Uー20W杯 総括的な選手評価 体の強さやパワーのレベルアップが鍵。
宮代大聖

エクアドル戦では後半から入り前線でボールを収めて攻撃を機能させ、
メキシコ戦では2得点と活躍、韓国戦もパフォーマンスとしては悪くなかった。
ただ、競り合いや仕掛けの力はもっとレベルアップさせたい、
という印象はあり、そこが今後の鍵になると思う。


田川亨介

メキシコ戦では得点も取るなど一定の活躍はあったが、身体能力の高い日本の選手は、
ラインの抜け出し方、ボールの受け方、1対1の競り方、仕掛け方、技術力、など、
伸び悩む傾向が強いので、そうならないようにしてもらいたい。
また、怪我を繰り返さないためには、そういう部分の強化が必要だと思う。


韓国戦(Uー20) 【 テクニック的には優れているはずなのに、なぜそうなってしまうのか。やはり、そこを考えなければならない。 】 有料:100円




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
斉藤光毅

機動力で相手を掻き回す存在としては上々のパフォーマンスだった。
仕掛ける意欲の高さも評価できた。
但し、1つ1つのプレーの精度、そして、SHとしての守備力はまだ物足りない。
それから、怪我をしないためにも、体の強さは高める必要があると思う。


郷家友太

よく体を張れていたと思うが、とても強い、という感じではなかったし、
韓国戦のVARで取り消された得点の時のシュートはよく決めたと思うが、
エクアドル戦ではチャンスシーンでシュートを枠に飛ばせなかった。
従って、まだフィジカル的にも技術的にもレベルアップさせる必要があると思う。


中村敬斗

得点に繋がるような仕掛けや、シュートへの積極性は見せたが、
良い時と比べるとキレがなかったように思うし、決定力も欠いていた。
また、前へアタックする守備は良いと思うのだが、プレスバックが遅いのと、
細かい足技のテクニックがあるが故に、持ち過ぎてしまう感じもあった。


山田康太

守備にも攻撃にも貢献できている効いている存在だった。
一定水準以上の技術力と運動量と守備力を持ちつつ、
クレバーなプレーができる選手、というのが3試合で得たイメージだった。
ユーティリティ性を考えても将来に期待できる選手だと感じた。


西川潤

ボールが足に付いていない感じがあったし、
肉体的にも精神的にも弱さを感じた。
シュートへの積極性があったのは良かったが、
まだテクニック的にもパワー的にも力不足だったと思う。


齊藤未月

運動量とボール奪取力があり、ボールを持ち運べる力も見せていた。
しかし、パスのクオリティや展開力は、まだ低い感じだった。
パスは特に縦パスのクオリティ、そこを重点的に高めてもらいたい。
そこが将来の別れ道になってくる選手だと思う。


藤本寛也

このタイプの選手は、やはり、どうしてもパワー不足で苦しくなる傾向があり、
ボランチには守備力も必要であるし、そのためには体の強さも必要で、
またパワー不足は、より高いレベルでは攻撃面でも大きなマイナスになるから、
そのあたりの能力も伸ばせるのかが今後のポイントになると思う。


伊藤洋輝

トータル的、アベレージ的には悪くないパフォーマンスだったと思うが、
ボールを奪ってからの最初のパスのクオリティをもっと上げたい。
体格には恵まれているが、それを活かすための動き方や技術力、判断力、
という部分の能力を、更に1つも2つもレベルアップさせる必要があると思う。


鈴木冬一
東俊希

スピードやパワーでゴリゴリこない相手には、日本の選手は対応しやすいが、
フィジカル的に強かったり、ゴリゴリと仕掛けるドリブルとスピードがある相手には、
やはり、とても苦戦していたので、そういう相手への対応力を上げるのは必須。
攻撃面については、悪くはなかったと思うが、すごく良いという程でもなかった。


菅原由勢

4試合全てで、安定感のあるパフォーマンス、守備力を見せていたと思う。
韓国戦では失点に繋がるミスをしてしまったが、そこは成長の糧にするしかない。
それから、攻撃面では目立った良さは見られなかったので、
いかに攻撃でも良いプレーを見せるのか、という事にもトライしてもらいたい。


小林友希
瀬古歩夢

最近の日本には、CBに強さと安定感のある選手たちが増えてきたと感じる。
どの試合でも「4-4-2」の守備ブロックがしっかりできていたから、
という事も大きかったが、どちらのCBにも、特に大きな問題は感じなかった。
ラインコントロールについても、試合を重ねて良くなっていったと思う。


三國ケネディエブス

まだ慣れていない、という感じが特に最初は顕著だったし、
身体能力の高さでリカバリーできてはいたが、裏を取られるしまう回数も多く、
更には、身長は高いのだが、まだ体がペラペラで重心が不安定な感じがするので、
やはり三國については、しっかりとした体の強化が必要だと思う。


若原智哉

特に1対1となった時の対応力の高さとセービングの安定感は素晴らしかった。
ただ、この世代以上、または、この世代でも、もっと相手が強くなると、
1対1になった時のプレーの巧さやシュート力は1つも2つも上がると思うので、
常にそういう事は考えながら、より高いレベルを目指してもらいたい。


韓国戦(Uー20) 【 テクニック的には優れているはずなのに、なぜそうなってしまうのか。やはり、そこを考えなければならない。 】 有料:100円





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/06/08 00:15】 | ユース代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ポルトガル戦(Uー22) 【 対策されて苦しくなり敗戦。 】 | ホーム | 選手評価 トリニダード・トバゴ戦 【 大迫勇也。中島翔哉。堂安律。柴崎岳。守田英正。長友佑都。酒井宏樹。畠中槙之輔。昌子源。冨安健洋。シュミット・ダニエル。南野拓実。伊東純也。原口元気。室屋成。小林祐希。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4427-93cf26b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |