Jリーグの試合、Jリーグのクラブの試合を観ていて、やはり強く感じる事は、個で剥がす、個で剥がせる、という事の少なさ。
Jリーグでプレーする外国籍選手たちの多くは、日本のサッカーはスピードが速いと述べる。なぜならば、個よりも集団で戦う意識が高いので、プレーの最初の選択肢はパスである事が多く、そうであると、全体のプレースピードは速くなるから。但し一方では、イニエスタは日本のサッカーについて「小休止が多い」とも語っていたし、日本のサッカーがスピーディーであるとは感じない、という人たちも多いと思う。その理由は、常に集団で動く、という事は、動きが遅くなる、足並みが揃うまで待つので、小休止が多くなる、という事だと思う。つまりは、いっせいのせ、という事が日本のサッカーであるから。


戦術とは何か? 戦術的パラドックスを認識し得るか。 有料:100円:サポートもお願いします!




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

もちろん、そうである事のメリットはある。それが上手くハマった時には、個で勝る相手に互角以上の戦いができる。個の力が強くても組織力が低い相手には、内容的には上回る事ができる。しかし、そうである事のデメリットは、ハマらなかった時には成す術を失う、例え内容的には上回っていたとしても結果は負けてしまう、という事。つまり、個での打開が少ないと、ハマらなかった時に、それを挽回する力が足りない、という事になったり、内容的では上回っていても、それが結果には繋がらない、という事になりがちであるからで、また、日本人選手たちの決定力が低いのも、そこに主な原因があると思う。

攻撃のスイッチには、パス、主に縦パスから、という事と、個で剥がす、個で相手を剥がしたところから、という2つがあって、どちらか一方だけだとスイッチの数が少な過ぎたり、場合によっては、ほぼスイッチが入れられない状態になってしまい、スピードが上がらずダラダラとした試合になったり、ロングボールを蹴るだけの試合になったり、攻め手が見えない試合になったり、という事になってしまう。常にスイッチを入れ続ける試合にしないと「小休止が多い」試合となり、例えばだが、そういう状態のポゼッションサッカーはポゼッションするためのポゼッションサッカーとなってしまい意味を成さない。

乾が活躍できている時は乾が個で相手を剥がす事ができている時である、柴崎が苦しんでいるのは個で剥がす事ができないからである、という事を以前にも書いたが、清武や中村俊輔などの日本人選手たちがリーガ・エスパニョーラで活躍できなかった理由もそうで、文化的に、個で剥がす、個で相手を剥がしたところから、という事を攻撃のスイッチにしている事が多いリーガ・エスパニョーラでは、個で剥がせる能力が低い選手たちは活躍が難しいから。また、そういう意味では、なぜ久保建英は個で剥がせる能力が高いのか、あるいは、なぜ活躍できる可能性を高く感じるのか、というのも、そこに理由がある。




戦術とは何か? 戦術的パラドックスを認識し得るか。 有料:100円:サポートもお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/08/05 11:39】 | Jリーグ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<皆様への質問。最近、よく考える、あるいは、知りたいと思っている事について。 | ホーム | 決定力を欠いてしまい、そういう流れになると・・・、という試合。 【 サンフレッチェ広島 vs 北海道コンサドーレ札幌 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4479-c5536932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |