上田綺世の得点で勝利。注目の東京五輪世代の選手たち。 【 鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス 】
試合 :J1リーグ 第22節
開催日:2019年8月10日
結果 :鹿島アントラーズ勝利
スコア:「2-1」
得点者:セルジーニョ 仲川輝人 上田綺世


個人的に思う日本的なサッカーの定義。ポジショナルプレーと日本的なサッカーの親和性。ゲームモデルは森保監督のサッカーや日本のサッカーにもある。 有料:100円:サポートもお願いします!

森保ジャパンあるいは森保監督の2018年9月から2019年6月までの約一年間の評価。 有料:100円:サポートもお願いします!

スポンサーリンク


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 鹿島アントラーズ 】

FW 土居聖真 伊藤翔
MF 白崎凌兵 三竿健斗 名古新太郎 セルジーニョ
DF 小池裕太 犬飼智也 ブエノ 小泉慶
GK クォン・スンテ

FW 土居聖真 上田綺世
MF 相馬勇紀 白崎凌兵 三竿健斗 セルジーニョ
DF 小池裕太 犬飼智也 ブエノ 小泉慶
GK クォン・スンテ


【 横浜F・マリノス 】

FW 大津祐樹
MF 遠藤渓太 マルコス・ジュニオール 仲川輝人
MF 扇原貴宏 喜田拓也
DF ティーラトン 畠中槙之輔 チアゴ・マルチンス 広瀬陸斗
GK パク・イルギュ

FW 
MF 
MF 遠藤渓太 喜田拓也 三好康児 仲川輝人
DF ティーラトン 畠中槙之輔 伊藤槙人 チアゴ・マルチンス 広瀬陸斗
GK パク・イルギュ


ポゼッション志向の横浜F・マリノスと縦に速いサッカーをする鹿島アントラーズの対戦、という事だったが、前半1分、高い位置からプレスを掛けてボールを奪った鹿島アントラーズが先制点。低い位置から丁寧に繋ぐサッカーをする横浜F・マリノスのサッカーへの対策として常套手段であるハイプレスから、という鹿島アントラーズの先制点だった。しかし、その後は一進一退の攻防が続き、そのまま前半はスコア「1-0」で終了。

後半、先にネットを揺らしたのは再び鹿島アントラーズだったが、その土居の得点はオフサイド判定で取り消し。そして、後半23分、横浜F・マリノスが右サイドからの攻撃から最後は仲川は決めて同点に追い付く。これで試合はイーブンになったかと思われたが、後半32分、扇原が退場となり横浜F・マリノスは10人に。その後の横浜F・マリノスは「5-4-0」にして守ったが、後半42分、鹿島アントラーズが2点目を奪う。

鹿島アントラーズの2点目を決めたのは、後半28分から途中出場していた上田綺世で、横浜F・マリノス自陣側の深い位置からの鹿島アントラーズのスローインから、PA内へのフィードボールの落としを右足で冷静にシュートして決めた。この試合では名古屋グランパスから移籍してきた相馬勇紀も後半36分から途中出場していたが、上田、相馬、名古、鹿島アントラーズの東京五輪世代の選手たちには、やはり注目だと思う。

試合としては、鹿島アントラーズのスタイルからして、先制点を奪えたのは大きかったと思うが、その後に同点に追い付かれているので、やはり、試合のターニングポイントとして大きかったのは、扇原が退場となって横浜F・マリノスが10人になった、という事だったと思う。それにしても、ポステコグルー監督が志向しているサッカーを考えると、10人になった時に「5-4-0」を選択した、というのは、少し意外な感じだった。

結果論的ではあるが、耐えて守り切るような戦い方は落とし込んでいないと思うので、その選択がロジカルだったのかどうか。個人的には、「4-3-2」もしくは「4-3-1-1」にして、守備に比重を傾けるにしても、後ろが重すぎない状態にして、という事であった方が、特にポステコグルー監督が率いる横浜F・マリノスではロジカルだったように思う。もちろん、そうしていれば絶対に良い結果になった、という事ではないが。

横浜F・マリノスで個人的に注目して観ていたのは、やはり、東京五輪世代の三好康児と遠藤渓太。三好については、「4-2-3-1」で起用するのであれば、ポジションはトップ下または右SH、という事になると思うので、マルコス・ジュニオールと仲川のパフォーマンスが良い現在では、スタメンでの出場は難しくなってしまうのだと思う。そして、遠藤については、得点に対する意欲の高まりが、とても良い方向に出ているかと。

スポンサーリンク


個人的に思う日本的なサッカーの定義。ポジショナルプレーと日本的なサッカーの親和性。ゲームモデルは森保監督のサッカーや日本のサッカーにもある。 有料:100円:サポートもお願いします!

森保ジャパンあるいは森保監督の2018年9月から2019年6月までの約一年間の評価。 有料:100円:サポートもお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/08/14 11:39】 | Jリーグ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ターニングポイントは後半27分だった可能性。攻撃のクオリティに差。強い相手にはハードワークで差を埋めるしかない。【 ウェストハムvsマンチェスター・シティ 】 | ホーム | イニエスタが2人抜きドリブルで魅せた。 【 大分トリニータ vs ヴィッセル神戸 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4487-cbfe4075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |