大迫勇也が先制点。大迫勇也の2得点目が勝利に導く。トップ下で輝く大迫勇也。 【 ブレーメン vs アウグスブルク 】
試合 :ブンデスリーガ 第3節
開催日:2019年9月1日
結果 :ブレーメン勝利
スコア:「3-2」
得点者:大迫勇也 ルベン・バルガス サージェント ルベン・バルガス 大迫勇也


冨安は4バックの右SBなのか3CBの右なのか? ソリアーノの得点で勝利。ユベントスへの移籍も夢ではないかも? 【 ボローニャ vs フェッラーラ 】 有料:100円:サポートもお願いします!

ゾーン・ディフェンスをマンツーマン・ディフェンス的なアプローチで見てしまっている、という事によって起こる間違い。 有料:200円:サポートもお願いします!

良い試合分析と悪い試合分析についての私見。 有料:200円:サポートもお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

【 ブレーメン 】

FW サージェント フュルクルク
MF 大迫勇也
MF クラーセン シャヒン M・エッゲシュタイン
DF フリードル モイサンデル ゲブレ・セラシェ ラング
GK パブレンカ

FW ピサロ ハルニク
MF 大迫勇也
MF クラーセン シャヒン M・エッゲシュタイン
DF フリードル モイサンデル ゲブレ・セラシェ ラング
GK パブレンカ


【 アウグスブルク 】

FW グレゴリッチ ニーダーレヒナー
MF ルベン・バルガス バイアー ラニ・ケディラ リヒター
DF マックス ウドゥオカイ イドヴァイ リヒトシュタイナー
GK コウベク

FW フィンボガソン
MF ニーダーレヒナー バイアー ラニ・ケディラ リヒター
DF ペデルセン ウドゥオカイ マレク・スヒー イドヴァイ
GK コウベク


■ 大迫勇也が先制点。

前半6分、カウンター、フュルクルクからのパスを受けて大迫が相手のDFラインの裏へと抜け出し、そのままシュートを決めてブレーメンが先制点。ちなみに、大迫は「4-3-1-2」のトップ下でプレーしているが、サラゴサの香川も「4-3-1-2」のトップ下でプレーしている、という意味では、この試合の大迫の先制点のように、まずは2トップがボールを受け、その2トップからのパスでトップ下の香川が相手のDFラインの裏へと抜け出す、というプレーがサラゴサでも見たい。そして、前半12分には同点弾を許してしまうブレーメンだが、前半21分にはシャヒンからのパスを受けてサージェントが相手のDFラインの裏へと抜け出し、そのままシュートを決めてブレーメンが2点目。更には、前半34分にはアウグスブルクのリヒトシュタイナーが退場となり、これで1点リードのブレーメンが有利な状況で前半を終える。


■ 大迫勇也の2得点目が勝利に導く。

しかし、後半1分、ブレーメンもDFラインの裏を突かれ、10人になっていたアウグスブルクに再び同点弾を許してしまう。これで、またいつものようにブレーメンは守備の弱さで勝てないのだろうか、と思ったのだが、しばらくブレーメンが攻めあぐねる展開が続いた後、後半22分、左SBのフリードルからのクロスをファーサイドで大迫がダイレクトボレーで決めてブレーメンが3点目。その後、アウグスブルクは3バックにして攻めたが、ブレーメンも5バックにして逃げ切り、試合はスコア「3-2」でブレーメンが勝利を収めた。


■ トップ下で輝く大迫勇也。

CFの位置で活躍できれば、それは日本代表にとっても最良なのだが、サイドやボランチなどで起用されるのであれば、当然、トップ下の方が良い、という事はあると思う。日本においては、CFは人材不足で、トップ下も含む2列目は人材が豊富なので、森保ジャパンで大迫がトップ下の位置で起用される事は十中八九で無いと思うが、やはりブレーメンでは、CFよりもトップ下の位置でプレーした方がフィットしやすいのかもしれない。ケルン時代も、大迫が1トップや2トップの1枚となるよりは、FWには他の選手を置いて大迫はトップ下、という配置の方が機能していた。結局、今回の試合のように、トップ下でも得点は取れるから、FWではなくてもトップ下ならば、まだまだ得点には強く期待したい。

スポンサーリンク


冨安は4バックの右SBなのか3CBの右なのか? ソリアーノの得点で勝利。ユベントスへの移籍も夢ではないかも? 【 ボローニャ vs フェッラーラ 】 有料:100円:サポートもお願いします!

ゾーン・ディフェンスをマンツーマン・ディフェンス的なアプローチで見てしまっている、という事によって起こる間違い。 有料:200円:サポートもお願いします!

良い試合分析と悪い試合分析についての私見。 有料:200円:サポートもお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2019/09/05 11:36】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<パラグアイ戦 【 手応え的な部分は、有ったような無かったような、というような試合だった。 】 | ホーム | ヨヴィッチを起用した「4-4-2」。交代采配で試合が動く。活躍しているベイルだが退場。 【 ビジャレアル vs レアル・マドリード 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4518-9a511303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |