横浜F・マリノス対マンチェスター・シティ。そこにあった本質的な差とは何か?
シティ・フットボール・グループと横浜F・マリノスは提携しているし、
それから、現在のマリノスの監督であるポステコグルーは、
現在のマンチェスター・シティの監督であるグアルディオラのサッカー、
それを理想としている、目指している監督であると思うから、
つまり、同じような戦い方をするチーム同士の対戦、という事になるので、
そうなると、シンプルな力比べの試合になる、という事だったとは思う。


森保ジャパンあるいは森保監督の2018年9月から2019年6月までの約一年間の評価。 有料:100円:サポートもお願いします!




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

もちろんそれは、ヴィッセル神戸対バルセロナもそうだったと言えるが、
結果ではなく内容で比べれば、横浜F・マリノスの方が健闘していたとは思う。
それはやはり、ヴィッセル神戸と横浜F・マリノスとでは、
現時点でのチームとしての完成度に差があるからではないだろうか。
しかし、そうだったとしても、戦い方を真似する、という事は難しくなく、
特に現在のように情報テクノロジーが発達していれば更にそうだと思う。

そして、そうであるならばより、個の力の差、という事が重要になってきて、
デ・ブライネのような選手がいるのかどうかは大きいし、
パスにしてもドリブルにしてもシュートにしても他のプレーにしても、
あらゆる事において、個々のプレーのクオリティの差、
それがチーム力や結果に与える影響は更に大きくなっていると言えると思う。
組織的な戦術に差が少なければ、個のクオリティの差の比重は大きくなるので。

女子サッカーでも、近年の日本と世界との間に起こっている事はこれで、
元々、フィジカル面、パワーやスピードでは日本よりも勝っていた相手が、
組織的な戦術でも、なでしこジャパンと並ぶようになり、
そのスイッチを押したのは、なでしこジャパンではあるのだが、
つまり、近年のなでしこジャパンは組織的な戦術の優位性を失っており、
テクニックも伸ばしてきて個の力も更に上げた相手に勝てなくなってしまった。

従って、なでしこジャパンを強くするためには、
よりレベルの高い海外でプレーする選手を増やして個の力を上げる、
そのためには、自己責任ではなく、きちんと協会がそれを手厚くサポートする、
という事が必要不可欠であり、そして横浜F・マリノスも、
今よりも更に強くなりたいのであれば、選手たちの個の力を上げる、
という事に、もっともっと注力しなければならないと思う。

どれだけポステコグルーのサッカーの完成度や成熟度を高めたとしても、
個の力の部分を高めなければ、越えられない壁の前で動けなくなると予想する。
当然、そのスタイルが合うのか合わないのか、という事もあるが、
ポステコグルーがオーストラリア代表で大きな成功を掴めなかったのも、
やはり、個の力の部分で、越えられない壁の前で動けなくなったからだと思う。
それはグアルディオラが常に莫大な資金を使い選手を集めている事からもわかる。

運に大きく左右される事無く大きな成功を収めるためには、
方法論やアイデアだけではなく、やはり、それなりの資金が必要になる。
もちろん、資金がどれだけ豊富でも、方法論やアイデアが稚拙であれば無理だが、
方法論やアイデアが良くても資金が無ければ、という事も現実的にはある。
やはり、優秀な人材を獲得したり育てるためには、それなりの資金が必要になる。
そしてそこにおいては、自己責任論は、それを阻害する考え方になってしまう。




森保ジャパンあるいは森保監督の2018年9月から2019年6月までの約一年間の評価。 有料:100円:サポートもお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/07/29 11:39】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<不足しているのは、体の強さ、ではなく、フィジカル・コンタクトの技術、巧さ。 | ホーム | ヴィッセル神戸対バルセロナ。2つのチームの注目ポイントは?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4472-1e4c56ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |