オランダ戦(女子) 【 戦い方や1つ1つのプレーについての検証を。 】
試合 :W杯 トーナメントステージ 1回戦
開催日:2019年6月26日
結果 :オランダ代表勝利
スコア:「1-2」
得点者:マルテンス 長谷川唯 マルテンス(PK)


選手評価 エクアドル戦 【 岡崎慎司。久保建英。中島翔哉。三好康児。柴崎岳。板倉滉。杉岡大暉。岩田智輝。冨安健洋。植田直通。川島永嗣。上田綺世。前田大然。安部裕葵。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

選手評価 ウルグアイ戦 【 岡崎慎司。安部裕葵。中島翔哉。三好康児。板倉滉。柴崎岳。杉岡大暉。岩田智輝。冨安健洋。植田直通。川島永嗣。上田綺世。久保建英。立田悠悟。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

選手評価 チリ戦 【 上田綺世。久保建英。中島翔哉。前田大然。中山雄太。柴崎岳。杉岡大暉。原輝綺。冨安健洋。植田直通。大迫敬介。安部裕葵。三好康児。岡崎慎司。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

チリ戦の日本代表の悪かった部分と良かった部分。中島は守備意識が低かったのではなく左サイドにいないのが戦術だった。 有料:100円:サポートもお願いします!




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW 岩渕真奈 菅澤優衣香
MF 長谷川唯 三浦成美 杉田妃和 中島依美
DF 鮫島彩 市瀬菜々 熊谷紗希 清水梨紗
GK 山下杏也加

FW 宝田沙織 菅澤優衣香
MF 長谷川唯 三浦成美 杉田妃和 籾木結花
DF 鮫島彩 市瀬菜々 熊谷紗希 清水梨紗
GK 山下杏也加


相手がギアを上げてハイプレスできている時間帯には、足元から足元へのパス、相手が待ち構えているところへ入れる足元へのパス、というのはダメで、とにかく相手のDFラインの裏へボールを蹴ると。それでボールが通れば、相手は上下動の繰り返しでスタミナをロスするし、それで相手のDFラインが下がるようになれば、DFラインとMFラインの間のライン間に縦パスを通しやすくなるし、またそれを嫌がって相手の前の選手たちも下がれば、それで相手のハイプレスは無効化できるから、その作業をしてから、次はピッチの横幅を広く使ってボールを回し続け、更に相手のスタミナをロスさせて、それで相手が動けなくなれば日本の勝機はかなり上がるから、という戦い方をしてもらいたかった。

ただ、そういう戦い方はできていなかったのだが、オランダのスタミナ切れは思っていたよりも早く、または、1点リードしてからは、ギアを下げてロングボールを蹴り込む、という機能性の低い攻撃をしてきてくれるようになったので、前半43分、日本が同点ゴールを決め、そこからの日本は良いリズムで戦えるようになり、後半、再びオランダはギアを上げて試合に入ってきたが、日本の方が前半終盤からの流れでリズムを掴んでいたし、やはり、オランダのスタミナ切れは思っていたよりも早かったので、後半は日本の方が多くのチャンスを作ったし、籾木を入れてからの日本は更に勢いを増したのだが、尽く決定機で決められず、後半45分、PKを取られてしまい、という結果になってしまった。

まさに、勝てた試合だった、悔しい敗戦だった、という事なのだが、やはり繰り返し書いてきたように、まずは結果が云々ではなく、きちんと正しい方法で戦えていたのか、そして、一人ひとりが1つ1つのプレーに関して、1つ1つの局面において、きちんとクオリティのあるプレーをしていたのかどうか、ぶつかり合いや競り合いを恐れないプレーをしていたのかどうか、判断力の良いプレーをしていたのかどうか、という事を、しっかりと検証してもらいたい。それができていたシーンもありました、とか、後は決定力さえあれば、とか、そういう事ではなく、常にできるように、とか、どのような能力が足りないから決定力を欠いたのか、とか、そういう事を追及してもらいたい。技術的、そして、戦術的な優位性が少なくなってきた状況で、勝つためには何が必要なのかを考えて欲しい。




選手評価 エクアドル戦 【 岡崎慎司。久保建英。中島翔哉。三好康児。柴崎岳。板倉滉。杉岡大暉。岩田智輝。冨安健洋。植田直通。川島永嗣。上田綺世。前田大然。安部裕葵。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

選手評価 ウルグアイ戦 【 岡崎慎司。安部裕葵。中島翔哉。三好康児。板倉滉。柴崎岳。杉岡大暉。岩田智輝。冨安健洋。植田直通。川島永嗣。上田綺世。久保建英。立田悠悟。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

選手評価 チリ戦 【 上田綺世。久保建英。中島翔哉。前田大然。中山雄太。柴崎岳。杉岡大暉。原輝綺。冨安健洋。植田直通。大迫敬介。安部裕葵。三好康児。岡崎慎司。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

チリ戦の日本代表の悪かった部分と良かった部分。中島は守備意識が低かったのではなく左サイドにいないのが戦術だった。 有料:100円:サポートもお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/06/26 11:39】 | なでしこジャパン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今回の南米選手権で得られたと思う成果。そして、得られなかったと思う成果。 | ホーム | エクアドル戦 【 善戦した、から脱するためには? 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4450-2ceee368
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |