現代サッカーで、より強く求められてきているのは、ハードワークではなく、攻撃でも守備でも貢献できる選手、だと思う。
極端な事を言えば、1対1の競り合いが圧倒的に強い、複数人に囲まれてもボールをキープできて尚且つそこから更に突破できたり良いパスが出せる、ポジショニングが圧倒的に良い、という選手には、ハードワークは必要無い。今の選手で言えば、やはりメッシがそうであり、むしろ、メッシにハードワークを求める事は、大きなマイナスにもなりかねない。メッシは守備には貢献できていないのではないか、と思うかもしれないが、メッシは圧倒的な攻撃力によって守備に貢献している。その理屈の説明は必要無いと思う。


戦術とは何か? カオスに満ちた試合にコスモスをもたらすためである。 有料:100円:サポートもお願いします!

戦術とは何か? 戦術的パラドックスを認識し得るか。 有料:100円:サポートもお願いします!




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

しかし、多くの選手たちは、1対1の競り合いが圧倒的に強い、複数人に囲まれてもボールをキープできて尚且つそこから更に突破できたり良いパスが出せる、ポジショニングが圧倒的に良い、という選手たちではないから、そういう選手たちは、やはり、ハードワークする事によって、攻撃にも守備にも貢献するしかない。つまり、1対1の競り合いが圧倒的に強い、複数人に囲まれてもボールをキープできて尚且つそこから更に突破できたり良いパスが出せる、ポジショニングが圧倒的に良い、という事ができない代わりに、あるいは、その不足分をカバーするためには、ハードワークが必要である、という事。

従って、ハードワーク有りき、という事ではない。あくまでも、現代サッカーにおいて、より何が有りきになってきているのか、という事については、攻撃だけで良い、守備だけで良い、という事ではなく、攻撃でも守備でも貢献できる、という事。そしてそれはもうGKにも強く求められるようになっている。例えば、世界で勝つために、という事を考えた場合に、なぜ日本のサッカーにはハードワークが必要なのか、というのは、それが日本人選手たちの特性なり武器だからではなく、技術力、フィジカル・コンタクトの強さ、ポジショニングの良さ、という部分の不足分を、ハードワークで補う必要があるから。

つまりこれは、ここが重要なところだが、いくらハードワークしたとしても、それによって、技術力、フィジカル・コンタクトの強さ、ポジショニングの良さ、という部分の不足分を補えないのであれば、そのハードワークには意味が無い、という事であり、ハードワークする事が必要だ、ではなく、なぜハードワークする事が必要なのか、という考え方をする事が重要。例えば、ファースト・ディフェンスにしても、とにかくやれば良い、という事ではないし、オフ・ザ・ボールの動きにしても、とにかく動けば良い、という事ではない。むしろ、そうする事により、攻守にマイナスになってしまう場合も当然ある。

それからやはり、ハードワークにはデメリットがある。それは簡単な話で、ハードワークは長く続けられない、という事。1つの大会、もしくは、1シーズンあっても、ハードワークで全試合を戦う事は無理な場合が多い。仮に、1つの大会や1シーズンであればできたとしても、そのダメージは、その大会後やそのシーズン後に残ってしまい、場合によっては、それで大きな怪我を誘発してしまったり、選手生命を縮めてしまう事にもなる。ハードワークを続けられる選手は、実は、その他の能力も高く、ハードワークはしているが、ハードワークに依存し過ぎてはいない。そこは見誤ってはいけない部分だと思う。




戦術とは何か? カオスに満ちた試合にコスモスをもたらすためである。 有料:100円:サポートもお願いします!

戦術とは何か? 戦術的パラドックスを認識し得るか。 有料:100円:サポートもお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/08/08 11:39】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<どうすれば女子サッカーあるいは日本の女子サッカーの人気を上げられるのか、それを文化にできるのか。 | ホーム | 皆様への質問。最近、よく考える、あるいは、知りたいと思っている事について。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4481-5c0b94ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |