コメントもしていただけると嬉しいです。有料ですが個人的な依頼も「管理者にだけ表示を許可する」コメントにて受け付けています。
■ 「個の力を高める」と「チームとしてを高める」は違うアプローチで。

強くない相手と戦っても強化にはならない、とは、
当然の事であるように思われるが、逆に、
強くない相手と戦う事によって強化できる要素がある。

それは、システム、戦術、連携、というような、
チームとして、という要素。

J2からJ1へ昇格したてのチームが、
その昇格シーズンに優勝したり、上位の成績を収める事がある。

なぜだろうか?

続きは有料:100円

「個の力を高める」と「チームとしてを高める」は違うアプローチで。 有料:100円:サポートもお願いします!




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
■ 結局、大方の分析が的外れになってしまうのは、出発点を間違えてしまう、という事に原因があるように思う。

やはり、エルサルバドル戦とチリ戦の森保ジャパンというのは、「4-2-3-1」ならば「2-3-1」でスモールフィールド、小さな輪を作って守りたい、と同時に、攻撃もしたい、「3-4-2-1」ならば「5-2-2-1」的に「2-2-1」でスモールフィールド、小さな輪を作って守りたい、と同時に、攻撃もしたい、という事にトライしていて、そこを前提にしていない分析は的外れになってしまうと思う。または、もし的外れという言い方が過言であるならば、芯を捉えていない、という事になるように思う。

続きは有料:100円

結局、大方の分析が的外れになってしまうのは、出発点を間違えてしまう、という事に原因があるように思う。 有料:100円:サポートもお願いします!


■ なぜ森保監督は3バックでも4バックも基本的なやり方は変わらないと言うのか? ではなぜ3バックを使うのか?

1つには、

    FW  OM
 SH DM  DM SH
 SB CB  CB SB

「4-2-3-1」ならこう、

      FW
 SH DM  DM SH
WB CB CB CB WB

「3-4-2-1」ならこう、

という感じに、守備時に守備ブロックを作るのは変わらないから。

そして、2つには、

続きは有料:200円

なぜ森保監督は3バックでも4バックも基本的なやり方は変わらないと言うのか? ではなぜ3バックを使うのか? 有料:200円:サポートもお願いします!


■ チリ戦の日本代表の悪かった部分と良かった部分。中島は守備意識が低かったのではなく左サイドにいないのが戦術だった。

【 悪かった部分 】

エルサルバドル戦の「3-4-2-1」でも、1トップと2シャドウと2ボランチでスモールフィールドを作り、それでプレスを掛けてそこでボールを奪う、あるいは、2WBと3CBのところでボールを奪う、という守備方法(プレスの掛け方)をしていて、エルサルバドル戦ではそれが成功していたのだが、今回のチリ戦は、同じような守備方法(プレスの掛け方)で、「4-2-3-1」の1トップと3枚の2列目と2ボランチでスモールフィールドを作り、それでプレスを掛けてそこでボールを奪う、あるいは、2SBと2CBのところでボールを奪う、という守備方法(プレスの掛け方)をしていたのだが、そのスモールフィールドで上手くプレスが掛からず、やはり、チリの選手たちは上手いので、そこを簡単に抜け出してしまい、オープンスペースになっているサイドへボールを展開されてしまったり、または、DFラインとMFラインの間、CBとボランチの間のバイタルエリアへ抜け出されてしまって、日本の守備は苦しくなっていた。

続きは有料:200円

チリ戦の日本代表の悪かった部分と良かった部分。中島は守備意識が低かったのではなく左サイドにいないのが戦術だった。 有料:200円:サポートもお願いします!


■ 選手評価 チリ戦 【 上田綺世。久保建英。中島翔哉。前田大然。中山雄太。柴崎岳。杉岡大暉。原輝綺。冨安健洋。植田直通。大迫敬介。安部裕葵。三好康児。岡崎慎司。 】

上田綺世

DFラインの裏を取って抜け出せたり、良いポジショニングでフリーになってシュートを打てたり、縦パスを良い形で受けられたり、単発的ではあったが、FW(CF)としてのポテンシャルの高さを感じさせるプレーはいくつか有り、決定力に関しては、プレッシャーに負けてしまったのだと思うが、やはり、そこは経験が少なければ難しくなってしまうし、そもそも、これからプロになる選手なので、まだ能力的に不足している要素があるのは当然だと言える。とにかく、臆せずにチャレンジし続けてもらいたい。

続きは有料:200円

選手評価 チリ戦 【 上田綺世。久保建英。中島翔哉。前田大然。中山雄太。柴崎岳。杉岡大暉。原輝綺。冨安健洋。植田直通。大迫敬介。安部裕葵。三好康児。岡崎慎司。 】 有料:200円:サポートもお願いします!


■ 選手評価 ウルグアイ戦 【 岡崎慎司。安部裕葵。中島翔哉。三好康児。板倉滉。柴崎岳。杉岡大暉。岩田智輝。冨安健洋。植田直通。川島永嗣。上田綺世。久保建英。立田悠悟。 】

岡崎慎司

守備面の良さとか、体を張って戦える、競り合いを厭わないタフさとか、時折見せるテクニカルなプレーとか、トップ下のような位置ではなく1トップの位置でも、ミラクル・レスター時代を彷彿とさせるようなパフォーマンスで、状態の良い岡崎を久々に見た感じがした。ただ、得点を取る取らないも当然そうだが、もし取れなくても、もう少しシュートの精度を高めたりとかシュートの回数を増やしたりとか、そのあたりの個の力の向上はやはり必要だと思う。特にストライカーとして勝負したいのであれば尚更。

続きは有料:200円

選手評価 ウルグアイ戦 【 岡崎慎司。安部裕葵。中島翔哉。三好康児。板倉滉。柴崎岳。杉岡大暉。岩田智輝。冨安健洋。植田直通。川島永嗣。上田綺世。久保建英。立田悠悟。 】 有料:200円:サポートもお願いします!


■ 選手評価 エクアドル戦 【 岡崎慎司。久保建英。中島翔哉。三好康児。柴崎岳。板倉滉。杉岡大暉。岩田智輝。冨安健洋。植田直通。川島永嗣。上田綺世。前田大然。安部裕葵。 】

岡崎慎司

序盤は、得点シーンの抜け出しも良かったし、ウルグアイ戦と同じような良い存在感を攻守に見せていたが、少しずつパフォーマンスが落ちたというか、存在感が薄くなっていった印象だった。やはり、ミラクル・レスター時代と同じに、だいたい60分間ぐらいが岡崎の活動時間となるのだろうか。ただ、上田との交代だったが、そして、終盤は上田と前田が2トップのようになる感じだったが、岡崎と上田の2トップ、あるいは、上田が1トップで岡崎がトップ下、久保を右サイドへ、という形も見てみたかった。

続きは有料:200円

選手評価 エクアドル戦 【 岡崎慎司。久保建英。中島翔哉。三好康児。柴崎岳。板倉滉。杉岡大暉。岩田智輝。冨安健洋。植田直通。川島永嗣。上田綺世。前田大然。安部裕葵。 】 有料:200円:サポートもお願いします!




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/07/16 11:39】 | サッカーの話題全般 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<御質問への回答。記事依頼に関して。 | ホーム | 特にミラーゲームでは個々のプレーの質の差が結果にとても大きな影響を与える。 【 ベガルタ仙台 vs 鹿島アントラーズ 】>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2019/07/17 12:56】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4463-1c382b3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |