「4-1-2-3」のミラーゲーム。DFラインの裏の取り合い。内容的には互角か、ややチェルシーの方が優勢だったように感じた。【 リバプールvsチェルシー 】
試合 :UEFAスーパーカップ
開催日:2019年8月14日
結果 :リバプール勝利
スコア:「2-2(5PK4)」
得点者:ジルー マネ マネ ジョルジーニョ(PK)


個人的に思う日本的なサッカーの定義。ポジショナルプレーと日本的なサッカーの親和性。ゲームモデルは森保監督のサッカーや日本のサッカーにもある。 有料:100円:サポートもお願いします!

哲学とは? 哲学の本当の意味とは? バルサの哲学を学ぶの本当の意味とは? 有料:100円:サポートもお願いします!


スポンサーリンク


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 リバプール 】

FW チェンバレン マネ サラー
MF ミルナー ヘンダーソン
MF ファビーニョ
DF ロバートソン ファン・ダイク マティプ ジョー・ゴメス
GK アドリアン

FW オリギ フィルミーノ サラー
MF ワイナルドゥム ヘンダーソン
MF ファビーニョ
DF ジョー・ゴメス ファン・ダイク マティプ アーノルド
GK アドリアン


【 チェルシー 】

FW プリッシチ ジルー ペドロ
MF コバチッチ カンテ
MF ジョルジーニョ
DF パルミエリ ズマ クリステンセン アスピリクエタ
GK アリサバラガ

FW マウント アブラハム ペドロ
MF バークリー カンテ
MF ジョルジーニョ
DF パルミエリ ズマ トモリ アスピリクエタ
GK アリサバラガ


■ 「4-1-2-3」のミラーゲーム。

ミラーゲームだった事に加え、両チーム共に試合中のシステムや戦術の変更も無く、選手交代による変化も小さいか時間的に限定的だったので、120分間で4得点が生まれたゲームだったが、どちらかと言えば堅いゲームだった。もしかしたら、第1節と第2節の間のミッドウィークに開催されたゲームだった、一発勝負のゲームだった、というような事も、そういうゲームになった要因だったのかもしれない。もちろん、エキサイティングなゲームではなかった、という事ではなくて、変化が少ないゲームだった、という事。


■ DFラインの裏の取り合い。

この試合のポイントしては、DFラインの裏の取り合いだった、という事。両チーム共に「4-1-2-3」でコンパクトであり、いかにして相手の高いDFラインの裏を取るのか、その攻防が120分間、続いていたと言える。そのため、決定的なシーンでのオフサイドも多かったし、4つあった得点のいずれも、サイドや中央で相手のDFラインの裏へ抜け出せた、という形から生まれていた。どちらかと言えば、チェルシーの方が、それができていたように感じたが、得点数は同じだったところに明暗があったように思う。


■ 内容的には互角か、ややチェルシーの方が優勢だったように感じた。

という事で、CL王者とEL王者の対戦、初のイングランドのクラブ同士の対決となったUEFAスーパーカップは、PK戦の末にCL王者のリバプールが勝利を収めた。但し、内容的には互角か、ややチェルシーの方が優勢だったように感じた。リバプールの方はサラーの存在感が薄かったように感じたし、フィルミーノの投入は一定の効果はあったが、オリギの投入はあまり良い効果を生んでいなかった。一方のチェルシーは、ジルーとプリッシチも良かったが、その2人との交代で入ったアブラハムとマウントも良かった。


スポンサーリンク


個人的に思う日本的なサッカーの定義。ポジショナルプレーと日本的なサッカーの親和性。ゲームモデルは森保監督のサッカーや日本のサッカーにもある。 有料:100円:サポートもお願いします!

哲学とは? 哲学の本当の意味とは? バルサの哲学を学ぶの本当の意味とは? 有料:100円:サポートもお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/08/16 11:39】 | 海外リーグ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<メッシ不在のバルセロナ。スアレスも前半で負傷交代。グリーズマンとF・デ・ヨングがスタメン出場。ヒーローは今季限りでの引退を表明した38歳アドゥリス。【 アスレティック・ビルバオvsバルセロナ 】 | ホーム | ターニングポイントは後半27分だった可能性。攻撃のクオリティに差。強い相手にはハードワークで差を埋めるしかない。【 ウェストハムvsマンチェスター・シティ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4489-a42db8f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |