香川真司はトップ下でスタメン出場。L・スアレスとハビ・ロスの2得点で勝利。香川のポジションはトップ下かインテリオールか。 【 サラゴサ vs テネリフェ 】
試合 :ラ・リーガ2部 第1節
開催日:2019年8月17日
結果 :サラゴサ勝利
スコア:「2-0」
得点者:L・スアレス ハビ・ロス(PK)


個人的に思う日本的なサッカーの定義。ポジショナルプレーと日本的なサッカーの親和性。ゲームモデルは森保監督のサッカーや日本のサッカーにもある。 有料:100円:サポートもお願いします!

哲学とは? 哲学の本当の意味とは? バルサの哲学を学ぶの本当の意味とは? 有料:100円:サポートもお願いします!


スポンサーリンク


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 サラゴサ 】

FW ドゥワメナ
MF L・スアレス 香川真司 ソロ
MF グティ ハビ・ロス
DF ニエット グリッポ アティエンサ ピガライ
GK アルバレス

FW ドゥワメナ
MF L・スアレス 香川真司 グティ
MF ソロ ハビ・ロス
DF ニエット グリッポ アティエンサ ピガライ
GK アルバレス

FW L・スアレス
MF ラスーレ ソロ エグアラス A・ブランコ
MF ハビ・ロス
DF ニエット アティエンサ グリッポ ピガライ
GK アルバレス


【 テネリフェ 】

FW マルバシッチ
MF ナランホ ボルハ・ラッソ L・ミジャ スソ・サンタナ
MF アイトール・サンス
DF イマス・ロペス シプチッチ アルベルト L・ぺレス
GK オルトラ

FW ダニ・ゴメス
MF マルバシッチ ベルメホ ボルハ・ラッソ スソ・サンタナ
MF L・ミジャ
DF イマス・ロペス アルベルト L・ぺレス
GK オルトラ


■ 香川真司はトップ下でスタメン出場。

急な加入だったのにも関わらず、香川は開幕戦でスタメン出場。主に「4-2-3-1」のトップ下としてプレー。試合開始早々にCFのドゥワメナへの決定的なスルーパスを見せたり、精度の高い大きなサイドチェンジのパスを何回か見せたり、1回だけだが反転シュートやループシュートを打つシーンもあるなど、悪くないパフォーマンスだったと思う。基本的にはトップ下だったが、意図的に、かなり下がってボールを受けて捌いていたシーンも多く、ビルドアップにも積極的に関わりたい、という印象だった。


■ L・スアレスとハビ・ロスの2得点で勝利。

試合展開としては、テネリフェのポゼッション率が高く、サラゴサは「4-2-3-1」または「4-4-2」でブロックを作って守ってカウンター、という感じが多かったのだが、しかし、後半41分、GKのロングフィードから、ソロ→L・スアレス、とボールが繋がってサラゴサが先制点を奪う。それから、後半35分に香川はA・ブランコと交代となったが、その右SHのA・ブランコがPKを獲得し、後半43分、そのPKをハビ・ロスが決めてサラゴサが2点目。という事で、サラゴサは開幕戦で勝利を収めた。


■ 香川のポジションはトップ下かインテリオールか。

後半のサラゴサは、「4-2-3-1」なのか「4-1-4-1」なのか、どちらなのか明確には言えないような感じになっていて、相手に対応したのか、もしくは、トップ下の香川が下がってボールを受けがちだったので、それならばと「4-1-2-3」的にしたのか、どちらにしても、香川のポジションはトップ下なのかインテリオールなのか、よりベターなのはどちらであるのか、という判断は生まれてきそうだ。個人的には、香川はトップ下よりもインテリオール派であるが、そのあたりも今後の楽しみにしたい。


スポンサーリンク


個人的に思う日本的なサッカーの定義。ポジショナルプレーと日本的なサッカーの親和性。ゲームモデルは森保監督のサッカーや日本のサッカーにもある。 有料:100円:サポートもお願いします!

哲学とは? 哲学の本当の意味とは? バルサの哲学を学ぶの本当の意味とは? 有料:100円:サポートもお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「参考になった」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/08/18 11:40】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<言語化に潜む危険性。生まれる誤解とデストピア。 | ホーム | メッシ不在のバルセロナ。スアレスも前半で負傷交代。グリーズマンとF・デ・ヨングがスタメン出場。ヒーローは今季限りでの引退を表明した38歳アドゥリス。【 アスレティック・ビルバオvsバルセロナ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4491-72f7cc92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |