前への推進力が出ないのはパスミスが多いから。そして、パスミスが多い理由は主に2つ。なでしこジャパン分析。
前への推進力、という部分ついて言うと、もちろん、縦へのドリブルの力とか、単純な走るスピードやパワーとか、縦パスのスピードとか、という事もあるのだが、近年のなでしこジャパン、佐々木ジャパンの後期ぐらいから、パスミスが多い、という印象が強くなっていて、それが前への推進力が出ない、出せない、という事の一番の原因になっていると個人的には思える。やはり、パスワークというのは日本の最大の武器であると思うから、そこでミスを連発してしまうと、勝てる試合も勝てなくなってしまうと思う。


選手評価 エクアドル戦 【 岡崎慎司。久保建英。中島翔哉。三好康児。柴崎岳。板倉滉。杉岡大暉。岩田智輝。冨安健洋。植田直通。川島永嗣。上田綺世。前田大然。安部裕葵。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

選手評価 ウルグアイ戦 【 岡崎慎司。安部裕葵。中島翔哉。三好康児。板倉滉。柴崎岳。杉岡大暉。岩田智輝。冨安健洋。植田直通。川島永嗣。上田綺世。久保建英。立田悠悟。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

選手評価 チリ戦 【 上田綺世。久保建英。中島翔哉。前田大然。中山雄太。柴崎岳。杉岡大暉。原輝綺。冨安健洋。植田直通。大迫敬介。安部裕葵。三好康児。岡崎慎司。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

チリ戦の日本代表の悪かった部分と良かった部分。中島は守備意識が低かったのではなく左サイドにいないのが戦術だった。 有料:100円:サポートもお願いします!




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
そして、パスミスが増えた原因というのは、主に2つあると思っていて、1つには、過度にぶつかり合い、フィジカル・コンタクトを恐れているのではないか、という事。アルゼンチン戦で足を負傷した長谷川は、その後、明らかにパフォーマンスが落ちたような印象があり、まだ痛みがあるからなのかとも思ったが、やはりそれよりも、過度にぶつかり合い、フィジカル・コンタクトを恐れるようになったから、という事であるように感じた。もちろん、あくまでもこれは個人的な見解で、本当のところはわからないが。

しかし、他の選手たちにしても、フィフティー・フィフティーのボールの取り合いになった時とかに、ぶつかる前にスピードを緩める、避ける、逃げる、という動作をするのが、日本の選手たちの方が早い場面が多く、プレッシャー(速い寄せ)を受けた時にも、まずは体を使って相手をブロックしてからパスを出す、という事をしないで、逃げながらパスを出す、あるいは、当たられる前に早くパスを出そうとして焦ってパスを出す、という事をするので、パスの精度もタイミングも悪くなってミスになるように感じる。

だから、逆に言えば、相手が強いプレッシャーをかけてこなかったり、相手が疲れて足が止まった場合には、パスミスが減って日本のパスワークが発揮されるようになり、という事が、近年のなでしこジャパンではずっと同じ傾向として出ていて、まだ相手が強いプレッシャーをかけている時、または、まだ相手が疲れて足が止まっていない時、その時に運良く失点しなければ勝てる、という事になっているのではないだろうか。やはり、より女子選手もアスリート化しないと、というのは、そこにも示されていると思う。

そして、2つには、パスを受ける側の選手たちの動きが少ない、もしくは、足元でばかりボールを受けたがる、という事。やはり、ボール扱いのテクニックに自信がある選手というのは、どうしても足元でばかりボールを受けたがる傾向があり、しかし、前への推進力を出すためには、パスは前へ前へ、前のスペースへ、つまりは、ボールを受ける側の選手がボールを受けた時に、止まっていたり後ろ向きだったりするのではなく、前へ向かって動いている前向きの状態でボールを受ける、という回数を増やす必要がある。

やはり、そういうスペースからスペースへ、というパスワークではなく、足元から足元へ、というパスワークなので、体の強さやスピードなどのフィジカル的な要素で完全に上回られてしまう相手には、パスミスを連発、良いパスワークが出せない、前への推進力が出ない、勝てない、という事になってしまうのだと思う。従って、個人的には、もっと何が重要なのか、という事においては、人選とか、戦い方とか、そういう事も重要だが、それよりも、前述してきたような事を検証し追及する、という方だと思っている。




選手評価 エクアドル戦 【 岡崎慎司。久保建英。中島翔哉。三好康児。柴崎岳。板倉滉。杉岡大暉。岩田智輝。冨安健洋。植田直通。川島永嗣。上田綺世。前田大然。安部裕葵。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

選手評価 ウルグアイ戦 【 岡崎慎司。安部裕葵。中島翔哉。三好康児。板倉滉。柴崎岳。杉岡大暉。岩田智輝。冨安健洋。植田直通。川島永嗣。上田綺世。久保建英。立田悠悟。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

選手評価 チリ戦 【 上田綺世。久保建英。中島翔哉。前田大然。中山雄太。柴崎岳。杉岡大暉。原輝綺。冨安健洋。植田直通。大迫敬介。安部裕葵。三好康児。岡崎慎司。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

チリ戦の日本代表の悪かった部分と良かった部分。中島は守備意識が低かったのではなく左サイドにいないのが戦術だった。 有料:100円:サポートもお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/06/28 11:39】 | なでしこジャパン | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<パスワークを高いインテンシティで封じないと勝機は得られない。【 スペインvsフランス 】Uー21欧州選手権2019 | ホーム | 今回の南米選手権で得られたと思う成果。そして、得られなかったと思う成果。>>
コメント
昔から
「日本人はボールを扱うのは上手いけれど、サッカーは下手」
なんてよく言われてますが、
私は常々、日本人選手は小柄だからこそボディコンタクトに活路を見出すべきだと思っていて、
なぜなら、コンタクトを避けて空間を作ってしまうと、
かえって外国人選手の大柄なフレームとリーチの長さが生きてしまうからです。
実際、身体が大きくなくてもキープできる、なかなか倒れない身体が強い選手はいるわけですし。
そのためには重心が上がらず低くしていくなど、バランスを養成していくことも必要だとは思いますが、一部の選手を除いてなかなかそこまで意識してる選手はいないんですかね。

ボールはあくまで道具であり、主役は自分の身体であるという意識をもっと持てば違ってくるんじゃないかななんて思ったりもするんですが、、
自分の身体を上手く使えるようになれば、
それがドリブルやシュートのパワーやパスの精度、ボールが収まるトラップ、
試合で 「相手のプレッシャーもある中で」 ボールを扱う技術にも繋がってくると思うんですよね。







【2019/06/28 21:24】 URL | えいすけ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4452-6befc014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |