スコットランド戦(女子) 【 アルゼンチン戦と比べ、多くの要素で良くなっていたと思う。しかし、ミスを減らすなど、まだまだ良くしていかなければならない。 】
試合 :W杯 グループステージ 第2戦
開催日:2019年6月14日
結果 :日本代表勝利
スコア:「2-1」
得点者:岩渕真奈 菅澤優衣香(PK) クレランド

なぜ森保監督は3バックでも4バックも基本的なやり方は変わらないと言うのか? ではなぜ3バックを使うのか? 有料:100円:サポートもお願いします!

選手評価 メキシコ戦(Uー22) 【 旗手怜央。神谷優太。岩崎悠人。相馬勇紀。川井歩。高宇洋。田中碧。椎橋慧也。田中駿汰。岡崎慎。大南拓磨。オビ・パウエルオビンナ。小川航基。長沼洋一。 】 有料:100円:サポートもお願いします!




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW 岩渕真奈 菅澤優衣香
MF 遠藤純 三浦成美 杉田妃和 中島依美
DF 鮫島彩 市瀬菜々 熊谷紗希 清水梨紗
GK 山下杏也加

FW 小林里歌子 菅澤優衣香
MF 長谷川唯 三浦成美 杉田妃和 岩渕真奈
DF 鮫島彩 市瀬菜々 熊谷紗希 清水梨紗
GK 山下杏也加


アルゼンチンのような極端に守備的な戦い方をスコットランドはしてこなかったので、そこは日本にとっては良かったと思う。日本に引き分け、第3戦のアルゼンチン戦で勝点3を取って、勝点4での勝ち抜けを狙う、というプランでもスコットランドは良かったと思うので。もちろん、アルゼンチン戦と比べて、日本が良くなっていた要素も多く有り、ワンタッチプレーが増えていたし、サイドからサイドへと大きく動かすようなパス回しも増えていたし、そして、1点目も2点目も、浮き球、上の空間というコースを使った鮫島や清水のPA内へと入れるパスから生まれていて、とても良かったと言えると思う。

それから、1点目の岩渕のシュート然り、他の選手たちにしても、シュートを積極的に打つ意欲も高くなっていたし、難易度の高い場面でのドリブルも少なく、また、CBのボールの持ち出しもあったし、やはり、アルゼンチン戦と比べ、多くの要素で良くなっていたと思う。やはり、どれだけ勝ちたいという気持ちが強くても、前回の記事で指摘したような要素を良くしないと、なかなか勝利には近づけなくて、そういう事がしっかりとできたうえでの、最後は気持ちである、という事であるから、初戦のアルゼンチン戦は特殊な状況ではあったが、こうやって修正や改善を繰り返しながら戦い続けてもらいたい。


岩渕真奈
菅澤優衣香
小林里歌子

素晴らしいシュートで先制点を奪う大きな仕事をした岩渕だが、ミスも多かったし、スタミナ不足だった印象はあった。菅澤はとても良いパフォーマンスだったと思う。PKも冷静だった。後は、流れの中でシュートを打てるシーンを増やせれば、というところだと思う。そして、小林は、動きは悪くなかったし、強さを見せたシーンもあったが、シュートを打てるシーンで打たなかったり、やや普段通りにはプレーできなかったのではないか、という印象だった。ポテンシャルは高いので、次の試合からには強く期待したい。


遠藤純
中島依美
長谷川唯

この試合で、最も良いと言えるかもしれないパフォーマンスを発揮していたのは、SHの遠藤だったと思う。やはり、体の強さ、パワー、スピードなど、そういう能力がある一定水準以上あって戦える、という事は重要だと思う。中島は、良いシュートも見られたが、ミスも散見され、もう少しパフォーマンスを上げてもらいたい。そして、長谷川は、アルゼンチン戦もそうだったが、足を痛めた後からはパフォーマンスが落ちてしまっているような印象で、ただ、良いプレーをしよう、という事を狙い過ぎている印象もある。


三浦成美
杉田妃和

何回かシュートを打つシーンがあり、1つはとても惜しいシュートだったが、強く打つ事よりも、ミドルシュートであってもしっかりコースを狙って、というシュートを杉田には心掛けてもらたい。三浦は、バランスを取った良いプレーだったと思う。しかし、近年のなでしこジャパンは、全体的にミスが多い、パスミスが多い、という印象があって、それがもっと少なかったら、もっと強いチームになれるのではないかと思うと、とても惜しい感じがする。杉田にしても三浦にしても、そういう部分をもっと追及して欲しい。


鮫島彩
清水梨紗

アルゼンチン戦でも良いプレーを見せていたが、鮫島と清水のSBは、この試合でも良いパフォーマンスだったと思う。運動量も有り、何回かはパスミスや競り合いで負けてしまう場面もあったが、アベレージ的には、良いパスを出したり競り合いでも頑張っていたし、特に鮫島はベテランらしい安定感や良いプレーが多かった。しかし、ベテランの鮫島だけではなく清水にしても、このままフル出場を続けてどこまでやれるのか、という心配はあって、疲労を回復させる、という事に対しては、すごく気を使ってもらいたい。


市瀬菜々
熊谷紗希
山下杏也加

最後に大きなミスをしてしまったが、市瀬は良いプレーが多く、良いパフォーマンスだったと思うので、この試合の勝利の立役者の1人だったとは思うから、次は同じミスを繰り返さなければ良い、と考えて、自信を持ってプレーを続けてもらいたい。熊谷は安定。GKの山下も安定していた。但し、熊谷は、やや守備の時にサイドに出過ぎる感じがあったのと、失点シーン、山下のポジショニングが少し前過ぎたような気がしたから、そういう部分の微調整は行ってもらいたい。些細な事でも修正するのが重要だと思うので。




なぜ森保監督は3バックでも4バックも基本的なやり方は変わらないと言うのか? ではなぜ3バックを使うのか? 有料:100円:サポートもお願いします!

選手評価 メキシコ戦(Uー22) 【 旗手怜央。神谷優太。岩崎悠人。相馬勇紀。川井歩。高宇洋。田中碧。椎橋慧也。田中駿汰。岡崎慎。大南拓磨。オビ・パウエルオビンナ。小川航基。長沼洋一。 】 有料:100円:サポートもお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/06/15 11:39】 | なでしこジャパン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ブラジル戦(Uー22) 【 この後どう成長できているのかの方が重要である。 】 | ホーム | 勝点3を取る事よりも、なでしこジャパンがやるべき4つの重要な事。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4435-85074050
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |