日本のサッカーの課題の1つは、クロスボール、外からのボール、横からのボール、への守備対応力。
クロスボール、外からのボール、横からのボール、への対応というのは、
まず集団(組織)としての対応と個としての対応とに分ける事ができると思う。
そして、集団(組織)としての対応については、
クロスボール、外からのボール、横からのボール、
それらを入れられてしまう前の対応と、その後の対応とに分ける事ができる。


森保ジャパンあるいは森保監督の2018年9月から2019年6月までの約一年間の評価。 有料:100円:サポートもお願いします!




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

まず、それらを入れられてしまう前の対応としては、
相手のボール保持者には必ずチェックをかける、という事がセオリー。
当然、相手のボール保持者へのプレッシャーが無かったり緩ければ、
精度や質の高いクロスボール、外からのボール、
横からのボールを入れられてしまう可能性は高くなる。

更には、これを集団(組織)としての対応と個としての対応とに分けると、
集団(組織)としては、システム的なアプローチから、
相手のシステムと噛み合わせる、最低でも数的不利は起きないようにする、
という事だったり、主に横幅の枚数を増やして対応するのか、
主に守備ブロックのスライドによって対応するのか、という選択が重要になる。

一方、個としては、攻から守への切り替え、もしくは、守備ブロックを作る、
そのスピードを高める、という事と、やはり、運動量も重要になってくる。
尚且つ、コースを切りながらとか、なるべく近い距離に立って対応するとか、
あるいは、中間地点に立ち、相手のボール保持者とパスの受け手、
そのどちらにも素早くプレッシャーを掛けられるように、という事も重要。

そして、その後の対応としては、つまり、中央での対応、という事であるが、
基本的には、そこでは2つの事が重要になってくる。
それは、相手にスペースを与えない、相手をフリーにしない、という事。
相手をフリーにしない、という事については説明不要だと思うが、
つまりは、ボールウォッチャーになったり、マークを剥がされてはいけない。

一方、相手にスペースを与えない、という事については、
ゴール前のPA内やPAのすぐ外のエリア、そこにスペースを作らないように、
という事であり、コンパクトにして、そこにスペースを与えなければ、
チームとしてのクロスボール、外からのボール、横からのボール、
への対応力というのは、そうはしない場合よりも、必ず高くなると言える。

更には、これを集団(組織)としての対応と個としての対応とに分けると、
集団(組織)としては、守備ブロックを作る速さ、コンパクト性の維持、
ラインコントロールの精度、それをトレーニングで高めておく事が重要になる。
それから、当然、クロスボール、外からのボール、横からのボール、
への対応力というのも、GKの存在を活かして、という事も重要になってくる。

一方、個としては、ボールが来るコースや場所や人への予測も重要になるし、
空中戦になれば、相手よりも先に飛ぶとか、しっかり密着して飛ぶようにとか、
あるいは、相手はフリーになろうとニアやファーやマイナスに動くので、
その動きで剥がされないとか、更には、セカンドボールへの意識も高くしたり、
クリアに関しても、次の展開が不利にならないように、という事は考えたい。




森保ジャパンあるいは森保監督の2018年9月から2019年6月までの約一年間の評価。 有料:100円:サポートもお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/07/25 11:39】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<乾のエイバル(1部)への移籍。柴崎のデポルティーボ(2部)への移籍。岡崎のマラガ(2部)への移籍。 | ホーム | 教育ビジネス、学校ビジネス、というのは、生徒たちから学費を取る、というモデルで成立してはならない。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4469-8a541ad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |