個の力と組織力の総和がチームの本当の実力。【 ポーランドvsベルギー 】Uー21欧州選手権2019
試合 :Uー21欧州選手権2019 グループA 第1戦
開催日:2019年6月16日
結果 :ポーランド代表勝利
スコア:「3-2」
得点者:レヤ・イゼカ ジュルコフスキ ビェリク シマニスキ コールス

前半30分ぐらいから優勢が真逆になってしまった主な原因は?【 イタリアvsスペイン 】Uー21欧州選手権2019 有料:100円:サポートもお願いします!

選手評価 ブラジル戦(Uー22) 【 小川航基。旗手怜央。岩崎悠人。舩木翔。長沼洋一。高宇洋。田中碧。田中駿汰。岡崎慎。大南拓磨。オビ・パウエルオビンナ。相馬勇紀。三笘薫。神谷優太。 】 有料:100円:サポートもお願いします!




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 試合展開 】

前半:まずはベルギーがボールを支配。エンベンザとリュケバキオのサイドアタッカーの突破力を活かして攻撃。そして、前半16分、エンベンザの左サイドからのクロスをニアでレヤ・イゼカが合わせてベルギーが先制点を奪う。しかし、前半26分、ジュルコフスキのミドルシュートが決まり、ポーランドが同点に追い付く事に成功。しかも、そこからはポーランドがギアを上げ、試合の優勢はややポーランドになり前半は終了。

後半:前半7分、CKからポーランドが2点目。ボールを支配しながらも、攻めあぐねるベルギーは、後半18分、レヤ・イゼカとの交代でヴェルスハーレンを投入。しかし、状況は大きく変わらず、それどころか、後半34分、シマニスキが決めてポーランドが3点目。これで2点のビハインドとなったベルギーはデ・ノレとの交代でアムズを入れ、システムを「4-2-3-1」から「3-2-4-1」へと変更し、これでようやく攻撃のギアを上げられたベルギーが後半39分にCKからコールスが決めて得点。しかし、最後は5バックで守ったポーランドが逃げ切り、スコア「3-2」で勝利を収めた。


【 チーム分析:ポーランド 】

FW コフナツキ
MF シマニスキ ジュルコフスキ ヤギエウウォ ミハラク
MF ジチェク
DF ペストゥカ ビェリク ヴィエテスカ フィラ
GK グラバラ

FW コフナツキ
MF シマニスキ ジュルコフスキ ユージヴィアク
MF ジチェク
DF ペストゥカ ボフニェヴィッチ ビェリク ヴィエテスカ フィラ
GK グラバラ


守備:低く構えていながらも、最初はエンベンザとリュケバキオに対応できなかったが、前半の途中からは対応できるようになっていた。それでも、ベルギーのトップ下のスフレイヴェルスの対応には苦戦してたが、そして、ベルギーが「3-2-4-1」にしてからは防戦一方になったが、しかし「4-5」や「5-4」の守備ブロックでギリギリ耐えきる事ができた。但し、バックパスのミスから大きなピンチを招いたシーンもあったし、結果的には2失点しているので、鉄壁の守備力、というような印象ではなかった。

攻撃:1トップのコフナツキが良さそうな選手で、それから、シマニスキが幅広く動いて良いプレーを見せ、右からはミハラクが良いクロスボールを入れ、という事で、堅守カウンター、守備重視の手堅い感じの攻撃ではあったが、前述の3選手は安定した良いパフォーマンスだったし、結果的には3得点を奪い、侮れない感じではあった。とりあえず、まだ1試合目なので明確には言えないが、一定水準以上のポテンシャルを備えている選手たちは揃っている印象だったので、2試合目も楽しみにできる攻撃陣ではあった。


【 チーム分析:ベルギー 】

FW レヤ・イゼカ
MF エンベンザ スフレイヴェルス リュケバキオ
MF ヘイネン マンガラ
DF デ・ノレ コバウト ファース コールス
GK ヤケルス

FW リュケバキオ
MF ヴェルスハーレン スフレイヴェルス エンベンザ
MF ヘイネン マンガラ
DF デ・ノレ コバウト ファース コールス
GK ヤケルス

FW リュケバキオ
MF アムズ ヴェルスハーレン スフレイヴェルス サーレマーケルス
MF ヘイネン マンガラ
DF コバウト ファース コールス
GK ヤケルス


守備:トップ下のスフレイヴェルスはしっかりとポーランドのボランチに対して守備をするなど、全体的な守備意識は低くなかったと思うのだが、やはり、組織で守るというよりも個で守る、という感じはしていて、更には、簡単にボールに食い付く傾向があるような感じもあって、やや不安が感じられるような守備だった。おそらくは、守備力が低くても攻撃力で勝っていく、というような、フル代表と同じようなチームになっていると思うのだが、もう少し組織的な動きで、スペースを作らない、または、フリーな選手を作らない、カウンターのリスク管理をする、という守備をしないと、厳しくなると思う。

攻撃:エンベンザとリュケバキオのサイドアタッカー、トップ下のスフレイヴェルス、この3人の個の力は高く、また、ボランチのマンガラも良いミドルシュートを見せるなど、やはり攻撃力は高いのかもしれない、という印象だった。ただ、エンベンザとリュケバキオの推進力を活かせない遅攻が主になってしまうと、スフレイヴェルスに頼るか、システムを変えて戦わないと、攻め手を失ってしまうのかもしれない。それから、1トップの人材は少ないのかもしれない、という事も気になるところで、そこも注視したい。




前半30分ぐらいから優勢が真逆になってしまった主な原因は?【 イタリアvsスペイン 】Uー21欧州選手権2019 有料:100円:サポートもお願いします!

選手評価 ブラジル戦(Uー22) 【 小川航基。旗手怜央。岩崎悠人。舩木翔。長沼洋一。高宇洋。田中碧。田中駿汰。岡崎慎。大南拓磨。オビ・パウエルオビンナ。相馬勇紀。三笘薫。神谷優太。 】 有料:100円:サポートもお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/06/17 11:41】 | Uー21欧州選手権2019 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<チリ戦 【 予想していたよりは良かったと思う。 】 | ホーム | ブラジル戦(Uー22) 【 この後どう成長できているのかの方が重要である。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4437-e5aeae4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |