基本的には「4-1-2-3」をベースにした方が良いと思う。
例えば日本代表でも、

中島翔哉    大迫勇也     堂安律
   南野拓実     柴崎岳
        遠藤航
長友佑都 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹

こういう「4-1-2-3」をベースにして、

        大迫勇也
中島翔哉    南野拓実     堂安律
     遠藤航   柴崎岳
長友佑都 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹

こういう「4-2-3-1」へ変形したり、

     南野拓実  大迫勇也
中島翔哉            堂安律
     遠藤航   柴崎岳
長友佑都 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹

こういう「4-4-2」へ変形したり、
という事を目指した方が良いと思う。


選手評価 ウルグアイ戦 【 岡崎慎司。安部裕葵。中島翔哉。三好康児。板倉滉。柴崎岳。杉岡大暉。岩田智輝。冨安健洋。植田直通。川島永嗣。上田綺世。久保建英。立田悠悟。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

「4-5-1」で守るのか「5-4-1」で守るのか。しかしそれでも。【 イタリアvsポーランド 】Uー21欧州選手権2019 有料:100円:サポートもお願いします!

選手評価 チリ戦 【 上田綺世。久保建英。中島翔哉。前田大然。中山雄太。柴崎岳。杉岡大暉。原輝綺。冨安健洋。植田直通。大迫敬介。安部裕葵。三好康児。岡崎慎司。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

チリ戦の日本代表の悪かった部分と良かった部分。中島は守備意識が低かったのではなく左サイドにいないのが戦術だった。 有料:100円:サポートもお願いします!




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
なぜならば、ポゼッション&ハイプレスの戦い方であれば、
「4-4-2」や「4-2-3-1」よりも、
前に人数が多い「4-1-2-3」の方が良いし、
もちろん「4-4-2」や「4-2-3-1」であっても、
「4-2-4」にする事でハイプレスのサッカーは可能であるが、
それは「4-1-2-3」でハイプレスをするよりもリスクが高くなるし、
ポゼッションをするには、
「4-1-2-3」よりも不向きの形であると言える。

それから、ブロックを作って守備をする場合でも、
常態では「4-4-2」の方が良いが、
その形でファースト・ディフェンスを無効化されてしまった場合には、
つまり、リトリートして守らなければならなくなった場合には、
横幅が5枚になるブロックを作った方が良くて、
つまり、「4-5-1」か「5-4-1」にしてしまった方が良くて、
それならば「4-1-2-3」をベースにしておいた方が良いし、
もちろん「4-4-2」でもSHが深い位置を取り、
「5-3-2」や「6-2-2」になれば良いとは言えるが、
それだと中盤のエリアの守りが薄くなり過ぎてしまう。

更には、まずは相手のストロングを消す、
つまりは、まずは相手の形に合わせて守備をする、
または逆に、ギャップを生み出す、
つまりは、相手の守備の狙いを外して攻撃を機能させる、
というアプローチから考えても、
2トップ的が良いのか、3トップ的が良いのか、
それから、3枚の中盤中央の形についても、
正三角形の形が良いのか、逆三角形の形が良いのか、
という事を、すぐに交代も使わずに変更できるようにするためには、
やはり、「4-1-2-3」をベースにして、
「4-4-2」や「4-2-3-1」へと変形できるようにしておく、
という事を目指した方が良いと思う。

もしかしたら、「4-4-2」をベースにしておいて、
「4-2-3-1」や「4-1-2-3」へと変形する、
あるいは、「4-2-3-1」をベースにしておいて、
「4-4-2」や「4-1-2-3」へと変形する、
という事でも同じなのではないか、と思うかもしれないが、
「4-4-2」をベースにしておいて、
「4-2-3-1」や「4-1-2-3」へと変形する場合には、
2トップの1枚にはMFタイプの選手を起用しておく必要があるから、
それならば「4-2-3-1」と同質だと言えるし、
「4-2-3-1」をベースにしておいて、
「4-4-2」や「4-1-2-3」へと変形する場合には、
変形のスムーズさは同じだが、
「4-2-3-1」はブロックを作る戦い方はやりやすいが、
ポゼッション&ハイプレスの戦い方はやり難く、
しかし「4-1-2-3」は、
ブロックを作る守備、ポゼッション&ハイプレスの戦い方、
どちらもやりやすいので、それならば、
「4-1-2-3」をベースにしておいた方が良いと言える。

それならば「4-1-2-3」から変形しなくても良いのではないか、
と思うかもしれないが、やはり、変形できるようにしておかないと、
相手のシステムに合わせる、噛み合わせる、
あるいは逆に、相手のシステムとは噛み合わないようにする、
という組織的な戦術性の柔軟性(臨機応変さ)を欠いてしまう事になる。
やはり、ピッチ上で起こる要素としては、
ポゼッション&ハイプレスなのか、ブロックを作る守備なのか、
それから、個の力、という事だけではなく、
システム的な組み合わせ、噛み合わせ、
という事も重要になってくるので、
そこにフレキシブルさやバリエーションが無いと厳しくなってしまう。




選手評価 ウルグアイ戦 【 岡崎慎司。安部裕葵。中島翔哉。三好康児。板倉滉。柴崎岳。杉岡大暉。岩田智輝。冨安健洋。植田直通。川島永嗣。上田綺世。久保建英。立田悠悟。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

「4-5-1」で守るのか「5-4-1」で守るのか。しかしそれでも。【 イタリアvsポーランド 】Uー21欧州選手権2019 有料:100円:サポートもお願いします!

選手評価 チリ戦 【 上田綺世。久保建英。中島翔哉。前田大然。中山雄太。柴崎岳。杉岡大暉。原輝綺。冨安健洋。植田直通。大迫敬介。安部裕葵。三好康児。岡崎慎司。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

チリ戦の日本代表の悪かった部分と良かった部分。中島は守備意識が低かったのではなく左サイドにいないのが戦術だった。 有料:100円:サポートもお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/06/23 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ストロングを消すどころか、ストロングを出させてしまう。【 スペインvsポーランド 】Uー21欧州選手権2019 | ホーム | やはり戦い方は変えてきたが、終始テンポは上がらず、クリエイティブ性にも欠けていた。【 フランスvsクロアチア 】Uー21欧州選手権2019>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4446-4bd85d5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |