ポルトガル戦(Uー22) 【 対策されて苦しくなり敗戦。 】
試合 :トゥーロン国際大会 グループステージ 第3戦
開催日:2019年6月7日
結果 :ポルトガル代表勝利
スコア:「0-1」
得点者:エムバロ

選手評価 ポルトガル戦(Uー22) 【 小松蓮。伊藤達哉。神谷優太。松岡大起。田中碧。舩木翔。長沼洋一。田中駿汰。岡崎慎。大南拓磨。波多野豪。小川航基。岩崎悠人。旗手怜央。 】 有料:100円




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW 小松蓮
MF 伊藤達哉 神谷優太
MF 舩木翔 松岡大起 田中碧 長沼洋一
DF 田中駿汰 岡崎慎 大南拓磨
GK 波多野豪

FW 小川航基
MF 伊藤達哉 岩崎悠人
MF 舩木翔 松岡大起 田中碧 長沼洋一
DF 田中駿汰 岡崎慎 大南拓磨
GK 波多野豪

FW 小川航基 旗手怜央
MF 舩木翔 伊藤達哉 岩崎悠人 長沼洋一
MF 田中碧
DF 田中駿汰 岡崎慎 大南拓磨
GK 波多野豪


チリ戦の記事で、タイトルにもしたが、「ここまで日本が良いと、次戦からは対策される可能性もあると思う」、という事が、やはりあったと思う。ポルトガルはU-19で、日本は2連勝、チリ戦では6得点も奪ったので、まずはしっかりと守備、という事でポルトガルは戦っていたし、日本は1トップ+2シャドウ、つまり、中央に集まった3トップのような感じなので、ポルトガルの4バックはキュッと横幅をコンパクトにして、そして、日本のWBにはウイングがしっかりと対応する、という事により、最終的な局面で数的不利を起こさない、スペースも作らない、という事で日本の攻撃を封じ込めていた。

それから、日本はGKから丁寧に繋ぐビルドアップをするので、できる時には前からプレスを仕掛けたり、チリ戦の日本はシャドウにバシッと縦パスを入れる攻撃から得点を積み重ねたので、それはやらせない、という意識も高く持っていたと思うし、とにかくやはり、かなりポルトガルは対策をしてきていたと思う。そうなってくると、日本としては、厳しい局面を個の力で打開するか、システムを変えて相手の対策を無効化するか、という事だったのだが、個の力で、という部分では、小松との交代で小川を入れ、その小川は小松よりも攻撃の起点になれていたので、そこからは少し攻撃の機能性を高められた。

しかし、当然、今回のチームは、急造的な部分もあったし、オプションとしての違うシステム、という事をやるのは難しかったと思うので、終盤には「3-4-2-1」から「3-1-4-2」に変えた、という事はあったが、やはり基本的には、どちらも同質のシステムであるから、システム変更で相手の対策を無効化させる、という事まではできず、結局は、終盤にスピードのあるウイングを入れて、日本のWBの裏、サイドのスペースから走り込んで日本の3バックの裏を取る、というポルトガルの狙い通りの攻撃で、日本は後半40分に失点して敗れた。そういう意味では、対策される可能性は高いと予想できたので、あくまでも勝ちに拘るのであれば、その対策への対策は必要だったと言える。

やはり、個としてもそうだが、活躍すると対策されて難しくなる、という事は往々にして起こる事で、逆に言えば、対策されなければ、すごくイージーになるわけだが、勝ち続ける、あるいは、活躍し続けるためには、対策されても、それでも無効化されないぐらいの力を持つか、その対策への対策を用意して戦うか、という事が必要であり、今回のポルトガル戦は、個としてもチームとしても、そこが試された試合だったと思うのだが、残念ながら、それができなかった、個としてもチームとしても、という試合だったと言える。ただ、そこを学べた機会にはなったと思うので、それを成長の糧にしてもらいたい。

選手評価 ポルトガル戦(Uー22) 【 小松蓮。伊藤達哉。神谷優太。松岡大起。田中碧。舩木翔。長沼洋一。田中駿汰。岡崎慎。大南拓磨。波多野豪。小川航基。岩崎悠人。旗手怜央。 】 有料:100円





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/06/08 11:39】 | 東京五輪日本代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<5つのチェックポイント。森保監督の3バックのシステム。 | ホーム | Uー20W杯 総括的な選手評価 体の強さやパワーのレベルアップが鍵。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4428-80b4f28f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |