岡崎慎司がスタメン出場。FWを主導的にした攻撃をしないと。フル出場で何回か決定機はあった岡崎だが。 【 ウエスカ vs アルバセーテ 】
試合 :ラ・リーガ2部 第6節
開催日:2019年9月18日
結果 :アルバセーテ勝利
スコア:「0-1」
得点者:スサエタ(PK)


冨安健洋のパスミスからCKになった、という指摘には違和感。デッセーナが退場になって勢いを失ったブレシア。冨安健洋のパフォーマンスは安定していた。 【 ブレシア vs ボローニャ 】 有料:100円:サポートもお願いします!

久保建英はベンチスタート。久保建英は後半18分から途中出場し後半35分にPKを獲得。久保建英の評価は? 【 マジョルカ vs A・ビルバオ 】 有料:100円:サポートもお願いします!

大迫が下がり過ぎなのでは? 中島と堂安のスタートポジションが低すぎるのでは? と質問されたので、それに答えようと思う。 有料:200円:サポートもお願いします!

選手評価。ミャンマー戦。2019年9月10日。W杯アジア2次予選第1戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

選手評価。パラグアイ戦。2019年9月5日。国際親善試合。 有料:200円:サポートもお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

【 ウエスカ 】

FW 岡崎慎司
MF イビ・ロペス ミケル・リコ ユージニ セルヒオ・ゴメス
MF モスケーラ
DF ガラン プリド ジョスエ ペドロ・ロペス
GK A・フェルナンデス

FW エスクリーチェ 岡崎慎司
MF ユージニ ミケル・リコ セルヒオ・ゴメス
MF モスケーラ
DF ガラン プリド ジョスエ ペドロ・ロペス
GK A・フェルナンデス

FW エスクリーチェ 岡崎慎司
MF セオ クリスト セルヒオ・ゴメス
MF モスケーラ
DF ガラン プリド ジョスエ ペドロ・ロペス
GK A・フェルナンデス


【 アルバセーテ 】

FW マヌ・フステル ゾズーリャ
MF スサエタ オラーベ E・シルヴェストレ ペドロ
DF フラン・ガルシア カロ アロージョ ベニート
GK ナダル

FW アザムーム ゾズーリャ
MF スサエタ バリ E・シルヴェストレ アクーニャ
DF フラン・ガルシア カロ アロージョ ベニート
GK ナダル


■ 岡崎慎司がスタメン出場。

「4-1-4-1」の1トップとして岡崎がスタメン出場し、期待を抱いて観ていた試合だったのだが、前半4分、ウエスカはPKで先制点を奪われてしまう。その後は、ウエスカのポゼッション率は70%を超えていたのだが、アルバセーテの激しい守備に阻まれ、それでも岡崎にも決定的なシーンはあったのだが決められず、前半はアルバセーテの1点リードの状態で終了。そして、後半も、アルバセーテが守る、ウエスカが攻める、という展開は続き、途中でウエスカは「4-1-4-1」から「4-1-3-2」へとシステムを変えたのだが、それで更にチャンスを作り、岡崎も含め、とにかく多くの決定機は作ったのだが、逆にカウンターから決定的なチャンスを何回も作られてしまったり、尽くシュートは決まらず、結局は、スコア「0-1」、ウエスカの敗戦、という結果に終わってしまった。


■ FWを主導的にした攻撃をしないと。

ウエスカの攻撃に関しては、やはり、FWを主導的にした攻撃をしないと、なかなか攻撃は機能しない、という事が重要だと思っていて、1トップが岡崎でもエスクリーチェだった時でも、かなり1トップにボールを入れる事が少なくて、なかなか1トップの選手にボールが収まらなかったとしても、FWを主導的にした攻撃をやり続けるべきだと思うし、セカンドボールを拾ってショートカウンター、という事を主な攻撃の形にしても良いと思うし、あるいは、1トップでは、なかなかFWを主導的にした攻撃ができないのであれば、やはり後半の途中からそうしたように、2トップにした方が良いと思う。岡崎とエスクリーチェの2トップではなくても、岡崎とユージニ、岡崎とラバ(今は怪我をしているが)の2トップでも機能するような気がするので。


■ フル出場で何回か決定機はあった岡崎だが。

前半は、なかなかボールが来なくて、しかしそれでも、右からのクロスをニアでフリックして、アシストになりそうなチャンスを作ったり、DFからの縦パスをユージニが落とし、その落とされたボールを拾って決定機なシュートを放ったり、ギリギリ残念ながらオフサイドではあったが、鋭いシュートを突き刺したり、後半になってからも、後ろからの一本の縦パスでDFラインの裏へと抜け出し、ループシュート、そして、そのこぼれ球をエスクリーチェがシュートしたシーンも決定的だったし、右からのクロスを岡崎がヘディングシュートしたシーンも決定的だったし、という事で、得点を取るチャンスは岡崎にも何回もあったのだが、とにかく岡崎も含め、ウエスカは決定力を欠いていたというか、得点運に見放されているような感じで、やはり期待や希望としては、1試合で2得点決めるなどして、その嫌な流れを岡崎に断ち切ってもらいたい。マインツ時代の岡崎になってもらいたい。

スポンサーリンク


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


冨安健洋のパスミスからCKになった、という指摘には違和感。デッセーナが退場になって勢いを失ったブレシア。冨安健洋のパフォーマンスは安定していた。 【 ブレシア vs ボローニャ 】 有料:100円:サポートもお願いします!

久保建英はベンチスタート。久保建英は後半18分から途中出場し後半35分にPKを獲得。久保建英の評価は? 【 マジョルカ vs A・ビルバオ 】 有料:100円:サポートもお願いします!

大迫が下がり過ぎなのでは? 中島と堂安のスタートポジションが低すぎるのでは? と質問されたので、それに答えようと思う。 有料:200円:サポートもお願いします!

選手評価。ミャンマー戦。2019年9月10日。W杯アジア2次予選第1戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

選手評価。パラグアイ戦。2019年9月5日。国際親善試合。 有料:200円:サポートもお願いします!


関連記事
【2019/09/20 11:35】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<柴崎岳はスタメン出場。柴崎岳は後半15分に交代。柴崎岳の評価は? 【 デポルティーボ vs ヌマンシア 】 | ホーム | 柴崎の守備面での不安について。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4536-389bfa82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |