エクアドル戦 【 善戦した、から脱するためには? 】
試合 :コパ・アメリカ グループステージ 第3戦
開催日:2019年6月25日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:中島翔哉 メナ


選手評価 エクアドル戦 【 岡崎慎司。久保建英。中島翔哉。三好康児。柴崎岳。板倉滉。杉岡大暉。岩田智輝。冨安健洋。植田直通。川島永嗣。上田綺世。前田大然。安部裕葵。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

選手評価 ウルグアイ戦 【 岡崎慎司。安部裕葵。中島翔哉。三好康児。板倉滉。柴崎岳。杉岡大暉。岩田智輝。冨安健洋。植田直通。川島永嗣。上田綺世。久保建英。立田悠悟。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

選手評価 チリ戦 【 上田綺世。久保建英。中島翔哉。前田大然。中山雄太。柴崎岳。杉岡大暉。原輝綺。冨安健洋。植田直通。大迫敬介。安部裕葵。三好康児。岡崎慎司。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

チリ戦の日本代表の悪かった部分と良かった部分。中島は守備意識が低かったのではなく左サイドにいないのが戦術だった。 有料:100円:サポートもお願いします!




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW 岡崎慎司
MF 中島翔哉 久保建英 三好康児
MF 板倉滉 柴崎岳
DF 杉岡大暉 冨安健洋 植田直通 岩田智輝
GK 川島永嗣

FW 上田綺世 前田大然
MF 中島翔哉 久保建英 安部裕葵
MF 柴崎岳
DF 杉岡大暉 冨安健洋 植田直通 岩田智輝
GK 川島永嗣


日本だけではなくエクアドルにも言えた事だが、やはり、決定力は重要だよね、という試合だったと思う。中島は1つ決めたが、最後の最後にあった大きなチャンスで決められなかったし、東京五輪世代の上田にしても前田にしても、その他の選手たちにしても、シュートのクオリティ、決定力、その不足が自分たちの首を絞めた試合になったと言えると思う。戦い方としては、ウルグアイ戦からは、過度にスモールフィールドを作ってハイプレスを仕掛ける戦い方を変更し、フラットな3ラインでライン間のコンパクト性を重視した「4-4-2」によるオーソドックスなブロックを作る守備方法に変更した事で良くなり、相手との実力差など様々な事を考えれば、日本は善戦したと言えると思う。

ただ、この試合のエクアドルは、日本に低い位置からの組み立てをさせないように、または、そこで奪ってのショートカウンターを狙うために、高い位置からプレッシャーを掛けてきていたが、相手がそういう対策で日本と戦ってきた時に、どのようなロジックでそれを無効化するのか、という部分が、1つの課題として出ていたと思う。もちろん、それをかわして縦パスを通せた時にはチャンスになるし、実際、そういうシーンもあったとは思うのだが、やはり、それと引き換えにピンチも作ってしまう、リスクも増えてしまう、という事にはなりがちなので、そういう時にはロングフィードを蹴って、という事もやり、その形から良い攻撃を生む戦い方を落とし込む事も必要になってくると思う。

またそれは、押し込まれた状態からいかに押し返すのか、という事にも通ずるもので、基本的には、FWの選手がロングフィードをしっかりと収める、相手のCBを背負いながらそうするのが難しければ、サイドへ流れたり、DFラインの裏へのロングフィードを要求したり、という事によって、とにかくFWの選手がロングフィードをしっかりと収める、という事しかなくて、しかし、FWの選手がロングフィードをしっかりと収めても、そのサポートが無かったら次には繋がらないから、簡単に言えば、日本は、キック&ラッシュもできるようにならないと、あるいは、サイドのスペース+ロングの縦パスもしくは斜めの縦パスを使って相手を下げさせるような戦い方もできるように、という事。

それから、ウルグアイ戦も終盤はそうだったが、過度にスモールフィールドを作ってハイプレスを仕掛ける戦い方をせず、フラットな3ラインでライン間のコンパクト性を重視した「4-4-2」によるオーソドックスなブロックを作る守備方法でやっていたとしても、やはり、強い相手と戦う場合には、どうしても、DFラインを高く保ち続けて戦うのは難しくなるので、DFラインが下がる→DFラインとMFラインの間が離れがちになる、そうならないようにすると、今度はFWラインとMFラインの間が離れがちになる、その結果、全体的に下がらざるを得なくなり、自分たちのPA内での守備対応が増え、この試合の失点シーンのようになってしまう。相手のCKからの流れだったから、という事もあったが、どちらにせよ、強い相手と戦う場合には、能動的にであれ受動的にであれ、守備の設定位置は低くなるので、その状態からいかに反撃するのか、いかに押し返すのか、という事を戦い方として落とし込まないと、次のステージには進めないと思う。




選手評価 エクアドル戦 【 岡崎慎司。久保建英。中島翔哉。三好康児。柴崎岳。板倉滉。杉岡大暉。岩田智輝。冨安健洋。植田直通。川島永嗣。上田綺世。前田大然。安部裕葵。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

選手評価 ウルグアイ戦 【 岡崎慎司。安部裕葵。中島翔哉。三好康児。板倉滉。柴崎岳。杉岡大暉。岩田智輝。冨安健洋。植田直通。川島永嗣。上田綺世。久保建英。立田悠悟。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

選手評価 チリ戦 【 上田綺世。久保建英。中島翔哉。前田大然。中山雄太。柴崎岳。杉岡大暉。原輝綺。冨安健洋。植田直通。大迫敬介。安部裕葵。三好康児。岡崎慎司。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

チリ戦の日本代表の悪かった部分と良かった部分。中島は守備意識が低かったのではなく左サイドにいないのが戦術だった。 有料:100円:サポートもお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/06/25 11:39】 | 森保ジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<オランダ戦(女子) 【 戦い方や1つ1つのプレーについての検証を。 】 | ホーム | 主導的な役割がFWである事は機能性の鍵の1つ。【 オーストリアvsドイツ 】Uー21欧州選手権2019>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4449-b279e7c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |