洋輝 齊藤未月 郷家友太
DF 東俊希 小林友希 瀬古歩夢 菅原由勢
GK 若原智哉

FW 宮代大聖 田川亨介
MF 中村敬斗 伊藤洋輝 齊藤未月 西川潤
DF 東俊希 小林友希 瀬古歩夢 菅原由勢
GK 若原智哉


守備は、「4-4-2」でブロックを作ってしっかりセットできた時には、大きな問題は生まれてなかったと思う。しかし、相手のサイドの選手がゴリゴリと仕掛けてきた時には、競り負けてしまう事も多かったので、そこの1対1の強さは課題になったと思う。それから、カウンター、特に日本のCKからのカウンター、それでフル代表もロシアW杯のベルギー戦で痛い目にあったが、そこも課題の1つになったと思う。ちなみに、失点シーンは、GKのパンチングのミスだったので、そこも課題の1つになったと言える。

後半、流れが日本に傾いた要因は2つで、1つには、後半スタートから斉藤との交代で宮代が入り、前線に起点が生まれた事、それから、2つには、PKストップで2失点目を防いだ事。前半の日本の攻撃というのは、2トップにボールが収まらない、あるいは、2トップの仕掛けが成功しない、という事によって機能していなかったが、宮代はボールを収めて起点になる事ができていたので、それが日本の攻撃の機能性を高めた。そして、失点の原因となるミスもあったが、GK若原のPKストップは、とても大きかった。

初戦で、相手が南米王者だった事も考えれば、引き分けという結果は上々だったと思う。とにかく、勝ち進むチームというのは、大会中に試合を重ねて成長するチームなので、前述したような課題、1対1の強さ、カウンター、特に日本のCKからのカウンター、そして、個によるミスを減らす事、それらの課題をクリアする事に重きを置いてもらいたい。メンバーが変わっても、どこを改善するべきチームなのか、というのは、そこにあると見えたと思うので、結果や内容に一喜一憂せず、修正と改善で進んでもらいたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/05/24 11:39】 | ユース代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<気になるのは香川真司と中山雄太。 | ホーム | 守備対応のコツ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4412-92b7b03a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |