5つのチェックポイント。森保監督の3バックのシステム。
1つには、攻撃時にWBが、どれだけ高い位置を取れているかどうか。但し、正確に言えば、どれだけ良いポジショニングができているかどうか、であり、3バックのシステムのメリットとしては、ピッチの横幅を広く使ったビルドアップができる、という事が1つで、また、ポゼッション力を高めるにおいても、大外のサイドの選手が起点となる、そこがボールの収めどころになる、という事は重要なポイントで、張っていたり、もしくは、良きタイミングで上がれるポジショニングなのか、という事がチェックポイント。

選手評価 ポルトガル戦(Uー22) 【 小松蓮。伊藤達哉。神谷優太。松岡大起。田中碧。舩木翔。長沼洋一。田中駿汰。岡崎慎。大南拓磨。波多野豪。小川航基。岩崎悠人。旗手怜央。 】 有料:100円




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
2つには、そのWBが、個での突破や自らが得点を取る動きもできているかどうか。特に逆サイドから逆サイドへと大きく振った時には、WBが大きなスペースでボールを受けられたり、相手と1対1の状況でボールを受けられたり、という事が多くなるので、そこでのWBの個での突破力は重要なポイントであるし、それだけではなく、その突破からや、大外ではなくPA内で逆サイドからのボールを受ける動きもして、つまり、自らが得点を取る動きもできているかどうか、という事も重要で、そこもチェックポイント。

3つには、1トップと2シャドウ、そこの連携が良いかどうか。今はまだ、「4-2-3-1」から「3-4-2-1」へと変わるにおいて、FWと2列目が中央に集まった時に、そこでの枚数が1枚減っている状態、という事に適応できていないと思うのだが、やはり、「3-4-2-1」での攻撃については、ポゼッション時にしろカウンター時にしろ、1トップと2シャドウの3枚だけによる攻撃力、そして、それを生み出すための連携力というのは重要なポイントで、組み合わせも含めて、そこもチェックポイント。

4つには、CBも攻撃参加の意識を高く持ち、尚且つ、そこについて効果的なプレーができているかどうか。前に出て守備をしてショートカウンター的な攻撃を狙う、という事も含めて、ビルドアップの時にボールを持って上がるとか、サイド攻撃に参加するとか、場合によっては自分がシュートを打つところまでのイメージも持って、という事が3人のCBの選手たちにも必要であり、また、そこについて個としてもチームとしても効果的なプレーができているか、という事は重要なポイントで、そこもチェックポイント。

5つには、効果的なビルドアップができているかどうか。2WB、2ボランチ、3CB、そして、GK、その8人によるビルドアップで、しっかりと1トップと2シャドウに良い形でボールを渡せているのか、それから、相手がハイプレスをしてきた時に、それをかわす事ができているのか、もしくは、リスクが高いと判断したら、シンプルに前へ蹴る判断ができているのか、という事も重要なポイントで、ここは西野ジャパンからの継続性もある部分であるし、メリットをデメリットにしないためにも、チェックポイント。

選手評価 ポルトガル戦(Uー22) 【 小松蓮。伊藤達哉。神谷優太。松岡大起。田中碧。舩木翔。長沼洋一。田中駿汰。岡崎慎。大南拓磨。波多野豪。小川航基。岩崎悠人。旗手怜央。 】 有料:100円





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/06/09 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<エルサルバドル戦 【 この試合の「3-4-2-1」の評価は70から80点ぐらいの高評価。 】 | ホーム | ポルトガル戦(Uー22) 【 対策されて苦しくなり敗戦。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4429-5dcf0288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |